テニス 確率

メンタル

「ネガティブ思考は、スポーツに不向き・・・?」いや、テニスには向いている気がします

よく前向きな思考は、全てに必要・・・みたいなことを言われます。

本当にそうでしょうか?

前向きな性格と言えば聞こえは良いですが、能天気なだけで何も考えていない人もいる。

いや、もっとたちの悪い人もいる。

本当はネガティブな要素に気付いているんだけど、目を背けている人。

私自身、そうだったように思います・・・今回の記事は、反省も込めて。

 

「ネガティブ思考は、スポーツに不向き・・・?」いや、テニスには向いている気がします

 


 

■ネガティブ思考になるのは、テニス選手なら当たり前

私はこのサイトで、試合前の準備の大切さを書いてきました。

相手の情報を整理する、自分の作戦を考える・・・ことを真剣にやっていれば、ネガティブな思考になって当たり前。

「相手が想定を超えてきたら、どうしよう・・・」

「自分の作戦、しっかり実行出来るだろうか・・・」

慎重だからこそ、ネガティブになる。

これはテニス選手であれば、自然なことです。

 

■ポジティブな人、前向きな人は、「何か」から目を背けている

試合前にやたらと前向きな人は、確かに自信に満ちているように見える。

でも心の底では、不安を隠している。

そんな選手、アナタの周りにも多いんじゃないですか?

もしかすると、不安なことや弱い部分を周りに話せないような状態、になっているのかも知れません。

一人で試合前に抱え込むのって、特に団体戦では危険。

ネガティブな言葉は、押し込めても試合で逆効果のようなケースも多いのです。

 

■ネガティブな自分と会話する強さを持とう!

普段から、アナタ自身にネガティブな感情が湧いてきたときに、どうするか。

しっかりと、向き合って話し合っていきましょう。

試合前に不安に陥るのは、当然のこと。

ネガティブな感情にネガティブになると・・・もう、メンタルが落ちていくしかない。

そうならないように、日ごろから試合前を想定して、しっかり自分と会話出来る癖を付けておきましょう。

 

慎重な人ほど、テニスは強くなる。

もちろんときに思い切った作戦も大事ですが、テニスの試合でベースにあるのは確率論。

確率をしっかり考えていくと、不安になることはあるでしょう、でもそれは根拠のある不安。

少しずつ解消していく、その為には練習しか無いのです。

ネガティブだからこそ、必死で練習する。

そんな選手が、試合を勝ち抜ける選手に成長していけるのです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!

    テニスの試合、逆転が起きるのは日常茶飯事。プロの試合でも一般、…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    試合を動かしているのは、「もう一人の自分」という意識を持てると全体を俯瞰して見れる

    気合いを入れて、試合に臨む。大事なポイントでは声も出すし、一生…

  3. テニス 並行陣

    メンタル

    テニスにやる気が出ない・・・ときにモチベーションをコントロールする方法5つ

    毎日暑い時期になりました。どれだけ高いモチベーションでテニスを…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    なぜテニスプレーヤーは、スランプに陥るのか?を考えてみる

    真剣にテニスに取り組む人ほど、スランプという問題は付いて回る。…

  5. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合、「3セットマッチで、競ったファーストセットを取った後」には、セカンド序盤でトドメを!

    3セットマッチの長い試合、できればセカンドセットで勝って終わりたい・・…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    独創的で自分勝手でも、「テニス選手としてなら生きていける」は大きな勘違い

    「将来プロ選手になりたいんです」「プロコーチとして、海外で活躍…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    草トー女子ダブルス大会の壁、「デッドゾーンの魔術師」への対抗策とは?
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスでの「ポーチボレーの落とし穴」にはまって試合に勝てない人とは?
  3. テニス スライス

    フットワーク

    テニスにおける「ネットプレーで広い守備範囲」を身に付ける為に必要なフットワークの…
  4. シングルス

    調子が良い相手には、やらせて付いていけば良い
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    相手が足下のボールを処理するときは、「ボールに触られる前」までの動きで全ては決ま…
PAGE TOP