テニス トレーニング

その他

混んでいる電車の中で、「スマートにラケットバッグを運ぶ」方法を考えてみる

通勤通学、テニスを頑張る皆さんはラケットバックを持って移動する機会が多いですよね。

電車での移動・・・結構白い眼で見られたりすること、ありませんか?

満員とまで言わなくとも、混んでいる車内をいかにスマートに乗り切るか。

周囲への気遣いやマナーという意味でも、考えてみましょう。

 

混んでいる電車の中で、「スマートにラケットバッグを運ぶ」方法を考えてみる

 

■ラケットバッグを股下に収めされる男子はスマート

股下=身長が必要ですが、足元に収めることができるとスマートです。

最低限、車内ではもちろんバッグはかつがないで下して、人に当たらないようにすること。

混み合ってきたら、なるべく端に移動してラケットバッグを避けておくようにしましょう。

 

■入口横のスペースは、ラケットバッグにピッタリはまる

電車の入口横のスペースは、ラケットバッグを置くのに敵しています。

置いて、その上にアナタの上半身も乗せるようなイメージで、必要最小限のスペースに自分とバッグを収めるようにしましょう。

ただし人気のポジションなので、空いていればラッキーくらいで考えて、基本的には端で立てるスペースを探しましょう。

 

■満員電車では、それでも空いてそうな最前の車両か最後尾の車両に・・・

満員電車にラケットバッグの持ち込みは、かなり難易度が高い行為。

強引にいけば周囲の白い眼にさらされてしまうことも・・・。

せめて前後の端の車両に移動して、最前列から入っていけるようにしましょう。

ラケットバッグの存在を先にアピールして、詰めてくれそうな場所を見定め、申し訳なさそうな雰囲気で入っていきましょう。

 

■ベースとなる荷物を減らす、整理するアイデアも必要

ベースとなる荷物量を減らす、これが一番大切です。

外のポケットに、毎日使わないものやゴミは入っていませんか?

学校の勉強道具は小分けして、必要最低限のものだけ持ち歩けるようにしておきましょう。

どうしても冬場はウェアがかさばりがちですので、工夫が必須です。

 

細かいことですが、こういったマナーや気遣いができる人は、テニスの試合も強い。

なぜかと言うと、そういう素敵な人の周りには、さらに素敵でテニスが強いが集まってきて、練習・試合環境がどんどん良くなってくるからです。

弱い人ほど、電車の中で横柄な態度で周囲に迷惑をかけていることに、気付かない。

アナタ自身、自分とチームを見直してみて下さい。

いつでもどこでも、見る人は必ず、アナタを見ています。

 

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. その他

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付けよう

    人間って動物はすごい。器用に色んな動きが出来てしまうでしょ?複…

  2. テニス 体力

    その他

    試合の中で良い流れは、「自分たちで持って来る意識と、武器」が何より大事

    試合が上手い選手、勝てる選手は、大きな流れで試合を見ている。だ…

  3. テニス 練習

    その他

    T-PRESSへのご意見・ご感想についてはコチラ

    いつもサイトをご覧頂きまして、ありがとう御座います。T-PRE…

  4. その他

    テニスの大会でも備えておきたい「台風や暴風雨対策」に役立つグッズ5つ

    夏から秋は、台風や暴風雨の季節。今年も日本各地で、大変な被害が出て…

  5. テニス 客観視

    その他

    「シングルス専門、ダブルス専門」を自負する人に伝えたいことがあります

    「私はダブルス専門だから、シングルスはプレーしません」という人がいます…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で大事なのは、「ボールがバウンドした地点ではなく、バウンド後の伸び」…
  2. メンタル

    「目標に到達するには・・・?」テニスの試合で必要なのは具体的なイメージ
  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「どこかで落ちてくるボールを怖がっている」から上半身が折…
  4. テニス 雑誌

    その他

    テニスノートで成果が出る人は、「何でもすぐに、具体的に」書くことが実践出来ている…
  5. テニス メンタル

    戦術

    「見てないフリをして見ている」が効くから、テニスでは周辺視野が欠かせない
PAGE TOP