構え

  1. ストローク

    骨盤を動かして腰を回すと、コントロール力アップ!

    試合でコントロールが良い選手、憧れますよね。最近のラケットやガットって、性能は良いんですけどかなり飛ぶ感じ、じゃないですか。スピードボールが誰で…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルトが癖になっている、みなさんへ

    試合の中で、大事な場面でダブってしまう。これは、何度も私も経験して来ました。癖になっているような時期は、テニスの試合も楽しく無いし、自分のサービ…

  3. ボレー

    ボレーミスが多い人は、2段構えを覚えよう

    ボレーミスが多い人は、2段構え。何のこと?と思うかも知れませんが、私が普段実践しているちょっとしたコツです。もしかしたら、既にみなさんもやってい…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークが弱過ぎる・・・と悩む、女性やシニアのみなさんへ

    ストローク力を高めたい。でも、なかなか身体を大きく使って打てない・・・と、お悩みの方がは多いと思います。特に女性やシニアの方、社会人からテニスを…

  5. テニス ポジショニング

    ボレー

    バックボレーの方が、実は簡単です

    「とにかく、バックボレーが苦手なんです・・・」という、みなさん。それって、本当ですか?バックボレーが難しくて、テニスが嫌になる、試合なん…

  6. ボレー

    試合では、ランニングボレーが基本なのに・・・

    ボレーを練習していても、試合で使えない人。もしくは、ミスしてしまう人は、テニスの試合というものをもっと理解する必要があります。私たちの練習、と試…

  7. テニス サーブ

    サーブ

    「前を向かない」だけで、サーブの精度は格段に上がる

    サーブをコントロール出来る自信が無い、というみなさんへ。私が過去に意識して、格段に効果のあった方法がコチラ。「打ちにくい」と最初は感じるでしょう…

  8. テニス ストローク

    リターン

    コンパクトなリターンが出来れば、その後の戦術がスムーズになる

    リターンの動作を小さくすると、何が良いのか。もちろん、安定感がアップするし、リターンの精度自体がアップする、のはすごく良いこと。でも、私はそれ以…

  9. テニス サーブ

    サーブ

    流れるような美しいサーブ、はどうやったら打てるのか?

    サーブが安定している人は、打っているフォームに無理が無い。流れるように、サラッと良いサーブ、を打つ方は試合でも強いですよね。この流れるように美し…

  10. ストローク

    「しっかり下がって打ちましょう」というアドバイスは、時代遅れ

    テニスの基本、ストロークのフォーム。ここで、こういうアドバイスをいまだに聞く機会、結構あると思います。もちろん、テニスを始めたばかりの方であれば…

  1. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、あの技術が無いとリターンで苦労する
  2. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと
  3. ボレー

    至近距離でのボレー戦になったら、どんどん上を使おう
  4. その他

    同じコースに打ち続ければ、相手も眼が慣れるのは当たり前
  5. テニス知識

    ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
PAGE TOP