その他

テニス動画をたくさん撮影したいなら、「スマートフォンバッテリーケース」が断然オススメです!

自分のテニスの動画、練習でも試合でも、撮影することで成長につながる。

私も何度も書いてきましたが、自分のテニスを自分で観てみないことには何も始まらないのです。

とはいえ、電池がすぐに切れてしまう・・・のも、悩みの種ですよね。

そこで今回、オススメするのは「モバイルバッテリーケース」です!

 

テニス動画をたくさん撮影したいなら、「スマートフォンバッテリーケース」が断然オススメです!

 

モバイルバッテリー、私も使っています。

充電がなくなりそうなときには、何かと便利ですよね。

こういうの。

 

 

ですが、そもそもこのバッテリー本体を充電しないといけないですし、持って行くのを忘れてしまう可能性もある。

ケーブルだって必要。

そう考えると・・・私が断然オススメしたいのは、このケース一体型のモバイルバッテリーです。

 

 

テニスの試合の動画撮影、やっぱり1時間くらいは余裕でもつくらいのバッテリーが必要。

それに、ケーブルでバッテリーをつないでいると、試合で撮影にセットするにも面倒じゃないですか。

その点、このケース一体型は本当に便利です!

 

モバイルバッテリー

 

充電しながら、ボディも保護してもらえるのも嬉しい。

テニスプレイヤーって、結構スマートフォン落として割る人、多いんですよ。

 

モバイルバッテリー

 

バッテリーケースのボタンを押すだけで、いつでもどこでも充電可能。

充電が完了すれば自動でストップ。

ケーブルでつなぐ必要もなく、本体と一緒に充電出来て便利です。

iPhoneを約2.5回充電できて、iphone6にも対応。

 

私は自分の試合で、こういうホルダーを使ってテニスコート近くのフェンスに設置したりして、自分のテニスを撮影するようにしています。

バッテリー切れの心配が無いので、試合に集中出来て良いですよ。

 

サークルや部活の練習でも、使えるグッズですので、ぜひ試してみて下さい。

自分のテニスをチェック出来れば、きっとまだまだアナタは上達していくはずです!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で、「高い打点からしっかりストロークで攻撃していく為」に必要な4つの意識

    テニスの試合でのストローク力は、どれだけ「高い打点で打てるか」が重要な…

  2. テニス メンタル

    その他

    「新しい環境でテニスを頑張る」君に贈る、5つのメッセージ

    新年は、新しく何かが始まる季節。部活でもサークルでも、新しい環…

  3. テニス 環境

    その他

    どんなに大事な試合に勝利したときにも、「敗者への配慮」を忘れてはいけない

    最近、特に気になることがあります。学生の皆さんやジュニアの大会…

  4. テニス メンタル

    その他

    「笑っちゃうくらい面白い」とテニスの試合で感じれるようになれば・・・

    「笑いながらプレーしてるね。」よくそう言われる。確かに…

  5. テニス 観察眼

    その他

    テニスコートでの練習で、「ボールを転がしながら拾うチーム」は、絶対強くなれないその理由

    テニスコート上での練習、テニスサークルやテニス部、テニススクールのクラ…

  6. テニス メンタル

    その他

    「自分の事より、相手の事」テニスの試合では対戦相手ありきで考えましょう

    自分のテニスをもっと強くするためには、どうすればいいんだろう?…

特集記事

  1. テニス 風

    戦術

    男子ダブルスの試合で、「6ゲーム先取の形式で、サービス権を取られた」ペアの戦い方…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「ファーストサーブはスーパーセカンドサーブ」テニスの試合、サービスゲームで意識し…
  3. ストローク

    片手バックハンドストロークは、「ラケットを持たない手」をどう使うかが一番のポイン…
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「ビビッて置きに行くストローク」は、試合中に変えないと後悔だけが残る
PAGE TOP