ダブルス

ダブルスで前衛がポーチに出ても、決まるとは限らない

ダブルスの試合、アナタが後衛でプレーしているとき。

味方の前衛が動いてくれて、「よし!」と思ったけど・・・相手に拾われて、それが自分の前にポトリ、なんてことよくありませんか?

これは、実はダブルスでよくある失点パターン。

それなのに、つい後衛にいると前衛が動くだけで、期待してしまうんですよね。

 

ダブルスで前衛がポーチに出ても、決まるとは限らない

 


 

1.ポイントが終わる、と思ってない?

つい、こう考えてしまいませんか?

「よし!やっと出てくれた!決まった!」と、思ってしまう。

後ろで、構えないで傍観者、になってしまう人が多いんですよね。

後衛として、チャンスメイクの仕事は終わったと考えてしまう。

気持ちは分かりますが・・・それでは、ダブルスプレイヤーとして失格です。

まだ、ポイントは何も終わっていない。

その覚悟、があれば隙の無いダブルスになるはずです。

 

2.味方の前衛の状況を、冷静に分析してみよう

まず、味方の前衛がどんな態勢なのか。

これが、しっかり把握出来ていればその次も予測しやすい。

やっと届いているようなポーチなのか、それともすごく良い感じで前に詰めれているのか・・・。

後ろから感じること、が大事です。

そして、その態勢によって自分も前にポジションを取る、逃げて来るボールを逃さない態勢を取ることも出来る。

逆に、ピンチになってしまうような場面、になることも考えておかないといけません。

 

3.やっと触っているボールは、厳しく反撃される

これがテニス、です。

やっと触ったボール、なら攻撃されるのが当然。

味方の前衛は、態勢を崩しているでしょうから、そのまま狙われるかも知れない。

後衛として、アナタ自身がやるべきはとにかく守備のバランスを重視すること。

安易に助けにいく必要はなく、しっかり相手が打てるコースの真ん中にいる、ようなポジションを意識しておくこと。

やっと触った前衛、はもう仕方ない。

パッと切り替えて、守備の意識を高く守ること、を考えてプレーを継続しましょう。

 

4.前衛が触っても、焦らないこと

どこか、自分の味方が触っているのに感情的になる。

「よし!」とか思いながらも、テンポが変わってビクッとしてしまいますよね。

これでは、試合でなかなか流れを掴めない。

ダブルスですから、前衛がボレーで参加するのは日常茶飯事。

前衛が触っても、動じないし次に備える。

後衛として、攻勢に出るのか守備に回るのか、態勢を見ながら予測する。

これだけで、かなり粘り強いダブルスになると思いますよ。

 

きっと、どこかで止まってしまう、ような感覚があると思います。

前衛が触っても、ラリーは続くしなかなか決まらない。

レベルが上の女子ダブルス、なんてまさにこんな感じですよね。

後衛として、正しい判断が出来るように味方の前衛、しっかりチェックしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 「第1回 読者ミーティング」を開催します

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスの前衛で、責任感の無い人」は絶対に成長しないその理由

    ダブルスが上手い人、ソフトテニスの経験者でもすごく多い印象です。…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「一喜一憂しないこと」が、ダブルスパートナーへの信頼の証

    ダブルスパートナーとの、信頼関係。みなさん、しっかり築けている…

  3. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?

    ダブルスの試合で、どうしてもセカンドサーブが叩かれてしまう。ア…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ボレーが苦手なら、ダブルスで無理に前に出る必要は無い

    あまり、オススメの戦術ではありませんが。先日の全仏オープンの女…

  5. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ

    ダブルスの試合、シングルスが強い選手同士が組むとどうなるか。私…

  6. テニス 調子

    ダブルス

    「ダブルスペアとのポイント間の話し合い」って、テニスの試合で実際どうやってる?

    コンビネーションが大切なダブルスでは、当然パートナーとのコミュニケーシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ダブルス

    「ダブルスペアとのポイント間の話し合い」って、実際の試合でどうやってますか?
  2. テニス 準備

    戦術

    勝ちパターンは大事だけど、固執すると幅を狭めるだけ
  3. テニス メンタル

    メンタル

    いつか必ず経験する「標高が高いテニスコート」で試合ときの注意点4つ
  4. テニス 予測

    テニススクール

    テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う
  5. テニス ボレー

    ボレー

    風上でのネットプレーは、失速して沈むボールに注意!
PAGE TOP