ダブルス

ダブルスで前衛がポーチに出ても、決まるとは限らない

ダブルスの試合、アナタが後衛でプレーしているとき。

味方の前衛が動いてくれて、「よし!」と思ったけど・・・相手に拾われて、それが自分の前にポトリ、なんてことよくありませんか?

これは、実はダブルスでよくある失点パターン。

それなのに、つい後衛にいると前衛が動くだけで、期待してしまうんですよね。

 

ダブルスで前衛がポーチに出ても、決まるとは限らない

 


 

1.ポイントが終わる、と思ってない?

つい、こう考えてしまいませんか?

「よし!やっと出てくれた!決まった!」と、思ってしまう。

後ろで、構えないで傍観者、になってしまう人が多いんですよね。

後衛として、チャンスメイクの仕事は終わったと考えてしまう。

気持ちは分かりますが・・・それでは、ダブルスプレイヤーとして失格です。

まだ、ポイントは何も終わっていない。

その覚悟、があれば隙の無いダブルスになるはずです。

 

2.味方の前衛の状況を、冷静に分析してみよう

まず、味方の前衛がどんな態勢なのか。

これが、しっかり把握出来ていればその次も予測しやすい。

やっと届いているようなポーチなのか、それともすごく良い感じで前に詰めれているのか・・・。

後ろから感じること、が大事です。

そして、その態勢によって自分も前にポジションを取る、逃げて来るボールを逃さない態勢を取ることも出来る。

逆に、ピンチになってしまうような場面、になることも考えておかないといけません。

 

3.やっと触っているボールは、厳しく反撃される

これがテニス、です。

やっと触ったボール、なら攻撃されるのが当然。

味方の前衛は、態勢を崩しているでしょうから、そのまま狙われるかも知れない。

後衛として、アナタ自身がやるべきはとにかく守備のバランスを重視すること。

安易に助けにいく必要はなく、しっかり相手が打てるコースの真ん中にいる、ようなポジションを意識しておくこと。

やっと触った前衛、はもう仕方ない。

パッと切り替えて、守備の意識を高く守ること、を考えてプレーを継続しましょう。

 

4.前衛が触っても、焦らないこと

どこか、自分の味方が触っているのに感情的になる。

「よし!」とか思いながらも、テンポが変わってビクッとしてしまいますよね。

これでは、試合でなかなか流れを掴めない。

ダブルスですから、前衛がボレーで参加するのは日常茶飯事。

前衛が触っても、動じないし次に備える。

後衛として、攻勢に出るのか守備に回るのか、態勢を見ながら予測する。

これだけで、かなり粘り強いダブルスになると思いますよ。

 

きっと、どこかで止まってしまう、ような感覚があると思います。

前衛が触っても、ラリーは続くしなかなか決まらない。

レベルが上の女子ダブルス、なんてまさにこんな感じですよね。

後衛として、正しい判断が出来るように味方の前衛、しっかりチェックしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付ける勇気を

    アナタはダブルスで前衛と後衛、どちらが得意ですか?好き、という…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと!

    ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。…

  3. テニス ボレー
  4. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあげることです

    ダブルスの試合、味方がサーブを打って、アナタが前衛のポジションに立って…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    経験豊富で実力もある第1シードの選手は、何を考えながら試合を進めてるんだろう?

    コチラも、アンケートで数名の方にご質問頂いた内容です。強い相手…

  6. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「サーブが強力な対戦相手」と対峙した時の為に、2バックの陣形は練習しておこう

    オリンピックのテニス競技をテレビで観ていて、気になった方もいるのではな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. その他

    いつでも試合の当事者は「自分」、が基本
  2. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルスの試合中に後輩を勇気付ける、先輩の一言集
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーのパンチ力アップには、「軸足セット」がポイント
  4. テニス メンタル

    メンタル

    強いテニス選手になりたいなら、「ドローを見て自分の行く末を予想する」癖を無くしま…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスにおけるサーブ、「相手から浅いボールを引き出す」ことを合格点に
PAGE TOP