テニス 部活

テニススクール

テニススクールのアルバイトで、「自分より上手い人にアドバイスをしなといけない」ときに使える話し方5つ

学生時代にテニススクールのアルバイトコーチをしていた私は、本当にたくさんの場面で成長させてもらったと思っています。

中でも、「自分より絶対に上手いだろ、この人・・・」という人にも、何かしらアドバイスしないといけない。

そんな瞬間を乗り越えていくことで、自分のテニスを見つめ直すきっかけにもなる。

読者のみなさんの中にも、同じようにテニススクールでアルバイトコーチをしている方、いるんじゃないでしょうか。

または実績のある後輩が入部してきた、というようなシチュエーションでも使えるはず。

言葉一つで、相手に与える印象も違う。

今回は「言い出し方」の部分で、私が過去に使っていたパターンを紹介していきます!

 

テニススクールのアルバイトで、「自分より上手い人にアドバイスをしなといけない」ときに使える話し方5つ

 


 

1.私は「ココ」が気になる

相手の技術的な部分、悪いと否定するのではなく「気になる」と伝えます。

実際には直した方が良いと思っていても、テニスを長くやっている人は何か意図あってやっている可能性も高い。

あくまで自分が気になった、ので聞いてみるくらいのニュアンスで話かけてみると良いでしょう。

 

2.新しい武器を増やしましょう

何かを直す、のではなく新しい技術を一緒に磨いていこうというスタンス。

テニスが上手い人でも、武器が少ない、試合でもっと色々な攻撃をしたいと考えている人は多い。

チャレンジで失敗する、そんな環境はアナタ自身から創り出してあげる。

オールラウンドなテニスに磨きをかけるのに、新しい人、特に若いアルバイトコーチからの意見は重宝してくれるはずです。

 

3.自分で気になるところはありますか?

自分の口から、自分のテニスについての感想を聞いてみる。

今実施している内容、メニューについて感じることがあれば、率直に効いてみるのも有です。

長くテニスをやっている、試合で強い人は自分の「弱み」も理解している。

そこを本人の口から引き出すこと、が出来れば「一緒に頑張りましょう!」という機運が高まりますよね。

 

4.全力で勝負しましょう

テニススクールとはいえ、生徒と本気で勝負するのも私はありだと思います。

本気の勝負が、一番の練習になるのがテニス。

アナタ自身が、コーチの立場や先輩の立場でも、やられても良いんです。

大事なのは、しっかり戦いを通じて何かを感じさせること。

ただの勝った負けた、の話で終わるのではなくあくまで技術向上の目的感を見つけるのが大事です。

 

5.まだまだ上手くなります

テニスは終わりなき旅。

「まだまだ、アナタ自身が上手くなれるんですよ」というのをしっかりと伝えることは大事。

意外と自分でも信じられない、周りからも言われる機会が無くなると、自分の成長に壁を作ってしまいがち。

アルバイトコーチや先輩、という枠を超えてアナタ自身がしっかり伝えてあげれば、熱意は伝わるでしょう。

 

遠慮は要りませんが、気遣いは必要。

ただ、「自分よりテニスが上手い」と思い込み過ぎることは、きっと良い結果を生まないでしょう。

アナタ自身、本気でその人のことを考えれば知恵が出る。

「この人は上手いからな・・・自分なんて・・・」と逃げないこと。

それがアナタ自身の、一番の成長の糧になるでしょう。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニススクール

    ボレー練習、無意味なのはコチラ

    普段の練習、本当に試合で使えるものかどうか。結構、意識しないと…

  2. テニス ガット
  3. テニス メンタル

    テニススクール

    良い台になれる人、こそ練習の主役になれる

    良い練習、が出来ているチームは強い。でも、テニスにおける良い練…

  4. テニス ストローク
  5. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、「球出し練習で先頭」に並ぶ人

    テニススクールのクラスの練習、参加していると大抵流れは決まっている。…

  6. テニス サイト

    テニススクール

    「多分こういうことだろう」を、レッスンでは捨てよう

    テニススクールでのレッスン、この発想になったら要注意です。確か…

特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    皆さんアンケートのご協力、ありがとう御座います!
  3. 戦術

    自分がしっかり満足出来るショット、なんて1試合で3球くらい
  4. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!
  5. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合の中で、「相手の当り損ないは仕方ない?」けど、打球音を聞けば判断早く…
PAGE TOP