テニス 格上相手

その他

朝一番のテニスの試合で、「しっかり身体が動けるように」意識したい4つの準備とは?

テニスの試合はいつも朝が早い・・・辛いですよね。

何ででしょう、テニスの試合会場ってすごく遠い会場が多い気がする。

会場に着いたと同時にいきなり試合、という経験も皆さんあると思います。

そんなときに意識したいこと、私なりにまとめてみました。

当たり前のこと・・・と思われるかも知れませんが、改めて意識してみて損は無いでしょう。

 

朝一番のテニスの試合で、「しっかり身体が動けるように」意識したい4つの準備とは?

 


 

1.試合の1週間前から早起き調整

本当に勝ちたい、大事な試合だと分かっているなら実践すべきは、早起きに慣れておくこと。

普段からが一番ですが、せめて試合日の1週間前からは、当日の朝起きる時間と同じ時間に起きるように、毎朝頑張ってみる。

きっと試合当日には、気持ち良く起きることが出来るはずです。

その為にも、早い時間に毎晩寝ることも大事。

こういった準備が出来ていれば、試合でも自信を持って臨めます。

 

2.試合の前日から、身体の水分量を調整

試合の前日から、身体に充分な水分を補給しておく。

前の日の夜には、500mlくらいはしっかり飲んで、試合の日の朝にも500mlを飲む。

これだけで、朝一番の試合でかなり身体が動くはずです。

朝食ももちろん大事ですが、水分がしっかり蓄えられていることが大前提。

朝の寒い時間帯でも、身体はどんどん渇きます。

ましてや冬は乾燥が酷い時期。

いつも以上に、身体は水分を求めていることを、テニス選手なら覚えておいて下さい。

 

3.身体だけでなく、頭も無理やり目覚めさせる

身体が起きていても、頭が寝ている選手が朝にはいます。

予測したり判断したりが、朝はどこか遅くなりがち。

その為に、朝はテニスの動画を観たり、電車の中で本を読んだり、人と会話することでテニスの試合に必要な頭を起こしてあげましょう。

何もしないでボーっと試合会場に着いては、危険です。

テニスの試合は頭脳戦。

出だしから頭もフル回転でいけるよう、しっかり準備が必要です。

 

4.朝から全開な自分を恥ずかしがらない

朝から元気全開、しっかりコートを走り回る。

そんな自分を、「何かかっこ悪いな・・・」と感じるような学生の方はいませんか?

のらりくらり、試合に入って負けてしまう方がよっぽどかっこ悪い。

逆に皆が調子が出にくい朝だからこそ、アナタ自身、気持ちの準備をして全開で試合が出来るようにしておきたい。

もしかしたら、普段勝てない選手にも、朝一番ならテニスで勝てるかも知れないのです。

そういうチャンスだと思えるかどうか、も大事なポイントですね。

 

基本的なことばかりだと思いますが、この基本を徹底するだけで確実に勝率は上がる。

ここに正しい朝食と、試合前のウォオーミングアップが加われば、アナタの実力は充分に朝から発揮されるでしょう。

実力を発揮できないで、朝一番で負けてしまうのはもったいない。

特に大事な公式戦、開始時間で悔しい想いをしないように、今からしっかり準備しましょう。

全ては、ライバルに勝つ為に・・・。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス 環境

    その他

    「自分に欠けている点」を把握した時点で、それは短所では無くなる

    テニスの試合、もしかしてアナタは「損」をしているかも知れない。そう…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合経験を積むには、「自分から動いてネットワークを作る」ことが大事です

    昨日ニュースを観ていると、こんな記事が目に入りました。プロ野球…

  3. テニス 準備

    その他

    「自分の球出しって、もしかしてみんな打ち辛い・・・?」と感じた方は、試して欲しい特効薬

    読者の皆さんの中には、部活の中で球出しをしたり、テニススクールでアルバ…

  4. テニス ストローク

    その他

    「自分のテニスを一から見直す」ときに必要なのは、強引さと粘り強い根気です

    自分のテニスを見つめ直す機会、皆さんは今まで経験してますでしょうか?…

  5. テニス 粘り

    その他

    テニスの試合で、相手に攻撃される!と感じたら慌てずに、「逃げのコース」をイメージしておくこと

    相手の攻撃を、どう凌ぐか。テニスはネットを挟んで打ち合うスポー…

  6. テニス 練習

    その他

    T-PRESSへのご意見・ご感想についてはコチラ

    いつもサイトをご覧頂きまして、ありがとう御座います。T-PRE…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス スライス

    フットワーク

    「大きな歩幅から、小さな歩幅へ」フットワークの基本を変えれば、テニスコート上でも…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    相手ボレーヤーのどこを狙うのか、を明確にしよう
  3. テニス チャンス

    戦術

    4ゲーム1セット、3セットマッチをやってみよう
  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!
  5. ボレー

    「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント
PAGE TOP