テニス ストローク

ストローク

引っ張るようなストロークでは、いつまでもクロス方向へ打てない

クロス方向への、ストローク。

これってシングルスでもダブルスでも、生命線のショットですよね。

このショットが安定しないと、試合が作れない。

ダブルスなら後衛として、試合を作れないですよね。

しっかりとクロス方向に、自分のストロークを打っていく。

その為には、この感覚は卒業しましょう。

 

引っ張るようなストロークでは、いつまでもクロス方向へ打てない

 

1.最初は横に引っ張る感じ、でも良かったけど

みなさんも最初テニスを始めた頃、はきっとこんな感じだったと思います。

クロス方向にストロークを打つときには、横に引っ張る感じ。

横に引っ張って、離していく中でボールがクロスに飛んでいく。

ストレートは下から上、クロス方向へは横から横、だったスウィングを、どこかで変えていかないと試合では安定しない。

このあたり、まだ不十分な方が多いと思います。

何となく、引っ張るようなストローク、になっている人はどこから変えていけば良いのか。

まずはしっかり、打点ですね。

 

2.打点を変えれば、実は全ては解決する

打点を前にする、すると自然にストロークはクロス方向に飛んでいく。

横振り、にしなくても、テニスでは自然にそれが出来るんです。

そして打点を前にすると、自然にラケットの先から前に出て打ち終わりますので、ボールの「外側」を触るようになりますよね。

これだけで、クロス方向には充分に打てます。

ボールの当たる箇所、をもっとしっかり確認すると、クロス方向にも安定して打てるようになる。

引っ張るようなスウィング、を変えていく為に、打点を変える。

打点を前にして、コントロールしていく意識が、必要なステップだと思いますよ。

 

3.打ち方を変えるのではなく、打点を変える

以前にも何度か書きましたが、打点を変えてコースを変えるのが基本。

ストロークのコントロール、クロスとストレート、はしっかり自分の中で確認しておきましょう。

どこに違いを作るのか。

ボールの触る箇所は、どう変わるのか。

打ち方を変えていたら、毎回安定しないですしね。

試合では、更にプレッシャーも増しますし、相手もいますから。

だからこそ、自分の中でどこに違いを作るのか。

打点を変えて、打つコースをコントロールする、ことを最後まで貫きましょう。

 

4.それでも、試合では引っ張りたくなる

絶対に取りたいポイント、力が入った場面では、そうなります。

だんだん崩れてきて、やっぱり引っ張るような横振り、になるんですよ。

テニスの試合、ラリーが続いて来る、力が入ってくるとここから変わってくるんです。

強い人は、ここで崩れない。

ラリーが何往復続こうが、崩れない。

クロスのストローク、何球でも同じように打つにはどうすれば良いのか。

同じような打ち方で、ストレートにもサッと展開出来る。

それには、引っ張るようなストロークを卒業して、打点でコントロールする。

気持ちが盛り上がっても、これだけは覚えておいて下さい。

 

きっと、試合の動画を見返してみたら感じると思いますよ。

私でもそうです。

力んでくると、クロス方向のストロークから、崩れていく。

このことに気付いてるかどうか、だけでも違うと思いますよ。

力んでも、フォームが変えない、打ち方は変えない。

あくまでコースと戦術、で勝負していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    「左利き vs 左利きの対戦で有効な、フォアハンドの回り込み」からの攻撃で意識したいポイントとは?

    今までこのサイトでは、基本的に右利きの方の視点で記事を書かせて頂いてい…

  2. テニス 練習

    ストローク

    ラリーの中で「ストローク戦からボレー戦へ」テンポが変わるテニスに対応するには?

    テニスの試合は、テンポの変化が激しい。なぜならワンバウンド、ノ…

  3. テニス ドロップショット

    ストローク

    テニスのウォーミングアップのショートラリー、「しっかり自分のスィングで」ラケットを振らないと意味が無…

    練習前のウォーミングアップで、ショートラリーを行う選手は多いと思います…

  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    両手バックハンドのパッシングショットは、「打ったらラケットを身体に引き寄せる」くらいで良い

    両手バックハンド、パッシングショットを武器にしている選手は多い。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    現代テニスの代表格、フォアハンドストロークのクロス方向への切り返しを練習しよう

    シングルスの試合、相手を左右に走らせて、よし・・・と思ったら、クロスコ…

  6. ストローク

    テニスの試合で、「アプローチから前、じゃなくて下がってしまう・・・」人は、守備範囲の概念を変えましょ…

    シングルスの試合では、相手がドロップショットを打って来ることが十分考え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. ストローク

    「フォアハンドストロークでエースを決めろ!」その為に意識したいポジショニングにつ…
  2. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう
  3. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、スライスでさばく技術が無いとリターンで苦労する
  4. テニス ダブルス

    リターン

    「スライスで遅いリターン」が打てると、シングルスでもダブルスでも大活躍です!
  5. リターン

    サーブ&ボレーが得意な相手には、「慌てず足元へのディンクショットとロブ」…
PAGE TOP