テニス シングルス

日々の雑記

テニスだけを教える仕事、ならテニスコーチなんて楽しく無い

「テニススクールのアルバイトをしていますが、人間関係で悩んでいます」

「テニスだけで生きていけるのか、不安です・・・」

というお悩みの声を、よく頂きます。

 

20代前半で、アルバイトコーチとしてテニススクールを支えているみなさんは、きっと日本テニス界の骨格を成している。

テニスを始める、ことを現実的に考えたときには、日本ではテニススクールが普通、ですからね。

ここでいかに、テニスを好きになってもらって生涯続けてもらえるか。

まさに、スクールのテニスコーチってここが肝でしょう。

本当に、大事な仕事を任されている・・・と思って欲しいのですが。

 

でも、ただテニスを教えるだけの毎日って、不安でいっぱいでしょう。

私自身がそうでしたが、自分が怪我をしてしまったら終わりですし、上達させるのか継続させるのか・・・葛藤も多いと思います。

でも、ここで私なりに学生や若いコーチのみなさんに、伝えたいことを書いてみたいと思います。

 

テニスを通じて、何を伝えるか、が大事です。

テニスを教える、強くなってもらうことは、もちろん大事。

でも、言ってしまえばそれは手段でしかない、と思います。

テニスを始める人が本当に望んでいること、は様々でしょう。

仲間を作りたい、リラックスしたい、趣味を作りたい・・・でも、「テニス以外の人生を、テニスを通じてより良くしていく」ことは、誰しもがどこかで求めていることだと思います。

ただテニスを上達させるだけなら、テニスコーチなんて面白くもなんともないですよ。

その人、生徒さんの人生に寄り添って、テニスを通じて仕事やプライベート、人生で満足感を得てもらう。

自己実現してもらうツールに、テニスがあるから面白い。

そこの人生に関わっていく、くらいの覚悟が大事だと私は思うんですよね。

 

もちろん、技術的な指導も大事。

試合に勝つ選手を育てること、も意義あることです。

ですが、それはあくまで結果でしかないと思います。

試合に強くなるには、やっぱりどこかでテニスコート以外の場所で充実感が得られる感じじゃないと、難しい。

自分に自信を持てる、そんな生徒さんをテニスを通じて増やしていくこと。

ぜひ、テニスコーチとして現場で頑張るみなさんは、意識してみて下さい。

 

何も、難しく考える必要はありません。

「〇〇さん、テニス以外はどうなんだろう・・・」と、想像を膨らませてみる。

ちょっとした声掛け、がアナタと生徒さんの関係を変えていく。

きっとそこには、新しいやりがいが生まれていくと思いますよ。

そして何年か経ったときに、「コーチがアナタで良かった」と言われるんじゃないでしょうか。

それでこそ、スクール以上のテニスコーチ、だと私は思います。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス 大学

    日々の雑記

    分からないことだらけのテニス、を楽しいと思えるかどうか?

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。最近改めて思うん…

  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    一番テニスをやりたい時期に、出来ないという試練が人を強くする

    昨日のマスターズの決勝、TVでご覧になっていた方も多いと思います。…

  3. テニス ダブルス

    日々の雑記

    みんなで強くなることが、大きな相乗効果を生む

    最近、こんなご意見を頂きました。「いつも読んでます。とても為に…

  4. テニス 大学

    日々の雑記

    根拠のある自己流は、セオリーに勝る

    みなさんは、自分の中で大切にしている「言葉」ありますか?最近、…

  5. 日々の雑記

    新年、明けましておめでとう御座います

    みなさん、新年明けましておめでとう御座います。昨年も、お忙し…

  6. テニス 客観視

    日々の雑記

    日本のスポーツ中継を観ていて、気持ち悪いと感じるのは私だけでしょうか?

    それにしても、「前からこんなだったっけ?」と、思ってしまう。高…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく
  2. ダブルス

    後衛に任せる前衛、はどんどん利用させてもらおう
  3. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合、緊張した場面で「ゆるくて遅いサーブが返し辛い・・・」人は、何を意識…
  4. その他

    「大谷選手の目標を実現させた方法=マンダラート」は、テニスにも超絶応用が可能です…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ…
PAGE TOP