ポジショニング

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    相手が足元のボールを処理するときは、「ボールに触られる前」までの動きで全ては決まる

    相手の足元に、上手くボールを打てたとき。みなさんはどんな感じで、次への動きに備えてますか?試合に強い人は、このときの瞬間のスピードアップが凄い。…

  2. テニス バックハンド

    リターン

    試合の中でリターンミスを減らしたいなら、まずボールをしっかり呼び込もう

    リターン、試合の大事な場面・・・緊張しますよね。いつも通りにやろう、と思うけど、やっぱり相手のサーブが強力だとなかなか厳しい。こんなとき、アナタ…

  3. テニス ポジショニング

    ロブ

    ポイント前に、「女性の上に上げられたロブは、どうするのか?」を決めておくのがミックスダブルス

    ミックスダブルスの試合に出ている方は、これを決めておきましょう。ロブの対策、特に女性の上、ですね。女性の上は、ミックスダブルスで攻略していかない…

  4. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの並行陣では、「片方の選手が詰めたら、パートナーはT字まで下がる」ことでコートカバーを

    ダブルスの醍醐味、それって思い切って前衛が動けるところ、だと思います。そこで、しっかりと詰めていくことは、大事な戦術。女子ダブルスの方は、どうし…

  5. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスのストレートアタックを成功させたいなら、リターンのポジションを1m前に設定しよう

    ダブルスの試合で、リターンに苦手意識がある人は、まずポジションを変えたい。今回のテーマは、もしかしたらアナタ自身のリターンを飛躍的に向上させていくかも知…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    フォアハンドハイボレーの隠れたコツは、「自分のポジションによって支点を変えること」です

    フォアハンドボレー、試合の中で安定感があるかどうか。これって、小さいことのようですがすごく大事なポイント。意外と、バックボレーの方がカチッと決ま…

  7. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう

    ストロークラリーの中で、浅いボールに苦手意識が強い方。こういう選手は、実に試合で戦いやすい・・・です、相手からすると。だってテニスでは、自分から…

  8. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイント

    フォアハンドボレー、試合の中で打つときには絶対にポイントを取りたい。ダブルスでチャンスメイクしたときには、特にそう感じる人が多いでしょう。ですが…

  9. テニス リターン

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールで攻撃していくときこそ「軌道高め」のストロークを意識しよう

    シングルスの試合で、しっかり攻撃していくには何が必要か。まずは、相手の浅いボールを見逃さないこと、ですね。浅いボールをしっかり攻撃していく、だけ…

  10. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「人のいない所に打つ」のは、相当難しいという事実

    ダブルスの試合、コートにいる人数は多い?少ない?当然シングルスの試合に慣れている人は、2人になっただけで多い!と感じるでしょう。ですが、実際には…

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    やっと落ち着きました・・・
  2. テニス 調子

    テニススクール

    コーチ次第、じゃなくて、自分次第ですから
  3. ストローク

    「コントロール系スィング」を身に付けて、テニスの試合でしっかり振り切れるスィング…
  4. テニス リターン

    ストローク

    クロスからダウンザラインへのストロークの展開は、「ライジングショットでシンプル」…
  5. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・…
PAGE TOP