テニス メンタル

メンタル

テニスの試合に出るとき、「自分にかかるプレッシャーの種類」を把握しておくと大舞台でも対応できます

試合は緊張する。

だからこそ面白いし、勝ったときに嬉しい。

特にテニスは、引き分けというのが無いスポーツ。

タイブレーク制度で、最後は強引に決着を着けてしまう残酷なもの。

そこに潜む「プレッシャー」について、試合以外の時間で考えておくことはたくさんあるかも知れません。

実際の試合になったときに、もしかするとその準備が、アナタ自身を助けてくれるかも・・・。

今回は3つに分けて、テニスの試合における「プレッシャー」について考えてみます。

 

テニスの試合に出るとき、「自分にかかるプレッシャーの種類」を把握しておくと大舞台でも対応できます

 


 

1.試合会場でのプレッシャー

団体戦では、アウェイな雰囲気になることもしばしば。

相手の応援団が圧倒的に多い状況で、アナタはテニスをしたことがありますか?

毅然とした態度で、セルフジャッジもしっかり出来ますか?

こういった雰囲気になれるのには、トレーニングが必要。

他スポーツの観戦に行って、あえて「相手側」の席を体感してみたり、練習試合で「相手のみ応援される」みたいな経験を積んでおくのも良いでしょう。

後は、全て「自分の応援」だと思い込んでしまうのも手。

いずれにせよ、テニスの試合で勝ち抜くうえで「会場」からは何かしらのプレッシャーがかかるものだと認識しておきましょう。

 

2.対戦相手からのプレッシャー

試合巧者の相手、上位のシード選手は、はっきりとアナタにプレッシャーをかけてくる。

それはネットプレーであったり、ポイント間で時間を取ったるする、細かいことかも知れません。

彼らは、勝つ為には「相手にプレッシャーをかけて、ミスをさせる」ことが一番効率的だと知っているのです。

であれば、それを跳ね除けるような考え方と技術が必要。

攻撃に対しても冷静に、客観的に判断して逆にアナタがプレッシャーを相手にかけていく。

この心理戦に勝利しなければ、試合で勝ち進むのは難しいでしょう。

 

3.自分自身へのプレッシャー

試合で何か上手くいかない、スコアが離れていってしまう・・・。

そんなときに、自分自身へのプレッシャーで押しつぶされてしまいそうになった経験はありませんか?

「あんなに練習したのに・・・」と、悔しい想いばかりが湧いてきて試合どころではなくなってしまう。

それでは強いテニス選手にはなれません。

自分自身にプレッシャーを感じたときには、大きく深呼吸をして「今、出来ること」に目を向けてみましょう。

目の前の1ポイントを、まずは必死で獲りにいく。

良いプレーが戻ってくれば、自信が戻りプレッシャーからも解放されるはず。

楽しんで自分と会話できるくらい、このプレッシャーを味わってみて下さい。

 

「メンタルの弱さ」は、具体性の無さから生まれます。

誰しも、しっかり整理して準備出来れば、試合中も冷静になれる場面があるはず。

もちろん、それでもプレッシャーに負けてしまうことはあるでしょう。

でもそれならそれで、新しい対処法を考えるだけ。

プロ選手だって、みんなこのプレッシャーと戦っているのです。

さぁ、逃げずに戦う準備を仕込んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「いつでもピンチは、チャンスに変わる」テニスは不思議とそんなスポーツです

    テニスというスポーツは怖い。リードしていても、一瞬の隙が逆転の…

  2. テニス ハードコート

    メンタル

    試合でどうしようもなく緊張するときには、「結果は既に、決まっているもの」と考えてみよう

    どうやっても、テニスの試合は緊張する。それは、大事な試合で避け…

  3. テニス 雨

    メンタル

    「マナー違反ギリギリの行為」で対戦相手を惑わそうとしても、結果的に自分たちの首を絞めるだけ

    「サーブを打とうとしたら、相手ペアの前衛がサービスエリアに入ってきて邪…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    失敗の雰囲気が無い人は、信用出来ない気がする

    みなさん、一緒にテニスをしていて・・・こういう雰囲気の人、どう思います…

  5. テニス 感覚

    メンタル

    スランプ脱出の鍵は、過大評価してしまう過去からの決別が一番

    「自分はこんなもんじゃない・・・」と、スランプに悩むみなさん。…

  6. テニス 練習

    メンタル

    嫌いな練習ほど、真剣にやって早く終わらせてみたら?

    テニスが上手い人は、きっとどんな練習も高いモチベーションで一生懸命・・…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で使いたい、フォアハンドの切り返しクロスショットのコツとは?
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「必要性を理解していない練習」は、ただの作業である
  4. テニス メンタル

    メンタル

    いつか必ず経験する「標高が高いテニスコート」で試合ときの注意点4つ
  5. テニス メンタル

    その他

    自分よりテニスが上手い人の中に入れば、「その場の空気と緊張感」だけで上手くなる可…
PAGE TOP