その他

「俺に今出来ること」テニスを通じて何が出来るのかを考え続ける

巨大な地震と津波が日本列島を襲った時。

都内でも震度5を記録。

太平洋沿岸にいた方々は加えて津波の被害もこうむり、多くの犠牲者を出した。

 

「俺に今出来ること」テニスを通じて何が出来るのかを考え続ける

 


 

俺は地震が起きた瞬間、法事の為に大阪へ帰省中で家族と一緒に過ごしていて、地震の揺れは感じなかったが友人や奥さんの家族のことが心配で、何度も連絡したけど繋がらず・・・。

でも次の日に無事が確認された。

天災による大きな被害と言えば、16年前の阪神淡路大震災を思い出す。

あの時は長年生まれ育った大阪を離れ、上京して一ヶ月後の出来事だったのだ。

当時も家族となかなか連絡が取れなくて不安だったのを覚えている。

友人の中には御家族を失った人もいたし、家が焼失した人もいて、心が張り裂けそうになった。

今回も多くの人達がそういった辛い経験をしていると思う。

そんな中、こうやって俺はテニスコーチという仕事をしていて良いのだろうかという思いに駆られる

もっと直接、今現在生活に必要なことの為に働くべきなんじゃないか、もっと多くの人が望んでいることをするべきなんじゃないかと感じたりする。

でもいつもレッスンを受けてくれる方を思い出すと、皆、娯楽のためにテニスというより、テニスを通して自己表現したり心身の鍛練に利用している。

もちろんテニスは娯楽的要素もあるが、それ以上にテニスは社会に貢献できるツールだと言える

だからこそ、俺は全国の中学校や高校のテニス部で頑張っている子供達を応援しているではないか。

俺が出来ることは、こういった地震などで自分自身を見失った人達にもう一度地に足を着けて、堂々と歩んでもらうための応援団なんだ。

俺自身、今は不安が胸の中をぐるぐる渦巻いている状態だけど、とにかくテニスコートに立ち続けて、「もっと頑張れっ!」と皆に大声で
声を掛ける事を頑張るよ。

皆も頑張って生きて行こう。

改めて震災に遭われた方たちとそのご家族には、心からお祈り申し上げます。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス サイト

    その他

    「テニスの試合に出ている高校生の皆さん」は、ぜひチェックしておきたいサイト4つ

    テニスの試合に出ている方は、普段どんなサイトで試合の情報をチェックして…

  2. テニス ボレー

    その他

    自分が予測して待っていたボールが来たときこそ、「平常心で仕留める」ことを心がけよう!

    試合中に慌てず、平常心でプレーする為には何が必要なのか。メンタ…

  3. テニス 人脈

    その他

    「テニスの人脈作り」よりも、「アナタとテニスがしたい」と言われるようになって下さい

    テニスの試合に強くなるには、なるべく外部で試合を出来る場を設けたい、と…

  4. テニス アクセス

    その他

    2017年2月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10

    いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います。今年も、気が付け…

  5. テニス リターン

    その他

    なぜ、世界のテニス界のトップ選手は負け始めたのか?を考えてみる

    最近のテニス界には、大きなうねりのような渦、が起きている。ジョ…

  6. その他

    「世界への扉」はテニスの世界もノックしてみないと何も始まらない!

    22歳の時にアメリカへ3カ月行って、色んな大学で練習をさせてもらった。…

特集記事

  1. テニス コントロール

    その他

    テニスの試合で、「作戦は相手に知られてOK!」むしろ後半は、それを逆手に取ってい…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを…
  3. テニス 観察

    戦術

    スローボールを混ぜるだけで、アナタの最速球速は上がり続ける
  4. テニス

    メンタル

    「嘘情報を流してみよう」テニスに必要な相手との駆け引きとは?
  5. テニス ポジショニング

    メンタル

    「良いテニスとは、どんなテニスか?」について、2つの視点で考えてみる
PAGE TOP