テニス 部活

テニススクール

テニススクールのアルバイトで、「自分より上手い人にアドバイスをしなといけない」ときに使える話し方5つ

学生時代にテニススクールのアルバイトコーチをしていた私は、本当にたくさんの場面で成長させてもらったと思っています。

中でも、「自分より絶対に上手いだろ、この人・・・」という人にも、何かしらアドバイスしないといけない。

そんな瞬間を乗り越えていくことで、自分のテニスを見つめ直すきっかけにもなる。

読者のみなさんの中にも、同じようにテニススクールでアルバイトコーチをしている方、いるんじゃないでしょうか。

または実績のある後輩が入部してきた、というようなシチュエーションでも使えるはず。

言葉一つで、相手に与える印象も違う。

今回は「言い出し方」の部分で、私が過去に使っていたパターンを紹介していきます!

 

テニススクールのアルバイトで、「自分より上手い人にアドバイスをしなといけない」ときに使える話し方5つ

 


 

1.私は「ココ」が気になる

相手の技術的な部分、悪いと否定するのではなく「気になる」と伝えます。

実際には直した方が良いと思っていても、テニスを長くやっている人は何か意図あってやっている可能性も高い。

あくまで自分が気になった、ので聞いてみるくらいのニュアンスで話かけてみると良いでしょう。

 

2.新しい武器を増やしましょう

何かを直す、のではなく新しい技術を一緒に磨いていこうというスタンス。

テニスが上手い人でも、武器が少ない、試合でもっと色々な攻撃をしたいと考えている人は多い。

チャレンジで失敗する、そんな環境はアナタ自身から創り出してあげる。

オールラウンドなテニスに磨きをかけるのに、新しい人、特に若いアルバイトコーチからの意見は重宝してくれるはずです。

 

3.自分で気になるところはありますか?

自分の口から、自分のテニスについての感想を聞いてみる。

今実施している内容、メニューについて感じることがあれば、率直に効いてみるのも有です。

長くテニスをやっている、試合で強い人は自分の「弱み」も理解している。

そこを本人の口から引き出すこと、が出来れば「一緒に頑張りましょう!」という機運が高まりますよね。

 

4.全力で勝負しましょう

テニススクールとはいえ、生徒と本気で勝負するのも私はありだと思います。

本気の勝負が、一番の練習になるのがテニス。

アナタ自身が、コーチの立場や先輩の立場でも、やられても良いんです。

大事なのは、しっかり戦いを通じて何かを感じさせること。

ただの勝った負けた、の話で終わるのではなくあくまで技術向上の目的感を見つけるのが大事です。

 

5.まだまだ上手くなります

テニスは終わりなき旅。

「まだまだ、アナタ自身が上手くなれるんですよ」というのをしっかりと伝えることは大事。

意外と自分でも信じられない、周りからも言われる機会が無くなると、自分の成長に壁を作ってしまいがち。

アルバイトコーチや先輩、という枠を超えてアナタ自身がしっかり伝えてあげれば、熱意は伝わるでしょう。

 

遠慮は要りませんが、気遣いは必要。

ただ、「自分よりテニスが上手い」と思い込み過ぎることは、きっと良い結果を生まないでしょう。

アナタ自身、本気でその人のことを考えれば知恵が出る。

「この人は上手いからな・・・自分なんて・・・」と逃げないこと。

それがアナタ自身の、一番の成長の糧になるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    テニススクール

    生徒を上達に導けないテニスコーチは、いつも自分の満足度最優先

    最近、すごくまた考えるんですが・・・。テニススクールって、テニ…

  2. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?

    中学生や高校生の皆さんの中には、大きく分けて2パターン、テニスを鍛える…

  3. テニス 指導

    テニススクール

    目上の人でもコーチでも、「分からないことを、聞き返す」のはコミュニケーションの基本

    人と人、の間にテニスはある。ボールを打ち合うのもそうだし、教え…

  4. テニス 調子

    テニススクール

    コーチ次第、じゃなくて、自分次第ですから

    部活やサークルでは少ない機会かも知れませんが、担当コーチが変わる、とい…

  5. テニス メンタル

    テニススクール

    コーチや先輩に「本音」を伝えられなければ、アナタのテニスは変わらない

    テニスは自分で考えること、工夫することが大事。このサイトで何度…

  6. テニス

    テニススクール

    テニススクール生がセンターケア出来ない、本当の理由

    ダブルスの試合で、特に必要なセンターケア。2人の間を守る、のは…

特集記事

  1. ボレー

    「絶滅危惧種を救え!」テニスにおけるネットプレイヤーの未来
  2. テニス ロブ

    練習メニュー

    テニスコートを効率良く使って行う、「2対1のボレー対ストローク」の練習メニュー
  3. テニス テイクバック

    リターン

    リターンのときに、「バックハンド側に高く弾むサーブ」をしっかり抑えて返球するコツ…
  4. テニス サーブ

    ボレー

    今一度、基本から見直したい、「ファートボレーがグダグダになってしまう人」の改善策…
  5. テニス 試合

    メンタル

    どんなに強い相手でも、相手の技術に押されて負ける試合というのは少ない
PAGE TOP