テニス ロブ

練習メニュー

テニスコートを効率良く使って行う、「2対1のボレー対ストローク」の練習メニュー

人数が多いときでも、しっかり2対1のラリー練習がしたい。

特にボレーヤーを1人にして、しっかり粘れるネットプレーは、シングルスでもダブルスでも必須です。

コートを効率良く使えば、6人で運動量多く練習出来るので、オススメです。

 

テニスコートを効率良く使って行う、「2対1のボレー対ストローク」の練習メニュー

 

■人数:8~16人

■レベル:初中級~上級

■目的:2人に対して粘りながら打ち分けるボレーヤー主体の練習

 

【練習内容】

主役はボレーヤー。

2対1のラリー形式で、コート半面~2/3くらいまでを使って、ストローク側が適度にボレーヤーの側を振り回す。

反対側のコートにも選手がいるので、ロブは深過ぎないようにハイボレーくらいまで。

ストローク側から球出しをして、まず2往復はしっかり深くつなぐ。

その後は、ストローク側はパッシングショット、ネットプレイヤー側はセンターへの深いボールやドロップボレーも有り。

しっかりお互いで駆け引きをしながら、揺さぶり合ってラリーする。

ダラダラ繋げていく感じにならないように。

人数にもよりますが、2人で1ペアになってローテーションしながら交代していくのも良いでしょう。

待っている人は、後ろでシャドーの素振りを行う、フットワークを合わせる、だけでも良い練習になります。

 

【応用練習】

ストローク側が、浅いボールをボレーヤー側の選手の足元に打って前に出る。

ボレー戦に持ち込むような練習が、より実践的です。

このときに、注意したいのは2人の側は必ず2人で息を合わせて前に出ていくこと。

2対1のボレーボレーになっても、慌てずしっかりお互いにコースを突いて勝負。

1人の側はロブボレーも交えて、再度相手を後ろに下げる、というのも良い練習になります。

 

【ポイント】

ネットにいる1人の選手は、サービスラインの1歩前、それ以上前にいかない。

ネットにベタ詰めになると、ロブをケア出来ないのでしっかりバランスの良いポジションで粘れるように。

2往復はしっかり、ミス無く深いボレーと足元へのストロークを意識。

そこからはお互いに、真剣勝負でラリーしていきましょう。

 

ネットから少し遠い位置から、しっかりボレーを深く打つ。

その為に、必要なのは適度なスライス回転です。

スライス回転をかけることが出来ると、ポジションを戻せる時間も出来る。

パンパンと速いテンポでラリーしていて、自分がスピードに付いていけない・・・のはみっともない。

時間を作りつつ粘る、そんなボレーヤーを意識しましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ロブ

    練習メニュー

    チームでテニスを上達していく為には、少なからず「自己犠牲の精神」も必要です

    「良い練習」とは、どんな練習なのか。それは、チームで共通認識が…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思います

    そもそも、テニスは求められる技術が多い。スポーツは全てそうだと…

  3. テニス 準備

    練習メニュー

    2人1組で簡単に出来る、試合前のフットワーク練習例

    試合前のウォーミングアップ、みなさんどうでしょうか?ラケットを…

  4. 練習メニュー

    試合に強いテニスチームは、練習を「終える」のが上手い

    テニスの練習、部活やチーム、サークルで頑張っている皆さんは多いと思いま…

  5. テニス 知識

    練習メニュー

    試合に使わない技術ばかり、一生懸命練習するのは悲しいこと

    練習は伸び伸びやっても、試合でガチガチになってしまう。こんな人…

  6. テニス サーブ

    練習メニュー

    テニスの試合で必須な「グランドスマッシュを安定させる」為のラリー練習メニュー

    「グランドスマッシュ」と聞いて、アナタ自身どんなイメージですか?…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    「知らないから不安になる、というのはテニスでも同じ」だからこそ、準備が必要な4つ…
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    本当に深い絆でつながったダブルスパートナーは、苦しい時にこそ支え合える
  3. テニス 練習

    戦術

    相手が戻ろうとする逆を突く、のは上級者テクじゃない
  4. テニス 風

    ストローク

    風下からは強めに打つ!だけで、テニスの試合運びは楽になる
  5. テニス メンタル

    フットワーク

    「テニスに必要な体力は何か?」と考えると、効率的なトレーニングが見えてくる
PAGE TOP