その他

  1. 希少種になること、は強くなるということ

    テニスだけじゃないですけど、「左利き」は優位とされていますよね。「いや、左利きの相手得意!」という方もいるでしょうが、やはり苦手にしている方は多い。…

  2. テニス センス

    人と会話しないと、自分も自分のテニスも見えて来ない

    テニスの上達、自分次第?もちろん、それが大前提です。ですが、自分の中だけですべてが完結、回っていく訳ではありません。特に、男性のみなさん…

  3. 無限の負のループ、に気付こう

    私たちの周りは、常に繰り返し、で満ちている。このこと、に気付けない人に未来はありません。でも、普通は気付かないんです。「テニスを頑張るぞ…

  4. 学生時代にしっかり練習しないと、試合では勝てない?

    「社会人から始めたので、試合は無理なんですよ」こういう声を、私もよく聞きます。確かに、学生時代、ジュニア時代の経験はある選手にとっては財産であり…

  5. 人の意見を聞き過ぎても、強くはなれない

    最近私が、改めて感じていること。自分の意志で決めて、自分のテニスをすること、が一番勝利への近道になる。これ、なかなか簡単なようで難しいこと。…

  6. テニス ガット

    テニスの試合で一番使う「利き腕の握力」は、大事に使おう

    テニスの痙攣と言えば、脚。真夏の試合では、しっかりケアしていても全国で痙攣で棄権していく選手が多いですよね。でも、見落とされがちですが、痙攣する…

  7. 西岡選手を応援したくなる、その理由

    「普段、応援している選手はいますか?」というご質問を、頂きました。私自身は、何より読者のみなさんを応援していますが、プロ選手の中では日本の西岡良仁選手、…

  8. テニス 試合

    テニスというスポーツは、アナタに何を求めているのだろう?

    一生懸命頑張っているのに、なかなかテニスが上達しない。そう悩んでいる方がいたら、少し考えてみて欲しい。テニスに対して、自分はどう向き合えば良いの…

  9. 失点した瞬間の態度を、対戦相手は必ず見ている

    思った以上に、見られている。それが、アナタ自身の試合の中での失点シーンです。失点した後に、どんなリアクション、表情、雰囲気を出しているのか。…

  10. テニス ボレー

    テニストーナメント大会は、「強いシード選手」が優位に作られている

    テニスの試合、大会は、誰もが平等に扱われる真剣勝負。本当に、そう思いますか?実は、そうじゃないんです。テニスに限った話ではないかもしれま…

  1. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    大事な場面、スピン系のストロークがガシャってしまう人に共通する、5つの悪い癖
  3. テニス 構え

    メンタル

    試合中にイラッとしたら、自分と会話しよう
  4. テニス メンタル

    メンタル

    本当にテニスの試合に強くなりたければ、「真剣勝負の場数を増やす」ことを最優先に考…
  5. ロブ

    風が強い中でのロブ、どうやって使おう?
PAGE TOP