その他

「呼吸法で勝率アップ」テニスの試合や練習で意識したい呼吸のリズムとは

もともと小児ぜんそく患者だった俺は、虚弱体質だった。

走り回ることは好きだったし、運動神経も悪くない。

ただ、激しい運動をするとすぐに発作が起きて呼吸困難に陥り、運動を続けられなくなる。

体力を付ければ克服するんじゃないかと、両親は俺にありとあらゆる運動をさせた。

 

「呼吸法で勝率アップ」テニスの試合や練習で意識したい呼吸のリズムとは

 


 

その結果、体力が付いて発作も起きにくくなり、好きな運動を好きなだけ出来るだけにまでになった。

が、体力だけが発作に打ち勝ったんじゃなくて、呼吸法が重要だったのだ。

呼吸が乱れると発作は一瞬で起きてしまう。

なので子供の頃の俺はとにかくどんなに激しくて辛い運動の時でも、呼吸を正常なリズムで保ち続けることを意識し続けた。

そして、自分で発作が起きない呼吸法を確立させることが出来たんだよ。

でもそうやって身に付けた呼吸法は、後のテニス選手としての俺に大きな影響を与えてくれた

呼吸を整えることで冷静さを維持する事が出来たし、呼吸法をラリーと合わせることで集中力を高めることが可能となった。

「ボールを打つ瞬間、息を吐く」

これは多くの人が知っていることである。

でもテニスで大事なことは、相手との戦い・・・ということ。
 



 

自分が打つ時だけでなく、相手がボールを打つ瞬間にも息を吐いておかないといけないのだ

ここが重要。

相手がボールを打った直後、そのボールの方向に向かって行かないといけないし、そのボールをどこにどういったショットで返球するか考えて決めないといけない。

相手がショットを打つ瞬間に集中する事が出来れば、その後の行動がスムーズに進み易い。

しかも自分が打つ瞬間の呼吸と、相手が打つ瞬間の呼吸を合わせれば、ラリーのタイミングと呼吸のタイミングが合うので、延々とラリーが続いても一定の呼吸リズムを保ちやすく、体力の消耗も最小限に抑えられやすい。

「呼吸のせいで負けた・・・」と自覚する事は少ないと思うが、意外と呼吸が乱れたことで集中力が低下して、冷静な判断が出来なかったり、余計な体力を使ってしまったりしている人って多いよ。

自分が打つ時はもちろんだけど、相手が打つ瞬間も意識して、呼吸を吐いてみよう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

 

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. その他

    なぜ、テニスは試合経験が必要なのか?

    私が考える、テニスが強くなる、上手くなる方法。それは、とにか…

  2. テニス 客観視

    その他

    「シングルス専門、ダブルス専門」を自負する人に伝えたいことがあります

    「私はダブルス専門だから、シングルスはプレーしません」という人がいます…

  3. テニス 格上相手

    その他

    テニスでの用具選びは、「練習と同じくらい大事な要素」という覚悟で知識と情報を蓄えましょう

    テニスは必要となる道具が多い。ラケットにガット、ウェアにシュー…

  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝ちたければ、「対戦相手の個性を掴む能力」に磨きをかけましょう

    対戦相手を観察する力は、本気になれば誰でも身に付く。そう、まず…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で、「まずはしっかり、セルフジャッジをしてから」の基本をなぜ指導者は教えないのか?

    ここ数年、学生の大会を観ていて感じることがある。大事な試合、団…

  6. その他

    T-PRESS CUP を開催してみて、感じたこと

    先週の23日(金)にて、T-PRESSとしての初めての取り組みである…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて
  2. テニス 夜

    練習メニュー

    「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改…
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える…
  4. テニス ドロップショット

    シングルス

    シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    センター攻撃に大事なのは、執拗さ
PAGE TOP