打点

  1. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

    ネットプレーが苦手・・・という方は、特に女性が多い。両手のバックハンドや少し低い位置のボレーになると、ぎこちない形になる。その方で多いのは、肘が…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「低いトスでのサーブ」を身に付けると、風が強い日でも安定する!

    サーブに悩んでいる人で、フォームについてはあれこれ考えるけど、トスの高さを見直せる人が少ない。一番即効性があって、安定感を増すことが出来るのはトスの高さ…

  3. テニス 準備

    その他

    「自分の球出しって、もしかしてみんな打ち辛い・・・?」と感じた方は、試して欲しい特効薬

    読者の皆さんの中には、部活の中で球出しをしたり、テニススクールでアルバイトをしている中で球出しをしたり、ということが多いと思います。手で出すのは簡単だけ…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークの基本中の基本、「バウンドの高さに合わせたテイクバック」は、利き腕では無い手のひら主導で!…

    ストロークのテイクバックは、準備の速さが大事。でも速く準備出来ていればそれで良いか・・・と言えば、そうでもない。私が大事だと思うポイントは、ラケ…

  5. その他

    「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント

    普段は伸び伸び打っているのに、試合になると急にフォームが小さくなる。そしてボールが浅くなって、相手に攻撃されてしまうような方、いませんか?ボール…

  6. ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークを強力にしたいなら、「相手に背中を早く見せる意識」で準備してみよう!…

    ファアハンドストロークの周り込み、からの展開。これは今や現代テニスにおいて、誰しもが得意にしつつある技術です。どんどんコートの外側に自分がポジシ…

  7. サーブ

    テニスのおけるサーブの基本は、「前足は動かさない」からフットフォルトを防げることを意識しましょう

    テニス試合では、サーブを安定させないと勝てない。それは技術的な安定もそうですが、メンタル的な安定も必要。審判や相手に「フットフォルト」を指摘され…

  8. ストローク

    相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペースダウン」させること

    ストロークの打ち合いの中で。相手にジワジワと攻撃されて追い詰められる。そんなときにアナタに対策が無いと、無理してハードヒット、ミスという形で相手を楽にさ…

  9. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合では、「リターン位置をはっきり前にする」ことで、高い打点から攻撃が出来ます!

    リターンからの攻撃パターンを作っておくと、試合で勝てる。これだけは、断言できます。リターンが苦手な人は、いつまで経ってもラリーに持ち込めず、相手…

  10. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合、ストロークでミスが多い人は、「ほとんど横振りになっていて、打点がぶれている」ことを意識…

    テニスのストロークのときに、「身体が開いているよ!」と周りから指摘されること、多くないですか?身体が開くと何がまずいか・・・と言えば、一番はラケットが横…

  1. テニス 感覚

    その他

    「2015年 インターハイ テニス会場」に行って良かった感じたこと5つ
  2. テニス ストローク

    戦術

    ストロークのパワーアップは、後ろ足の膝を寄せる体重移動から
  3. テニス 練習

    ストローク

    力んでストロークがアウトする人は、呼吸をコントロールして打てばコートに収まる
  4. テニス ボレー

    ボレー

    試合の緊張した場面では、「アプローチショットはシンプルに、勝負はあくまでネットプ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブを、もっと回転系のサーブに変えていかない?
PAGE TOP