ダブルス

ダブルスで前衛がポーチに出ても、決まるとは限らない

ダブルスの試合、アナタが後衛でプレーしているとき。

味方の前衛が動いてくれて、「よし!」と思ったけど・・・相手に拾われて、それが自分の前にポトリ、なんてことよくありませんか?

これは、実はダブルスでよくある失点パターン。

それなのに、つい後衛にいると前衛が動くだけで、期待してしまうんですよね。

 

ダブルスで前衛がポーチに出ても、決まるとは限らない

 


 

1.ポイントが終わる、と思ってない?

つい、こう考えてしまいませんか?

「よし!やっと出てくれた!決まった!」と、思ってしまう。

後ろで、構えないで傍観者、になってしまう人が多いんですよね。

後衛として、チャンスメイクの仕事は終わったと考えてしまう。

気持ちは分かりますが・・・それでは、ダブルスプレイヤーとして失格です。

まだ、ポイントは何も終わっていない。

その覚悟、があれば隙の無いダブルスになるはずです。

 

2.味方の前衛の状況を、冷静に分析してみよう

まず、味方の前衛がどんな態勢なのか。

これが、しっかり把握出来ていればその次も予測しやすい。

やっと届いているようなポーチなのか、それともすごく良い感じで前に詰めれているのか・・・。

後ろから感じること、が大事です。

そして、その態勢によって自分も前にポジションを取る、逃げて来るボールを逃さない態勢を取ることも出来る。

逆に、ピンチになってしまうような場面、になることも考えておかないといけません。

 

3.やっと触っているボールは、厳しく反撃される

これがテニス、です。

やっと触ったボール、なら攻撃されるのが当然。

味方の前衛は、態勢を崩しているでしょうから、そのまま狙われるかも知れない。

後衛として、アナタ自身がやるべきはとにかく守備のバランスを重視すること。

安易に助けにいく必要はなく、しっかり相手が打てるコースの真ん中にいる、ようなポジションを意識しておくこと。

やっと触った前衛、はもう仕方ない。

パッと切り替えて、守備の意識を高く守ること、を考えてプレーを継続しましょう。

 

4.前衛が触っても、焦らないこと

どこか、自分の味方が触っているのに感情的になる。

「よし!」とか思いながらも、テンポが変わってビクッとしてしまいますよね。

これでは、試合でなかなか流れを掴めない。

ダブルスですから、前衛がボレーで参加するのは日常茶飯事。

前衛が触っても、動じないし次に備える。

後衛として、攻勢に出るのか守備に回るのか、態勢を見ながら予測する。

これだけで、かなり粘り強いダブルスになると思いますよ。

 

きっと、どこかで止まってしまう、ような感覚があると思います。

前衛が触っても、ラリーは続くしなかなか決まらない。

レベルが上の女子ダブルス、なんてまさにこんな感じですよね。

後衛として、正しい判断が出来るように味方の前衛、しっかりチェックしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?を考えてみる

    社会人になると、プレーする機会が増える並行陣。ストロークは「沈…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスのサーブ&ボレーでスプリットステップする場所は?

    サーブ&ボレー、ダブルスなら並行陣で使う方多いですよね。サーブ…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    相手の前衛に触られても、とにかく慌てないことが一番

    ダブルスの試合で、落ち着いてプレー出来るかどうか。これは、勝敗…

  4. ダブルス

    並行陣の逆陣形、を理解すればダブルスに強くなる

    並行陣で、後衛がどんどん前に詰める形。男子ダブルスでは、これが…

  5. ダブルス

    前衛が動ける雁行陣は、やっぱり試合でも強い

    ダブルスの試合で、いつ前衛がポーチに動くのか。そして、動きやす…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    経験豊富で実力もある第1シードの選手は、何を考えながら試合を進めてるんだろう?

    コチラも、アンケートで数名の方にご質問頂いた内容です。強い相手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの調子が悪いときにも、「一切変わらないもの」を試合では作っておこう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルとは、テクニック
  3. ストローク

    「初心者にストローク教える時は・・・」テニス部内で最初の段階から準備の大切さを確…
  4. テニス メモ

    戦術

    諦めて終わるのと、諦めないで終わる試合の違いについて
  5. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「リターンでストレートを抜かれるのは前衛の責任?」という疑問に…
PAGE TOP