打点

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    身体を後ろに傾けて打つスマッシュ、が実は9割という事実を把握出来てる?

    スマッシュを試合の中で打つイメージ、皆さんはどんな「身体の使い方」を想像するでしょうか?下がってジャンプ?そうです、試合では、圧倒的に自分の後ろ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークで「厚い当たり」、を身に付ける3つのコツ

    スライスを武器にしたい、でも何をすれば・・・?と悩んでいる皆さん。バックハンドで何となく打っているけど、浮いてしまって結局相手に決められるスライスを卒業…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    片手打ちバックハンドストロークは、「インパクト時にラケットを持つ腕を真っ直ぐ」にすることでパワーアッ…

    最近、少しずつ「片手バックハンドストローク」の方が増えているように感じます。まだまだ学生の皆さんは両手打ちが多い、と思いますが、社会人やプロ選手でも少し…

  4. テニス ラケット

    ボレー

    テニスでのボレーは「ボールを引き付ける」、だけで見違える

    どうやっても、ボレーが上達しないで悩んでいる人。ストロークには自信あるのに、ダブルスだとなかなか前衛で積極的になれない方は、ボールを捕らえる意識、を変え…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    高いロブをスマッシュで打つのに、必要なのは「速い振り出し」だった!

    高いロブ・・・皆さん、どうですか?一回落とせば良い、ようなときも多いですが、やっぱりスマッシュはノーバウンドが基本。でも、これを上手く打てると自…

  6. テニス ダブルス

    サーブ

    手のサイズが大きい、指が長い男子選手は、サーブでラケットを長く持って威力アップ!

    サーブの威力をアップしたい方に、直ぐに出来る対策として。ラケットを長く持つ、という点はサーブでも有効です。そう、出来るだけ思い切って、長く持って…

  7. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスでは力を入れるポイントを絞っておかないと、体力はいくらあっても足りない

    リラックス、リラックス・・・と試合中に考えても、その時点で恐らくガチガチ。テニスの試合、どこかで力を抜くポイントを作っておかないと、いくら体力があっても…

  8. テニス ダブルス

    ストローク

    並行陣を崩すショートクロスは、「打点を斜め前、少し近め」で打ち方自体は変えないでいこう!

    ショートクロスで並行陣を崩したい。でも・・・いつものストロークと何かを変え過ぎて、おかしな感じになってはいませんか?変える部分は、一つだけ。…

  9. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストロークを武器にするなら、コンパクトに振り切るイメージで

    ストロークのコントロールで、差が出る部分。それは、ストレート、ダウンザラインに展開するときに一番現れやすい。皆さんは、しっかりコントロール出来て…

  10. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう

    テニスにおける難しい技術、ローボレー。低い位置のボレーはネットを越えて、しかも相手コート内にバウンドさせないといけない。難しいと思うからこそ、「…

レクタングル広告枠

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    苦手なところを直すのが練習、では無い
  2. テニス 気付き

    その他

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝てない人には共通点がある」アナタ自身でチェックして欲しい項目5…
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    両手バックハンドストロークでスピードを出したいなら、「右利きなら左腕をしっかり伸…
  5. テニス 客観視

    その他

    試合があるコートの周囲を確認しておくと、「横からのボールイン」にも冷静に対応出来…
PAGE TOP