その他

「夏本番!」になる前にテニスと汗の関係をしっかり覚えて対策しよう!

段々、暑さも厳しくなってきたね。

この6月って時期は、夏本番に近い気温なんだけど

身体はまだまだ「夏仕様」じゃない。

だから暑さと上手に付き合えない場合があるんだよ。

 

「夏本番!」になる前にテニスと汗の関係をしっかり覚えて対策しよう!

 

一つは汗の量。

本当はもっと汗かいて、体温を下げないといけないのに

汗の穴がまだまだ開いてないから、体温調整が上手く

いかなかったりするんだよ。

その為にも、どんどん水分を補給して、ジャンジャン汗をかいて下さい。

 

飲んだ水が汗に変わる時、ミネラルも失うので、スポーツドリンクもある程度欲しいんだけど、スポーツドリンクばかりもカロリーが高過ぎて危険。

俺の場合、真夏の試合の時には、スポーツドリンクを500ml×2本に水を4リットル持ち込んで試合に臨んでいた。

 

もちろん、試合前にもしっかり朝ご飯を食べた後からちょっとずつ水を飲んで、練習までにはトータル1リットル補充してから試合に臨みたいね。

汗をこまめに拭くのも忘れないように!

俺も昔は袖口とか、お腹の部分とかで汗を拭っていたけど、とにかく汗をどんどん拭き取ると、拭き取った部分からまた次の汗が出やすいのだ。

しっかり練習コートにはタオルを持ち込んで、水分補給と汗ふきを行って、是非とも「夏強い選手!」になってくれ!

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. その他

    テニス選手として経験した、「海外テニス留学費用」について

    海外に初めて行ったのは22歳の時。アメリカに3ヶ月間行ったんだけど…

  2. テニス ミス
  3. テニス ダブルス

    その他

    テニスの試合では、「あえてコースを空けて待っている相手選手の罠」に、気を付けろ!

    試合では、攻撃しているつもりでも「はめられている」ケースも多い。…

  4. その他

    「5年前のあの時」を思い出すたびに、テニスというスポーツの存在意義を私は再確認します

    5年前の3月11日。日本全国が、忘れられない体験をしたあの日。…

  5. テニス メンタル

    その他

    「自分にとって平凡なショットで試合を制す」ことが出来れば、テニスの試合に強くなったということ

    試合に強い選手、というのはどういう選手か。それは自分にとって「…

  6. テニス チャンス

    その他

    「テニスの試合の現場で必要なもの」から優先して練習していけば、結果は自然についてくる

    普段の練習、皆さんはどんな優先順位で行っているでしょうか?強い…

特集記事

  1. ピラティスポール
  2. テニス 凌駕
  3. テニス サーブ
  4. テニス 水分補給
  5. テニス 暑さ対策
  1. テニス センス

    メンタル

    「こんな相手は嫌だ!」テニスの試合ではマナーを守りつつ、嫌がられることも大切
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    「前のめりなボレーでの打ち終わり」は、実は隙だらけなことに気付いていない選手が多…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでラケットを引いてしまう人は、「自分の肘を胸の前の位置に残す」意識で改革し…
  4. ストローク

    ストロークを打つときに、「スピン回転がかからずアウトばっかり・・・」になってしま…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークがビビって入らないときは、打点が近過ぎることが多いことに気付こう!
PAGE TOP