ボレー

  1. 浮かないボレーこそ、試合で使える実戦向きなショット

    ボレーを浮かないように、コントロールし続けること。試合に出ていると、この必要性を感じませんか?浮いたボレーは、前衛に捕まるとやられてしまう。…

  2. 低いボレーは、軽く触って返せば良いと思う

    ボレーが苦手な人の、泣き所と言えばコレ。低い位置でのボレー、ローボレーを返すのが難しいですよね。でも、これってどうなんでしょう。私は、あ…

  3. テニス ボレー

    ハイボレーでの踏み込み足は、上げていこう

    試合の中での、ハイボレーの踏み込み足。これを、しっかり上げていきましょう。ボレーミスで多いのが、身体が突っ込んで、詰まってしまうようなミス。…

  4. やっと届いたハイボレー、逆クロスにしか打てないはず

    相手のロブが良い、手を伸ばしてやっと届いた時・・・コースはどうでしょう。自分が打つ時も、相手が打つ時も、この予備知識があると良いですよ。無理しな…

  5. テニス 言葉

    ネットに詰めて、相手のいないところに落とすから決まる

    ダブルスが上手くなっている、と急に感じる瞬間。これは、きっとみなさんにもあるはず。まだ・・・という方は、これを意識してみて下さい。前衛に…

  6. テニス メンタル

    ダブルスの前衛として攻撃して良いボール、ダメなボール

    ダブルスの前衛で、とにかく動いて後衛を助ける。私は何度も、これが大事と書いて来ました。ですが、あまりにムキになって全部出ようとしても、それは難し…

  7. つなぐボレーで攻撃していく、コツは簡単

    つないでいるのに、強い。攻撃的にプレー出来ている人は試合でも強いですよね・特に、ネットプレーのような相手に前でプレッシャーをかけていくような時。…

  8. テニス ストローク

    ネットから遠いから、ドライブボレーが効果的

    試合で使える、実戦的なショット。私は、このドライブボレーはぜひ使って欲しいと思っています。学生向けの、ラケットを振れる人の技術?そんなこ…

  9. テニス メンタル

    「絶対ポーチなんて無理だ・・・」と思う時ほど、実はチャンス!

    ダブルスの試合で、こんな経験無いですか?パートナーのサーブが入らないで、セカンドサーブも弱々しい感じになっていく。相手は前に入ってリターン、クロ…

  10. テニス ダブルス

    大事な場面で前衛としてポーチ、心構えで9割が決まる

    試合の中で、しびれるような場面でポーチに出る。これが出来れば、アナタ自身は間違いなく勝てます。まずは出ること、が大事。でも、出るだけでミ…

  1. ロブ

    前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットの質を高めたいなら、「相手の走ろうとしているコースの逆の前」へ落…
  3. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない
  4. ストローク

    高い打点のストロークをパワーアップしたければ、「しっかり肘を高い位置にテイクバッ…
  5. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミ…
PAGE TOP