テニス リターン

ダブルス

ダブルスの試合で、「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう

ダブルスの試合を観ていると、「あ~」と思ってしまうポイントがある。

一番は、「お見合い」「譲り合い」で、返球出来ないときじゃないですか?

これは、特に社会人の一般ダブルスで多いように思います。

譲り合いを防ぐには、どんな意識がダブルスペアで必要なんでしょうか?

 

ダブルスの試合で、「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう

最初に反応した選手が、触るのが大前提

まず、大前提はこれ。

相手からボールが飛んできて、「最初に反応した選手」が責任を持って処理する。

一度触る素振りを見せてからの「お願い!」は、ペアも反応出来ませんよね。

特に前衛の選手は攻撃の優先権を持っているので、反応したらボールに触る、ところまで大前提で考えておきましょう。

触れないボールは、反応すらしない。

これで後衛に任せることが出来るはずです。

 

並行陣なら、センターのボールは2人で反応してOK

よく、「2人でボールを追うと、陣形が崩れる!」と言われますよね。

確かに、そういうケースは多々あります。

雁行陣であれば前衛の後ろ、後衛の前のスペースは、2人で追いかけるとかなり広いオープンスペースが出来てしまうので、注意が必要。

でも、一番お見合いしがちな並行陣のセンターは・・・どうでしょう?

私は、ここは2人で同時に反応してもOK!だと思います。

すぐに構え直せば大丈夫、むしろ、絶対に2人共に反応するくらい、責任感を持つことが大事。

並行陣のセンターは、何が何でも距離感を近くして相手に抜かせない、ようにしましょうね!

 

「相手が打ってから考える」から、全てが後手になる

譲り合う、ようなペアは、そもそも発想から後手に回っている。

相手が打つ前から、「次は絶対、仕留めるぞ!」と前衛が思っていれば、任せるとかそういう発想にならない。

自分はポーチで触る、その分後ろを後衛に任せる、という発想でハッキリしていますからね。

譲り合っている、ということは、ダブルスペアとして自分たちから動けていないということ。

それだといつまで経っても進歩が無い、ですよ。

 

積極的に動いているペアは、まず譲り合わない。

だって、自分たちの身体がしっかり動いて、担当ポジションもハッキリしていますからね。

待っているから、おかしくなる。

ダブルスの試合、どんどん自分たちから動いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. ダブルス

    「ダブルスペアとの話し合い」はテニスの試合では難しく考えなくてOK!

    ダブルスは二人で戦う。二人で戦うんだから、コミュニケーションが…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    Iフォーメーションが難しいと感じるなら、「ただポジションを戻すだけ」でも、充分効果はある!

    ダブルスのフォーメーションプレー、やってみたいけど難しい・・・と感じて…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れておこう

    ダブルスの試合、シングルスとの大きな違いとして意識したいこと。…

  4. ダブルス

    ダブルス脳を持っているテニス選手は、「何事にも自分が全て影響している」ことを理解している

    「ダブルスが上手い」と呼ばれる選手は、他の選手と何が違うのか。私自…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ

    ダブルスの試合、アナタ自身後輩を引っ張っていく試合もあるでしょう。…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分のパートナーがミスしたとき」に、アナタの対応はどうですか?

    ダブルスの試合、ペアの関係性は失点したときの雰囲気で分かる。どちら…

特集記事

  1. テニス ソックス
  2. テニス バッグ
  3. 筋トレ
  4. テニス ネット
  5. テニス スマートフォン
  1. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「ファーストサーブをフォルトした後」、まず一息着いて間を空けよ…
  2. ダブルス

    「ダブルスを極めたい」ならぜひチェックしておきたい、テニスのベストマッチ動画5選…
  3. ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの基本は、「相手の力を利用すること」と考えると試合で勝てるようになる
  5. ストローク

    「ストロークを前衛の足元に沈めたい・・・」並行陣を崩すコンパクトなストローク術5…
PAGE TOP