戦術

  1. ロブ

    崩せても脅威にならないロブ、で良いの?

    テニスの試合では、ロブを使う作戦が多いですよね。ダブルスでもシングルスでも、前に出て来る相手に上を使うのは常套手段。でも、これで崩せて、ミスし…

  2. 戦術

    攻めたミスは気にしない、を本気で意識しよう

    ミスが許されない国、日本。それはテニスでも、例外ではありません。自分がどういうスタンスで、失敗して失点するのか、を本気で考えるようになれないと…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスで手加減してくる男性は、とことん利用しよう

    昨日、私はミックスダブルスの試合に出てました。そこで、改めて感じたこと。それは、「優しい男性」はとことん、利用するに限るということ。こ…

  4. 水分補給

    全豪オープンを観て感じる、痙攣の恐怖と対戦相手の難しさ

    全豪オープン、今年も始まりました。一年の開始、シーズのスタートを印象付ける華やかな大会ですが・・・選手は本当に大変ですよね。まだ大会シーズンは…

  5. 戦術

    ミスをして良いポイントで、ミスは大丈夫

    試合でミスもしているけど、確実に勝ち上がる人。こういう人って、どういう意識で試合をしているのか。テニスの試合、当然全部のポイントを取ることは出…

  6. フットワーク

    相手が打つ時スプリットステップ、それでポーチ間に合いますか?

    ポーチに動いて、しっかり決めることが出来る前衛。スプリットステップを毎回しないといけない、相手が打つ瞬間に・・・?これって、大きな誤解だと思い…

  7. テニス 準備

    練習メニュー

    まず軌道から入る、技術は後から

    自分が打ちたいショット、その軌道。みなさん、しっかりイメージ出来てますか?まず軌道のイメージを作って、そこから必要なモノを考えていく。…

  8. テニス 練習

    リターン

    ストレートアタック、をリターンで成功させる5つのコツ

    ダブルスの試合で、リターンをストレートに打つ。これが精度高く、試合で実行出来れば、効果的ですよね。強い相手に勝つには、これを使うしかありません…

  9. テニス 練習

    戦術

    どこかでスタイルを突き詰めないと、今年も中途半端なテニスに

    なりますよ、絶対に。みなさんは、全員が必ず良いモノを持っている。それを自覚して、研究して突き詰めていく。自分のスタイルを突き詰める、そ…

  10. ダブルス

    前衛にバランス、求めないで良い

    試合で勝ちたければ、激しく、したたかに。無難なプレー、要りません。みなさんの前衛に必要なのは、もっともっと「普通を捨てる」意識じゃないでしょう…

  1. スマッシュ

    「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方
  2. テニス ボレー

    その他

    「楽しく工夫できる人は、テニスに向いている!」毎日同じことの繰り返しでは、試合に…
  3. テニス ボレー

    サーブ

    ダブルフォルトを連発するときには、「ネットをしない軌道」だけ意識して打っていこう…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ時に、「大きく胸を張って反る動き」は本当に必要か考えてみた
  5. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を
PAGE TOP