テニス 知識

テニス知識

冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

冬場のテニス、みなさんの手元はどうでしょうか?

はっきり言って、私はボロボロです。

元々皮膚が弱い、アレルギー体質なので、すぐに荒れて痛くなる。

乾燥する時期は、すぐにひび割れてしまいますしね。

ですので、冬場は手袋を付けてのテニス、をもう何年も続けています。

慣れてくると、グリップの感覚も気にならないですよ。

ぜひ、お気に入りのテニス用の手袋、見つけてみて下さい。

 

冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

 

1.YONEX テニス ヒートカプセルグローブ

ヨネックスの手袋、テニス用というよりも普段使いな感じです。

私自身、ちょっと厚手でグリップを握ると違和感がありますが、でも普通の手袋よりは持ちやすい。

ヨネックス製ということもあり、シンプルで使いやすい。

そしてちょっとポップなデザインも、冬の景色にはマッチして良いですよ。

シンプルで使いやすい、観戦にもオススメの手袋です。

 

2.YONEX テニスグローブ8 AC290 011 ホワイト

こちらはより、テニス用で薄手なバージョン。

どうしても、女子選手向けの商品なイメージですが、私も普通に使ってました。

薄手ですが、これを付けるだけで、かなり手荒れは防げます。

ユニセックスですので、男性でも付けられるデザインなのが嬉しいですよね。

気付いたんですけど、最近はジュニアの選手でもかなり手袋、サングラスといった小物を使う選手も増えて来ました。

賛否両論あると思いますが、私は良いことだと思いますよ。

 

3.FILA TENNIS テニスウェア ボア手甲 VL9100

手の甲だけ隠すタイプ、こういう手袋も良いですよね。

寒さ対策になりますし、グリップを手のひらで握り感覚、を大事にしたい人にはお勧めです。

実際に試合をする人は、このタイプの方が良いかも知れませんね。

寒さはありますが、やはり手袋を付ければ感覚は鈍くなる。

アナタ自身の感覚、好みで選んでみるのが良いと思いますよ。

 

4.Prince テニス 穴開き UV半指グローブ PG947

色々なタイプの良いところ、をバランス良くまとめたのがこの形の手袋、グローブでしょう。

ラケットを皮膚で感じることも出来るし、寒さも防いで手荒れも防げる。

プリンスのテニスグローブを使っている人、多いのにも納得ですね。

白とグレーのシンプルなデザインなので、色々なウェアとも合わせやすい。

冬だけでなく、汗でグリップが滑りやすい人にもオススメです。

 

ラケットを持っていると、つい「手袋はちょっと・・・」と思いますよね。

でも、意外と使ってみると気にならなかったりするもの、ですよ。

それよりも、手が荒れてテニスが出来ない方が辛いですしね。

グリップが滑ってしまう人にも、オススメです。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス知識

    雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

    先日は、台風で日本列島大変でしたね・・・。私が住んでいる地域で…

  2. テニス サイト

    テニス知識

    セルフジャッジのカウントコール、一番自然なタイミング?

    皆さん、出場されている試合はセルフジャッジの試合が多いはず。そ…

  3. テニスシューズ

    テニス知識

    いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

    私が学生時代、高校生の頃は、ヨネックスのシューズを履いている選手が多か…

  4. テニス知識

    HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

    私は10年くらい、ラケットはずっとHEADを使っています。今は…

  5. テニス 練習

    テニス知識

    テニスの試合、大会に必要な危機管理項目7つ

    試合の前の準備、どこまで想像力を拡げて考えられるか。それが、準…

  6. テニス知識

    テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

    もうすぐ、ゴールデンウィークも終わり。この連休が終われば、もう…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    サーブ

    サービスゲームの基本、「サーブを打つ前に、相手リターンの位置」は必ず確認しよう
  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    両手バックハンドのパッシングショットは、打ったらラケットを身体に引き寄せる
  3. テニス 観察眼

    メンタル

    「プライドが高い人」がテニスが上達しない理由について
  4. テニス ミス

    リターン

    1セットマッチ、1ブレイクでOK
  5. ストローク

    ダウンザラインへ振り切るストロークは、前で終わるから安定する
PAGE TOP