フットワーク

  1. テニス 守備

    テニスのフットワークは、「左右よりもまず前後から」が基本です

    テニスの試合、フットワークで差が出る部分。それは間違いなく、「前後に走るとき」だと私は思います。試合慣れしていない選手ほど、横に意識が向いてしま…

  2. テニス 予測

    ビッグサーバー、ビッグフォアハンド相手には、低い態勢が不可欠

    当たり前ですが、なかなか出来ないこと。テニスの基本は、試合での対戦相手が強いときほど活かされる。そこに、年齢も男女も関係ありません。威力…

  3. テニス ダブルス

    最初にアウトだと思っても、「結果的に入っても取れる」フットワークを癖付けよう

    セルフジャッジ、の試合でよくある光景。そして、試合に勝てない人の典型例だと思います。疲れてきたときこそ、皆さんも注意したい。最初の判断が…

  4. テニス ボレー

    テニスの試合では、遅いボールほど細かいステップで合わせていこう

    フットワークの基本、だけど見落とされがちな基本。不思議と・・・テニスの試合って、遅いボールが難しい。そこには、ちゃんとした理由があります。…

  5. テニス 調子

    ストロークの反応が遅い人は、相手が打った瞬間にバウンド地点を予測しよう

    ストロークの反応が遅い人、恐らく「判断」が遅い。その判断って、テニス独特の予測が必要、だと私は思います。バウンド地点が、どこなのか。それ…

  6. テニス フットワーク

    前にドロップショットを追いかけたら、出来るだけフォアハンドで拾うことが一番

    ドロップショットのように、浅いボールを前に走って拾う場面。テニスの試合では、結構よくあるケースですよね。そんなときに、シンプルですがこのポイント…

  7. テニス 読書

    「自分のやりたいテニスは何か?」を、定期的に考えてみることは大事

    試合に勝ちたい。そういう想いを強く持つと、どうしても「やらないといけないこと」に自分が支配されていく。それでも、なかなか結果が伴ってこないと・・…

  8. テニス メンタル

    テニスの試合で「スライス慣れ」していない選手は、完全にバレていると覚悟しよう

    試合の中で、「この相手、スライス苦手だな・・・」と分かるとき。それは、バウンドに上手く合わせられていないとき。皆さんも、テニス始めたばかりのころ…

  9. テニス ストローク

    テニスで守備力が高い選手は、「キャッチ力が高い」だけでは無い強さがある

    守備力が高い選手は、何が上手いのか?ラケットでのキャッチ力?もちろんそれも大事ですが、私はもう一つ大事な要素に注目したい。他のスポーツ競…

  10. テニス シングルス

    サイドステップよりも早い!「クロスオーバーステップ」を身に付けないと、現代テニスでは厳しい

    シングルスの試合、左右前後に走り回ってコートをカバーする。でも、圧倒的に多いのは横の動き、ですよね。そこで差が出るのが、ステップ。サイド…

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ドライブボレーの基本は、「ネットの2メートル上を狙って」思い切りアウトする気持ち…
  2. ストローク

    「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち…
  3. サーブ

    今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる
  4. テニス サーブ

    リターン

    切れ味鋭いサーブの対策は、チーム内で絶対に必要になる
  5. テニス リターン

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処…
PAGE TOP