テニス知識

寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

今年も寒く、テニスをするには辛い時期になって来ましたね・・・。

真冬よりも、実際に寒くなり始めた今の時期が一番辛い。

怪我も増えるし、風邪も引く・・・テニス選手として試合に出ていれば、外での戦いが多いですからね。

待ち時間も長いし、外での寒さ対策はテニス選手にとって本当に死活問題。

かといって、試合になればすぐに暑くなるので、来たり脱いだりしやすいベンチコートはマストアイテム。

今回は、私も着ていたメーカーのモノを中心に、使えるベンチコート、ピックアップしてみました。

 

寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

 

1.なぜベンチコートが必要なのか?

まず、テニス選手として「防寒」はしっかり考えておかないといけない。

私たちの試合は屋外、で行われますし、基本的に控室のようなものは無い。

そして、日本ではオムニコートが多いですから、多少の雨や雪では試合は決行されますよね。

身体が冷え切ってしまうと、それだけで選手としてのパフォーマンスは落ちて当然。

それに、テニスコートは小高い場所に作られている公共のコートが多いですから、風も本当に強い。

真冬に風が強い場所・・・というだけで、かなり厳しい環境。

そんな場所には、ウォームアップウェアだけでは無理。

自殺行為と言えるでしょう。

 

2.休んでいるとき、もしっかり休めるように

学生のみなさんでも、待ち時間は辛いですよね。

少しだけ座って休みたい、移動時間に寝たいというときにも、ベンチコートがあると快適。

敷布団、掛け布団のような感覚で使えて、しっかり保温効果もある。

暑ければ脱いで、膝にかけることも出来るし、調整出来るところもコートの魅力。

とにかく、「寒すぎてやばい・・・」という状況だけは、これからの季節避けたいところ。

防寒の備えは、し過ぎて損は無いと思っておいて良いでしょう。

 

3-1.ヨネックス

すっきりしたシルエットと、膝下までしっかり長いタイプのベンチーコート。

ヨネックスのベンチコートは、大人のプレイヤーにピッタリだと思います。

グレーのシンプルな色味もすごく着こなしやすいし、着たままで座っても膝まで温かい。

日本のメーカーらしく、日本人の着こなしをよく考慮して作られている名品です。

●JASPOサイズ(cm) :
SS:身長157-163、胸囲80-88、ウエスト66-74
S:身長162-168、胸囲84-92、ウエスト70-78
M:身長167-173、胸囲88-96、ウエスト74-82
L:身長172-178、胸囲92-100、ウエスト78-86
O:身長177-183、胸囲96-104、ウエスト82-90
XO:身長182-188、胸囲100-108、ウエスト86-94

出典:amazon

 

出典:amazon

 

 

 

3-2.プーマ

私はこれ、今でも愛用しています。

ダウン系の素材で、本当にあったかい、しかも価格もリーズナブル。

テニスメーカーではないんですが、やっぱり冬が本場のスポーツであるサッカー競技、がメインのプーマ社製だけあって、保温性はすごい。

若干、モワモワ感出てしまうので、女性よりは男性の方にオススメ。

ヘビーに使っても、応えてくれる。

そんなタフなベンチコートです。

■メンズ

SS 157-163 81-87 67-73
S 162-168 85-91 71-77
M 167-173 89-95 75-81
L 172-178 93-99 79-85
O 177-183 97-103 83-89
XO 182-188 101-107 87-93
2XO 187-193 105-111 91-97
3XO 192-198 109-115 95-101

 

■レディース

S 154-162 72-80 58-64 82-90
M 154-162 79-87 64-70 87-95
L 154-162 86-94 69-77 92-100
LL 154-162 93-101 77-85 97-105
3L 154-162 100-108 85-93 102-110

出典:amazon

 

出典:amazon

 

3-3.アシックス

しっかりした機能性、シンプルなデザイン。

アシックス製のベンチコートは、男女問わずテニスプレイヤーのみなさんいお勧めです。

丈もちょうど膝くらいの高さですので、軽いランニングなら着たままでも走れますし、デザインもスタイリッシュ。

デザインもシンプルでフードも付いていて、口周りまで隠れる防寒性も完備。

寒い冬、風雨にも強いタフなベンチコートです。

 

出典:amazon

 

■メンズ

SS 157-163 81-87 67-73
S 162-168 85-91 71-77
M 167-173 89-95 75-81
L 172-178 93-99 79-85
O 177-183 97-103 83-89
XO 182-188 101-107 87-93
2XO 187-193 105-111 91-97
3XO 192-198 109-115 95-101

 

■レディース

SS 147-153 75-79 56-60 83-87
S 151-157 78-82 59-63 86-90
M 155-161 81-85 62-66 89-93
L 159-165 84-88 65-69 92-96
O 163-169 87-91 68-72 95-99
XO 163-169 90-94 71-75 98-102

 

 

4.一緒に使いたい、防水・撥水スプレー

ここでぜひ、ベンチコートにひと手間加えて欲しいポイントが。

試合前、平日の夜に防水スプレーをかけて置いておく、これを2回くらいやっておいて欲しいんです。

防水加工をしてあるベンチコートでも、防水・撥水スプレーを施しておくと、試合で本当に便利です。

雨に濡れている中で待っていても、全然気にならないですからね。

私のオススメは、アウトドアショップでも打っているコレ。

 

■Collonilコロニルアウトドアアクティブユニバーサルプロテクター防水スプレー

 

もちろん、みなさんが普段使っている防水スプレー、でも良いと思いますよ。

ウォームアップウェアや、テニスシューズ、バッグにも施しておけば、きっと天候が悪い日でも被害は最小限で済むでしょう。

 

ベンチコートは長く使える一着、を選びたいですよね。

もし暑ければ脱げば良いし、寒さに凍えるのが一番怖いですからね。

ぜひ、この冬に向けて選んでみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 水分補給

    テニス知識

    真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

    今年も、暑い夏の時期がやって来ました。毎年のように書かせて頂い…

  2. ピラティスポール

    テニス知識

    テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメです

    テニスを長く続けていると、肩が上がらなくなる・・・。これは最近…

  3. テニス知識

    バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

    「ここぞ」という時に、踏ん張れる。ストロークでもボレーでも、最…

  4. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

    効率的にトレーニングをしたい、それも1日5分くらいで筋力、持久力までし…

  5. テニス ラケット

    テニス知識

    これからテニスを始める人でも知っておきたい「ラケット選びの5つのポイント」

    これからテニスを始めようと考えている方、楽しみなのはまずラケット選び。…

  6. テニス 皮膚

    テニス知識

    テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「Protect J1…

    テニスの試合、練習が続いていくと、皆さんどこか身体に支障をきたしてくる…

特集記事

  1. テニス 戦術

    その他

    テニスを通じて、「誰とどこで戦うか?」を考えていけば、マーケティング力だって養え…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    自分についている嘘は、試合でアナタの足を引っ張り続けることになる
  3. テニス 打点

    練習メニュー

    シングルスの試合に必要な「コートカバーリングとコントロール」を養う、基礎的な練習…
  4. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って打てばOK
  5. テニス メンタル

    ボレー

    ファーストボレーで無理してばかりでは、並行陣で戦えない
PAGE TOP