テニス メンタル

戦術

ピンチでコースを張って逆を突かれたら、全力でウォッチ&ジャッジを

私たちの試合は、ほとんどがセルフジャッジ。

その中で、結構多いミス、があるんですよね。

それは、「自分が意図しないようなボールが来たときに、諦めてしまう」ということ。

しっかり予測すること、相手のチャンスのようなケースでは大事ですよね。

改めて、こういう意識を確認しておいた方が良いですよ。

 

ピンチでコースを張って逆を突かれたら、全力でウォッチ&ジャッジを

 


 

1.相手のチャンス、だと・・・どうしてる?

やっぱり、予測するじゃないですか。

相手のコースを張って、待つ。

でも、そこで逆を突かれることも多いはず。

そうなったら・・・どうでしょう?

もう、どうしようも無いと思って諦めますか?

いえ、例え触れなくても、まずはしっかり見る、ジャッジすることは大事なんです。

これが出来ない人って、本当に多いんですよ。

 

2.相手のショットがアウト、ならアナタのポイント

相手のチャンスでも、テニスでは最後を決め切らないとポイントにはならない。

これを見定める人、はアナタしかいないんですよ。

したたかな相手なら、多少のアウトは「カモン!」とか言って、押し切るように迫って来るでしょう。

セルフジャッジ、は相手であるアナタにしか出来ない。

そこで入ったら、仕方ないですけどね。

逆を突かれたからといって、諦めるのは百年早いですよ。

 

3.悔しがるのは、失点してから

しっかり、ポイントが終わるまでは集中を切らさない。

相手のショット、が入るのかどうかを見極める前に、アナタ自身が落ち込んでいるともうダメ。

話になりません。

悔しがるのは、せめてポイントが終わってから、本来なら試合が終わってから。

逆を突かれたこと、だけで悔しがっていたら相手の思うツボですよ。

 

4.もう一度、「アウト」のジャッジの基準をハッキリと

ここで、もう一度ハッキリさせておきましょう。

相手のボールがアウト、とアナタ自身が判断して良いのはどういう時か。

それは、ボールとラインの「隙間」が見えた時、です。

この隙間が見えないなら、入っている、とジャッジする。

これがマナーであり、テニスのルールです。

アウトになって欲しい、と願う気持ちは分かりますが、この隙間が見えない限りは「アウト!」と言ってはいけない。

どうしようもなく逆を突かれた時には、これをしっかり意識する、ジャッジすること。

これも立派な、テニスの実力です。

 

諦めてボールの行方を見ない、なんてもっての他。

でも、結構いますよ、そういう選手。

ちゃんと見ればアウトなのに、諦めて相手のポイントになっているような人。

理想が高いのか、勝ちに対して執着心が無いのか・・・。

変えないと、一生試合で勝てないですよ。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手として、「スタミナを武器にしたい」と考えているのであれば、1日8ゲームマッチ4試合をイメー…

    体力なら誰にも負けない、という猛者とは、なかなか試合をしたくないもの。…

  2. テニス メンタル

    戦術

    大事なテニスの試合を戦う準備、5つの心得

    大事な試合、もう目の前に控えているみなさん。焦っても仕方ない、…

  3. テニス ストローク

    戦術

    「コイツは、いつ試合しても変わって無いな」と思われた時点で、アナタの負けです

    皆さんが試合をする相手は、どんな相手でしょう?草大会やオープン…

  4. テニス メンタル

    戦術

    言葉に出来ないことは、「考えていないのと同じ」だということ

    寡黙にテニスに、一生懸命。とても大事なことですが、私はあえて、…

  5. テニス 客観視

    戦術

    テニス選手には、見た目とショットスピードが比例しない選手もたくさんいる

    「この選手、見た目と全然違うな・・・」という印象を持つケース、…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手を騙すこと」は悪いことですか?の問いかけについて

    2年くらい前に、ある高校のテニス部の先生からこんなことを言われました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合は、残酷ですが「勝敗を分けるのは、ほんの僅かだけど大きい差」であるこ…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    「まずい、浮いた!」と思っても、相手の正面なら焦る必要は無い
  3. テニス 客観視

    メンタル

    試合の中で良い流れを手放したくなければ、「テニスの基本」を徹底することを貫こう
  4. テニス 戦術

    戦術

    テニスの試合で、「相手の得意パターンにはまらない」為に必要な意識4つ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!
PAGE TOP