打点

  1. サーブ

    肘の高さが低い人は、サーブに難有り

    サーブがどうしても、安定しない。そう悩んでいる人は、一目見れば分かります。対戦相手でも、ここをチェックして相手のサーブ力を測るのは有効な手段。…

  2. スマッシュ

    スマッシュのコースを隠したいなら、相手に背中を向けて構えよう

    スマッシュをしっかり決め切る、そのために打つコースを隠したい。この意識がある人は、きっとまだまだテニスが強くなる。テニスの試合におけるスマッシュ…

  3. ストローク

    両手バックハンドストロークのコントロールアップは、アゴの使い方に秘密が有る

    両手バックハンドストローク、みなさんしっかり打ててますか?両手だから力負けはしないけど、何となく中途半端で返すだけ、になっている方も多いと思います。…

  4. ロブ

    スマッシュを深いロブで返す為に、必要な5つのコツ

    相手のスマッシュを、ロブで返球する。こういう技術って、ちゃんとした試合では最初のウォーミングアップでも必要ですよね。相手のスマッシュを、恐れない…

  5. ストローク

    トップスピンストロークの基本は、グリップをラケットヘッドが追い越していくフォロースルーにある

    トップスピンのストロークを、しっかり振り切りたい。その基本、改めて一緒に見直してみませんか?フォロースルーの形、を意識するだけで、きっとリラック…

  6. ストローク

    打点が遅れたと感じたら、前ではなく上方向に振り抜こう!

    ストロークの打ち合いで、相手から押されて打点が遅れる。格上相手の試合なら、必ずこういう場面は多くなります。自分の中で打点が遅れた、遅れそうと思っ…

  7. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ

    「こんなの、テニスの基本じゃない」と言いながらも、試合で使える技術。実はたくさんありますよね。私はその中でも、「駆け抜けるボレー」は絶対に必要だ…

  8. テニス スライス

    ストローク

    横に走ってストローク、を少し膨らませたフットワークにして攻撃的に

    左右に走ってストローク、特にシングルスでは多いシチュエーションですよね。この場面、ちょっとしたコツでストロークを攻撃的に変えていくことは出来るはず。…

  9. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで顔を残すことが出来れば、打てるコースは自然に拡がる

    試合で最後、ポイントを取る場面。これって、多い例としてはハイボレー、じゃないでしょうか。ダブルスはもちろん、シングルスの試合でもネットから遠い場…

  10. ボレー

    相手がスライスの構え、ならボレー側は突っ込み要注意

    ボレーに苦手意識がある人、こういう方が多いように思います。速いボールよりも、遅いボールのボレーが難しい。みなさんも、そうじゃないでしょうか?…

  1. テニス ストローク

    リターン

    試合で相手のサーブの調子が良い時には、先読みして鼻をへし折ろう
  2. テニス ソフトテニス

    ストローク

    「ソフトテニスから硬式テニスへ」スムーズに移行する為に、意識したいストロークのポ…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「ラケットの真ん中より少し下側」で打つと、トップスピンロブは回転がかかりやすい!…
  4. テニス Q&A

    メンタル

    学生時代の選手は、必ず「突然変異」がテニスに起こる、いや起こさせないとダメ
  5. テニス メンタル

    メンタル

    闘志を見せない相手には、必ず奥底に隠している強さがある
PAGE TOP