テニス 練習

練習メニュー

テニス部に必要なのは、基礎練習から個性を伸ばす視点だと思う

熱心なテニス部のみなさんから、たくさんご質問を頂きます。

中でも多いのが、「基礎練習から発展出来ない」というようなもの、ですね。

私自身、すごく経験があります・・・。

指導者はいない、コートも無い中で工夫してきたことを思い出しながら、書いてみたいと思います。

 

テニス部に必要なのは、基礎練習から個性を伸ばす視点だと思う

 


 

1.基礎練習は、コート外で

実際に、コートの中ではより実践的な練習をしたい。

基礎練習、それこそフォームを固めたり、素振りをしたりは、コート脇のスペースを上手く使いましょう。

学校の敷地は限られていると思いますが、誰かが手出ししたボールをネットに向かって打つ、あるいは柔らかいボールであればそれを球出しした相手に打ち返す、それをキャッチする。

みたいなことも、出来るはずです。

基礎練習、はコートの外でベースを作る。

そしてコートの中で打てるときには、本当に100%の集中力で、貴重な1球を打つ、という感覚で練習を考えてみて下さい。

 

2.実力差は考慮するけど、差別はしない

考慮するけど、特別扱いはしない。

私が高校生のころは、県内トップレベルの選手が2人くらいチームにいましたが、素振りや手出し、も一緒にやってました。

これが、最高に良い効果を生むんですよ。

よく、上手い人だけがコートで打っている部活、ありますよね。

こういうチームは、まず強くなれない、雰囲気も悪い。

逆に試合で結果を出している人が、素振りや手出しのボールを打つ、または練習を手伝ってくれる、とイメージしてみて下さい。

こういう選手を見て、周りの部員は何を考えるのか。

モチベーションが上がるし、チーム全体の雰囲気が良くなるはず。

それに、この練習を通じて個性も伸ばせるんですよ。

ストロークだって、色々自分で考えながら出来るじゃないですか。

コート上でのラリー練習だったら、まずつなぐことが第一になって、フォームが弱弱しくなる。

基礎練習は無くす、のではなく実力差があるメンバーも一緒になって工夫してコート外で行う、のが大事だと思いますよ。

 

3.コート内では、ゲーム性と駆け引きを大事にしよう

せっかくコートを使えるなら、私がお勧めなのはゲーム性のある練習。

当然ショットレベルの差はあると思いますが、例えば「スライスで遅いボールしか打てない」みたいな縛り、を加えてみる。

そうすると、テニス本来の「相手を動かして、自分も動く」みたいな面白さ、を体感することが出来ますからね。

ショットを自由に打たせると、まずラリーにならないような場合もありますからね。

後は、ノーバウンド限定のゲームをやってみるとか。

つまり、いつもと違う感じで、「ゲームセンス」が問われるような感じ、の仕掛けがあると良いと思います。

コートで何となく打ち合って終わり、なんてもったいないしすぐに飽きますよ。

 

4.練習に飽きている自分、に気付こう

これが、気付けないと辛い。

しっかり練習で上手くなりたいなら、飽きの来ない工夫をみんなでしていかないと。

飽きって、要は「まぁ、いつもこんな感じだよな」という驕りや油断。

試合では、何が起きるのか、どんな相手と対戦するのかも分からないのに・・・。

基礎練習から発展させる、というのは、何も難しいメニューをこなすことじゃない。

誰もが緊張感を持って、スリルと楽しさを味わいながら、実力差に関わらず盛り上がれる練習、が大事だと思っています。

コート面数が少ない、でもやり方は色々あるはず。

具体的なメニューは、また別な記事でも紹介していきます!

 

部活での試行錯誤、ぜひ大事にしてみて下さい。

その試行錯誤した経験は、必ず将来テニス以外の部分にもたくさん活かされてきますから。

コート外での練習の工夫、頭を使っていくことに制限はありません。

テニスは、そういう練習でもっともっと上手くなる、そういうチャンスがある競技ですから。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスが上達するに従って、「テニスの練習自体」も上達しているだろうか?

    テニスが上手い人、上達が早い人は「練習」も上手い。「練習に上手…

  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    ダブルスの試合で使える「トップスピンロブ」を身に付けたいなら、この練習!

    以前にもご紹介したかも知れませんが、ダブルスの試合で重宝される「トップ…

  3. テニス 部活
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである

    意識しないと、気付かないこと。毎回同じような風景だと、私たちは…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合中に怒る人、練習中に怒る人

    みなさんの周りに、こういう人はいないでしょうか?自分に対して…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    「練習中、新しい事にトライしてる?」練習環境を見直すとテニスはもっと強くなる!

    都内の中学校へボランティア部活レッスンで行ってきた。一日、子供…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ミス

    戦術

    調子が良くも悪くも無い状態、とは「良い状態」であると意識しよう
  2. テニス スライス

    フットワーク

    膝から前に出すフットワークで、頭の突っ込みは抑えられる
  3. ストローク

    相手に大きく走らされたときのストロークは、「意図的に重心低く」打点に入れば大丈夫…
  4. ストローク

    高い打点のストロークをパワーアップしたければ、「しっかり肘を高い位置にテイクバッ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    人は不安になると、早くボールを手放したくなる
PAGE TOP