テニス メンタル

シングルス

3セットマッチで格上相手と勝負するなら、死に物狂いで第1セットを獲りにいこう

アナタも試合で勝ち進んでいけば、3セットマッチの試合を経験することになるでしょう。

そして上で挑戦する、ということは、格上選手と対戦していくということ。

厳しい戦いですが、この意識だけは持っておいて欲しい。

あくまで勝負に勝つ、為に出来ることは全て準備しておきましょう!

 

3セットマッチで格上相手と勝負するなら、死に物狂いで第1セットを獲りにいこう

 

1.試合に勝ちたければ、序盤に全てをかける

3セットマッチ、長いようで実は短い。

そう、勝負どころはいきなりやって来るのです。

格上選手に勝つには、絶対にファーストセットを獲りたい。

逆に言えば、獲らせてはいけない。

相手がファーストセットを獲ったら、すぐに余裕を持たれてよりプレーの精度は上がる。

そうなってしまっては、実力差を埋めていくのが難しいのがテニス。

本当に、大げさな話ではなく死に物狂いでファーストセット、の奪取に専念しましょう。

 

2.ファーストセットを奪えば、セカンドセットは「あわよくば」で良い

ファーストセットを獲れれば、相手も余裕が無くなる。

プレーにも粗さが出て来て、プレッシャーがかかって来るのがアナタ自身も実感出来るでしょう。

格上相手には、まずこの段階にまでもっていかないと試合にならない。

余裕が無い状態、でのプレーを続けることで・・・そう、粗が見えたり、体力も消耗する。

セカンドセットは、落としても良いくらいのつもりでアナタ自身、積極的にいきましょう!

それがファイナルセットへの、良い布石になるはずです。

 

3.ファイナルセットはセカンドセットの貯金でプレーしよう!

セットカウント1-1、になった時点で、実は格下であるアナタが優位。

私はそう思います。

セカンドセットで相手の消耗も激しいでしょうし、アナタ自身の積極的なプレーも残像として残っているはず。

その貯金を使いながら、ファイナルセットは相手にプレッシャーをかけていきましょう!

試合の終盤になれば、「負けられない・・・」と感じて苦しくなるのは、格上の選手。

アナタ自身、しっかりそのプレッシャーからミスを誘いながら、時には積極的な奇策も入れながら、予定通りのファイナルセットを戦っていく。

6-4  3-6  6-4  セットカウント2-0でアナタの勝利!

イメージ、沸いて来ましたか?

 

「そんなに簡単にいくなら、苦労はしないよ!」と、たくさん声が聞こえてきます。

はい、そうです、確かに険しい道です。

でも、その険しい道に挑んでいくかどうかは、アナタ次第。

そして、この皮算用でも無いと、自分が「予定通りなのか?」も分からなくなる。

試合中に迷わない為にも、計画は大事。

そう、格上選手を倒すためには・・・。

 

今回のまとめ

3セットマッチ、格上相手の試合ではファーストセットを獲ってファイナル勝負、で挑もう!

 

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「長いラリーは自分のペース」と思えるようになると強くなった証

    シングルスの試合に勝てない人には、ある共通の苦手意識がある。そ…

  2. シングルス

    「シングルスの戦い方」はテニスの試合ではシンプルに考えて実践!

    シングルスの時、どういう作戦でプレーする?相手によって変わって…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスのラリー戦では、「チャンスを引き出すボール」を自分の武器として磨いていこう!

    シングルスの試合で、アナタの武器は何ですか?フォアハンド?ネッ…

  4. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミングとは?

    シングルスの拮抗した試合で、ラリーの多くを占めるのはクロスラリー。…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルス試合での実践的なネットプレーは、「ゆっくりな速度のアプローチとフェイント」を混ぜていこう

    学生の皆さんやジュニアの選手の試合を見ていると、ネットプレーがほとんど…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では特に、「低いボールからは、無理して攻撃しない」ことが大事です

    シングルスの試合では、ストローク戦が多い。サーブ&ボレーヤーも…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ポイントを獲り切る」イメージが湧かない人は、どんなイメージを…
  2. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合でのリターン位置は、「ファーストとセカンドではっきり変える」のが大前…
  3. テニス ボレー

    メンタル

    テニスでも何でも、誰かに言われてやってきたことを、「努力」とは呼べない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリー戦では、「つなぎのボール」こそビビらないでラケットを振り切る意識が…
PAGE TOP