ストローク

  1. テニス シングルス

    ストローク

    フィーリングが悪いと感じた日は、足で稼いで勝ちを拾うしかない

    テニスの試合、最初の打感でどうもおかしい。そう感じながら、序盤になんとか対応してるけど・・・どうしても、ダメな日はある。そうなったら、もう割り切…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    丁寧なテニスが出来ている限り、アナタはそう簡単に負けることは無い

    私は、断言します。テニス選手として必要なこと。それは、レベルに限らず関係ない。大事なことは、「丁寧さ」です。丁寧…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「相手のチャンスの場面」こそ、強気でいこう!

    試合の中で、「やばい、甘くなった・・・」と思うこと、ありますよね。でも、ここで一つ、冷静になって欲しい。テニスの試合って・・・相手のチャンス、の…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「フワーっとした緩くて深いボール」は、結局どう処理すれば良いの?

    フワーっとした、深いボール。それも、センター深くに入って来る。シングルスの試合、こういうボールを打たれると、困りませんか?今までは「セン…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なショットでの展開が、アナタの「特別なショット」になっていては試合で勝てるはずがない

    相手と差を生み出すショット、皆さんは何ですか?フォアハンドストローク?リターン?いずれにせよ、それがアナタにとっての「特別なショット」である限り…

  6. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?

    チャンスを決める。テニスの試合で、これほど難しことは無いでしょう。きっと試合の中で悩んでいる方も多いはず。でも、なかなか解決策が無い・・…

  7. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークが安定しないときには、「打点は前だけど、ゆったり振ってみる」ことで調子を戻せる…

    試合の中で、アナタの武器はきっと「フォアハンドストローク」じゃないでしょうか?そのフォアハンドが、緊張して触れない・・・どうしよう・・・となるとき。…

  8. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの試合では、「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない

    皆さん、粘り強い相手は試合で嫌ですよね。でも、よく見極めて欲しい。ただ粘っている相手、ミスが怖くて怯えている相手、もたくさんいる。そんな…

  9. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて「こねるようなストローク」では、いつまで経っても重さが出ない

    高校生、大学生の皆さんの方がほとんど、ストロークが「こねる」ようになっている気がする・・・。のは、私だけでしょうか。これは、ラケットやガットとい…

  10. テニス フットワーク

    シングルス

    足が速い対戦相手には、アングルショットのような「走らせるショットを打った後」が要注意

    しっかり打って相手を走らせても、油断は禁物。足が速い、走り慣れている選手は、そこから本領を発揮してくることを忘れてはいけない。走りながら考えて、…

レクタングル広告枠

  1. ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合、「長いラリーのポイントの後に、簡単なミス」をしてしまう人はココ…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」で、テニス選手は差が出来る
  4. ボレー

    「バックのハイボレーはもどかしい」テニスで難しい技術はどうマスターすれば良い?
  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「難しい戦術は苦手・・・」な人は、シンプルにクロスラリー勝負…
PAGE TOP