テニス ボレー

その他

大会のエントリー費が高いか安いかは、アナタ次第

テニスの試合の、エントリー費。

これって、みなさんどう感じますか?

安い?高い?もちろん大会やその試合形式によって、各地でまちまちだと思いますが・・・シングルスなら5,0000円、ダブルスなら1ペア7,000円くらいが相場でしょうか。

その中で、草トーナメントなら勝っても負けても最低3試合は出来る、みたいな感じ。

これが、民間で実施しているテニスの大会。

うーん、やっぱり安くはないですよね。

 

大会のエントリー費が高いか安いかは、アナタ次第

 

1.自分のエントリー費、取り返してみる?

せっかく高いお金を出して試合に出る訳ですからね、しっかり「元」を取る意識でいきましょう。

それは、優勝して商品を持ち帰る、ことだけじゃないです。

むしろ、負けた試合をどう自分の中で価値に変えていけるかどうか。

ある意味、授業料だと思って試合を活かす。

この発想が無い人は、なかなか試合に出ることも続かない。

「3試合で5,000円か・・・高いな・・・」という感じになりますからね。

結果的に試合から遠のいてしまって、戻るのが難しくなる。

いかに日々の練習に活かすのか、は発想と準備次第です。

 

2.試合で何をやるのか、決めておこう

相手のレベルにも寄りますが、試合で何をやるのか、試すのかを決めておく。

その結果をもって、いつもの練習を変えていく。

試合って、試し合いと書く発表会のようなもの。

どんなに強い相手でも、サーブは自分から好きに打てる。

全く何も出来ない、というのは自分の準備不足でしょう。

強い相手にこそ、何が出来るのか。

その出来たことが、そのままアナタの実力なはずです。

 

3.「商品を持ち帰らないと!」だけだと、自分を苦しめるだけ

私もたくさんの試合、大会を運営して来ましたが、こういう人は多いですよね。

商品・賞金狙いで、大会エントリーして来る人。

もちろん否定はしませんが、そればっかりだと・・・自分を苦しめるだけ、になりませんか?

勝たないといけない、勝つためには何でもやって良いという意識が、おかしな方向に向かうことも多い。

もっと、その大会や試合で得られるもの、を自分の中で意識として変えて欲しい。

成長させる種を探す、切磋琢磨出来る新しい出会いを受け入れる。

こいう意識がある人は、試合に出れば出るほど、強くなるはずです。

 

4.出来るだけ「元を取る」には?

それでも、せっかく出た試合ですからね。

私は、この辺りをチェックすることをオススメします。

・自分の動画を撮れる(相手に承諾をもらって)

・仲間に試合を観て、アドバイスがもらえる

・対戦相手から、アドバイスをもらえる

・対戦相手と交流が生まれ、ネットワークが拡がる

・試合会場でレンタルコート、が出来るかも知れない

・大会運営者とコミュニケーションを取って、情報を得る

人が集まる場所、ですからね。

元を取るには人から情報をもらい、自分のものにしていくのが一番。

特に大会の運営者の方と世間話でもする、のがオススメです。

色々聞かれたら答えたいと思いますし、「こういうイベントもありますよ」というのも教えてもらえるかも知れない。

活かすも殺すも、エントリー費が安いか高いかも、アナタ次第です。

 

まぁ、試合に出るって本当に大変です。

レベルの区別なんて、あって無いようなものですから・・・厳しい結果が出ることの方が多いでしょう。

「何で金払って休みの日に、こんな想いしないといけないんだ!」と思うのが、自然です。

だったら、少しでも得する方法を考えないと。

試合で感じた悔しい想いは、試合で覆していくしかない。

私はいつでも、アナタの試合に出続ける姿勢を、応援し続けます!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. その他

    もしこの記事を読んでいるアナタが一年生なら、「上級生について行けば良い」という考えは止めよう

    アナタ自身がもし一年生なら、練習メニューは上級生が決める?その時点…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての「肩書き」を外したときに、アナタには何が残るだろうか?

    今回は少し、重たいお話を。いつも重たいと感じている方は、すみま…

  3. テニス グリップテープ
  4. テニス 環境

    その他

    「極端な環境に、あえて自分を縛ってみる」ことができれば、きっとアナタのテニスはまだまだ上達していく

    「今年はもっとボレーを上手くなりたかったのに・・・あまり上達しなかった…

  5. テニス スマッシュ

    その他

    思考に身体が付いていかないときは、一旦思考を止めてみる勇気も大事

    試合中に、何かを考え過ぎて上手くいかなくなること。テニスの試合…

  6. テニス ミーティング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くな…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のゆっくりしたボールを、しっかり打ってもパワーが出ない!」人は、打点をしっ…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ…
  4. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように
  5. テニス知識

    これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
PAGE TOP