フットワーク

腰を落とせば、大股で足が出る

あと一歩、もう少しでボールが届きそうなのに届かないような場面、悔しいですよね。

試合では、本当にあと数cmという世界で、勝敗が分かれたりします。

でも、これって何かを変えない限り、ずっとその差は縮まらない。

アナタ自身に必要なことは、意識改革。

フットワークの出だし、構えから変えていけば、まだまだ触れる範囲は拡がりますよ。

 
 

腰を落として、一歩目を大きく

膝から出していく!

何より、まず一歩目を大きく!

これは、試合での良い反応の大前提です。

遠くのボールを追うのに、最初の出だしで一気に距離を詰める。

その後に、細かい調整が必要であれば、する。

最初から小さい足で動いていては、そもそも追いつけないですよ。

まず大股に、膝から反応していくことが大事、です。

最後に大股、の人が多過ぎ

実際は、これです。

最初の出だしで足を小さく動かして、最後に大きく踏み込んで合わせる。

逆、じゃないですかね?

本来は、最後に小さく合わせる方が良い打ち方が出来る。

最初にしっかり、腰を落とした状態から膝を出して大きく一歩、本当に1メートル以上は動けるように。

これを意識することで、かなりフットワークは改善されますよ!

背筋は伸ばしておくこと

良い反応は、良い姿勢から。

背筋を伸ばしておかないと、頭から突っ込むようなフットワークになりがち。

これは、常に意識しましょう。

前傾姿勢になっていたりすると、足からの反応が出来ない。

大きな一歩目が出せない状態になっているんです。

試合で、特にネットにいる状態では、これは致命的ですよ。



足を出すと同時に、ボールの軌道の後ろに入る

ラケットセットまで一気に

足を出す、と同時にラケットセット。

ここで、ボールの軌道の延長線上にしっかり入ること。

これが出来れば、もうボレーなんかはほぼ完成ですよね。

しっかり一歩目を大きく出す、ここで一気に距離を縮めて打てる態勢に入る。

実際は、もう1歩、2歩動くこともありますが。

まず最初の一歩目の精度が、何より大事なんです。

スタンスが狭いと、大きく出ない

足幅が狭い状態からは、大きく足を出せない。

せめて肩幅くらいは開いている状態から、しっかり動かせるように。

狭いスタンスからは、最初の一歩目でパワーが生まれないんです。

だからこそ、構えは腰を落として、リラックスした状態で姿勢を良く待てるように。

テニスの基本ですが、意外とここから怪しい人が多いような気がします。

軌道に先回り、を一気に!

イメージは、これです。

相手のボールの軌道の後ろに、一気に先回り!

ストロークでも、最初の一歩でもう勝負は決まる。

ボレーなら、尚更ですね。

大股でいきましょう、思い切ってい大きく動きましょう。

そこからテニス自体が大きく変わっていくはず、です。

   

お勧めの練習法

遠い場所の球出し、一歩目の反応

遠い場所への球出しを、練習しましょう。

最初の一歩目を、大きく出す、とにかく大きく動くことが大事。

腰を落として、目線を落としておく。

その状態から、スタートの速度がどの程度変わるのかを意識してみて下さい。

今までとの違いを感じること、が狙いです。

ネットプレーでの反応を鍛える

大きな一歩目の反応は、ネットプレーでの反応でこそ鍛えられます。

思い切って、遠い場所の球出しをこちらも練習してみる。

しっかりと遠い場所に入って打てる、この感覚を養う練習をしてみて下さい。

触れる場所、に出す球出しでは意味がない。

思い切って、触れなくても良いくらいの場所に出してみる、ような練習でやってみて下さい。

思い切って遠い場所、に近付く自信を

試合の中で、一歩目を大きく出していく。

これで、触れる範囲が拡がるという自信をしっかり身に付けて欲しい。

意外と、「ここまで返せるんだ」と気付けると思います。

そうなると、すごく試合でも自信が持てるんですよね。

一歩目を大きく出せれば、それだけで自分に勇気も生まれる。

ぜひ、意識してみて下さい。



良い攻撃は、良い守備から。

粘りのプレーは得意じゃないという方も、守りが出来ると攻撃にも良いリズムが生まれる。

そもそも、試合を作るということが出来ますからね。

一歩目を大きく、それで世界は変わります!

ピックアップ記事

  1. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    自分から速い球を打って、「返されると反応出来ない」のは、テニスで一番みっともない

    テニススクールや高校の部活動で、よく見る光景。テニスのルールの…

  2. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットプレーに苦手意識がある人は、下半身を身軽にする意識が大事

    前衛でのプレーが苦手な人は、どこが違うのか。上手い人を見ている…

  3. テニス スライス

    フットワーク

    身体を内側に向けることが出来ないと、テニスで必要な視野は身に付かない

    「上手い人って、何であんなにコート全体が見えてるんだろう?」って、思い…

  4. フットワーク

    滑りやすいコートで使える「スライドフットワーク」は、コレがポイント!

    砂が多く滑りやすいテニスコート、オムニコートやクレーコートで多いですよ…

  5. テニス メンタル

    フットワーク

    テニスの試合で「ボールへの反応を速くしたい!」と思う人に贈る4つのヒント

    試合で相手のボールに対して「反応が速い人」と「遅い人」がいます。…

  6. テニス サーブ

    フットワーク

    打った後素早く戻るには、頭の位置をキープするのが一番

    打った後に、どうやって早く戻るのか。この問題、について考えてい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    テニスでは、「綺麗なポイントやスーパーショット」が多い選手ほど試合で勝てない
  2. テニス メンタル

    リターン

    思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事…
  3. テニス スポーツ

    メンタル

    だた何となく「返球しているだけのテニス」で、勝とうと思うから難しいのです
  4. テニス サーブ

    練習メニュー

    テニスの試合で必須な「グランドスマッシュを安定させる」為のラリー練習メニュー
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの攻撃力を高めたいなら、相手が打つ直前にポジションを微調整出来るようになろ…
PAGE TOP