打点

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「合わせるだけのバックハンドストローク」を、そろそろ卒業しましょう

    何となく、で済ませている問題。この夏の間に、しっかり自分の納得出来るものに仕上げていきませんか?バックハンドストローク、皆さんどうでしょう?…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    身体近くのバックハンドボレーは、「逆クロス方向」に流せばポイントを取りやすい

    ボディに近い位置でのボレー、難しいですよね。「正面のボレーは、バックで!」と、コーチから言われてもなかなか出来ない・・・という方も多いと思います。…

  3. テニス 打点

    ストローク

    「相手が打ったら、準備を速くする」ことで得られる、5つのKを覚えておこう

    何度も繰り返し、で書いてきたのでもう聞き飽きたか方も多いと思いますが、改めて。相手が打った瞬間から、テニスは対応の素早さが求められる…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは、「肘から先でラケットをたたむような打ち方」人、のこと手打ちと呼ぶことが多い

    「どうしても、手打ちを直したいんです・・・」「手打ちは直した方が良いですよ、と言われても何を変えたら良いのか分からない・・・」こういう声を、よく…

  5. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?

    昨日のウィンブルドン決勝、ご覧になった方も多いと思います。フェデラー選手の復活、見事でしたよね。私なりに、今回の活躍の内容を分析しようと思いまし…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    当たり前だけど、「ネットに近ければ近いほど」ドロップ系のショットは打ちやすくなる

    ドロップ系ショット、皆さんちょっと誤解しているかも。プロ選手の試合ばかり観ていると、ある特徴に意識が強くなる。でも、よく考えてみると・・・本当に…

  7. テニス ボレー

    リターン

    ボディへのサーブは、スライスでさばく技術が無いとリターンで苦労する

    ボディへのサーブ、皆さん試合で苦労したことは無いですか?特に、踏み込んでリターンしたいときに、しっかりボディへ来るとリターンが苦しくなる。でも・…

  8. テニス 錦織圭

    ストローク

    浅いボールを攻撃出来ない人は、相手のボールがバウンドする前に「足」から決めて形を作ろう

    ストロークで浅いボールを攻撃していくとき、のちょっとしたコツを。意外と下半身に意識が薄い人が多いので、ここを改善するだけでかなり変わるはずです。…

  9. テニス リターン

    リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう

    リターンミスが多いとき、皆さんはどこから修正していきますか?リターンミス、つまりサーブはそれほど威力が無くて自分のミスが多いときには、身体の開きから修正…

  10. テニス スライス

    ストローク

    前に踏み込むストローク、が打てないならしっかりスライスで凌ごう

    ストロークで相手と打ち合うときに、いつも前に踏み込める訳では無い。特に、強い選手とシングルスの試合をすると、そうですよね。やっと届いて、打点が後…

  1. ボレー

    テニスの試合で「直線的なロブボレー」を使えると、ダブルスの戦術の幅はグッと拡がり…
  2. テニス 前衛

    ストローク

    テニスの試合で攻撃していくときには、「直前に打つコースを決める」感じだと上手くい…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのときのトスアップの腕、しっかり最後まで活用すれば安定感がアップ!
  4. テニス メンタル

    メンタル

    一緒にテニスをしていて、「この人、ちょっとやりにくいな‥」と思う人こそ大事にした…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    打ち終わりをコンパクトにする、ことが実戦向けのテニスへの第一歩
PAGE TOP