その他

「夏本番!」になる前にテニスと汗の関係をしっかり覚えて対策しよう!

段々、暑さも厳しくなってきたね。

この6月って時期は、夏本番に近い気温なんだけど

身体はまだまだ「夏仕様」じゃない。

だから暑さと上手に付き合えない場合があるんだよ。

 

「夏本番!」になる前にテニスと汗の関係をしっかり覚えて対策しよう!

 

一つは汗の量。

本当はもっと汗かいて、体温を下げないといけないのに

汗の穴がまだまだ開いてないから、体温調整が上手く

いかなかったりするんだよ。

その為にも、どんどん水分を補給して、ジャンジャン汗をかいて下さい。

 

飲んだ水が汗に変わる時、ミネラルも失うので、スポーツドリンクもある程度欲しいんだけど、スポーツドリンクばかりもカロリーが高過ぎて危険。

俺の場合、真夏の試合の時には、スポーツドリンクを500ml×2本に水を4リットル持ち込んで試合に臨んでいた。

 

もちろん、試合前にもしっかり朝ご飯を食べた後からちょっとずつ水を飲んで、練習までにはトータル1リットル補充してから試合に臨みたいね。

汗をこまめに拭くのも忘れないように!

俺も昔は袖口とか、お腹の部分とかで汗を拭っていたけど、とにかく汗をどんどん拭き取ると、拭き取った部分からまた次の汗が出やすいのだ。

しっかり練習コートにはタオルを持ち込んで、水分補給と汗ふきを行って、是非とも「夏強い選手!」になってくれ!

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. その他

    「結果を出せよ!エリートも初心者も。」テニス部の部活動について

    「てにすまんプロジェクト」で色んな学校に訪問して部活の指導を行うように…

  2. テニス ストローク
  3. その他

    テニスの試合で相手の時間を奪う感覚は、「スプリットステップのタイミング」を見て判断しよう!

    テニスの基本は、しっかり「止まった状態」でボールを打つこと。その為…

  4. その他

    テニススクールでしっかり上達したいなら、「ボールを打っていない時間」こそ大事にしたい

    学生の方でも、社会人の方でも、テニススクールに通っている方は少なくない…

  5. テニス 戦術

    その他

    テニス選手でも、「珍しいプレースタイル」は、誰だって戦い辛い

    テニス選手って、色々なタイプがいる・・・と思いますか?でも実際…

  6. テニス メンタル

    その他

    「技術の前に体力作り」テニス以外のスポーツでも身に付けることができる体力の重要性

    何歳までが子供というのか分からないが、高校生はまだまだカテゴリーとして…

特集記事

  1. サーブ

    試合で使える「センターへのキックサーブ」を身に付ける為の、身体の使い方について
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ロブを打つときに相手にバレやすい」人は、身体が正面向きになって…
  3. テニス サーブ

    練習メニュー

    サーブ&リターン、だけになりがちな単調な練習を脱却する、練習メニュー改良案3つ
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です
  5. テニス 感覚

    その他

    自分のテニスについて、「イメージと実際のフォームには、ギャップがある」ことを知る…
PAGE TOP