テニス スマッシュ

スマッシュ

テニスの試合で「浅いボールをスマッシュで打ちにいく」のは簡単ではないので注意が必要です

スマッシュは深いロブに対応するケースが多く、浅いボールはあまり練習する機会が無いかも知れません。

それでも実際の試合では、前に動きながらスマッシュするケースもありますよね。

これ、実は下がって打つときよりも注意が必要です。

前に移動する勢いをコントロールしないと、チャンスを決めれずに終わってしまうことになる可能性大、です。

 

テニスの試合で「浅いボールをスマッシュで打ちにいく」のは簡単ではないので注意が必要です

 


 

■浅いボールをスマッシュするケースって、どんなとき?

相手がロブを打とうとして、こっちは下がり始めていたけど当たり損ないで浅くなった・・・。

そんなケース、ダブルスでもよくありますよね。

「チャンスだ!」と思って勇んで前に行きますが、この形のスマッシュって、意外と練習していないし難しい。

焦ってしまって「決めないといけない!」というメンタルになってしまうと、もう抑えが効かないスマッシュになってしまいます。

 

■身体が前のめりにならないように、前への動きも姿勢よく素早く!

前にボールがあると、どうしても人は安心感を覚えてしまいます。

速く構えてボールを打てる場所に動かないといけないのに、ゆったり動いてしまって打点が遅れてしまう。

結果、ラケット面が上を向いてアウトしてしまうというケースが、前に動いてスマッシュを打つときには多いようです。

浅い!と思ったら、姿勢良く素早く横向きを作って前に入りましょう。

高い打点で捕えなければ、浅いボールのスマッシュもミスの可能性が高くなるのです。

 

■ロブに高さがあれば一度落としてグランドスマッシュに

高さがあって前にスペースがあれば、グランドスマッシュに切り替えましょう。

構えは速く済ませておいて、足を動かしてボールに入る。

相手のロブにスライス回転がかかっていれば、しっかりボールの落下点に近づいて準備しましょう。

グランドスマッシュは相手もしっかり下がって待ち構えていますので、一発で決めようとしないこと。

ダブルスではセンターのコースを有効活用して、こちら側の優位が崩れないように丁寧に攻めていきましょう。

 

■男性であれば、思い切ったダンクスマッシュも有り

ただし、スコアによって・・・です。

かつてサンプラス選手が得意にしていた、このインパクト抜群のショットは、当然リスクもあります。

ですがそれ以上に、決まると試合の流れや観客の応援を一気に持ってこれる可能性もあるショットですので、スコアに応じて使ってみて下さい。

コツとしては、しっかりジャンプすることと、手首のスナップを効かせて腕を振り過ぎないこと。

コートの浅い場所に叩きつけて、ボールをコート外に出すイメージで実践してみましょう。

 

テニスの試合において、強い選手はこういった浅いチャンスボールを逃しません。

スマッシュは前に動きながら打つ時に、身体が前に倒れがち。

学生の皆さんは、特に背筋を意識して普段からトレーニングを積むと、こういったイレギュラーな動きにも対応しやすくなります。

そして常に、「スマッシュは下がりながら打つもの」というような先入観は捨てて練習することが大切。

打てるボールは、全てスマッシュで。

試合で勝つ為に、色々なシチュエーションを想定して準備しましょう。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは最後、後ろにジャンプ!で安定する

    スマッシュが苦手な人、苦手意識のある方は、ちょっとイメージしてみて下さ…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュがなぜ難しいのか、一番はコレです

    上手い人は決める、そうじゃない人はミスする。これが一番差になる…

  3. テニス コート

    スマッシュ

    「スマッシュ、チャンスか否か・・・。」テニスの試合ではコースを隠すことでチャンスが増える!

    スマッシュはチャンスか否か・・・。俺の見解としてはチャンスだな…

  4. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、スマッシュは深く打てない

    「ロブが上がると、どうしても怖くてハイボレーでカットしてしまいます」…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュ練習で必要な奥に深く打つ意識は、まずは「アウトを怖がらない姿勢」から養おう

    スマッシュのレベル、はどこで測るのか。私は一つの基準として、し…

  6. スマッシュ

    高いロブでのスマッシュは、「自分のイメージよりも早く」上方向にラケットを降り出そう

    高いロブ、皆さんはスマッシュでしっかり打ち切れていますか?高い…

特集記事

  1. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技
  2. 戦術

    テニスにおける攻撃の基本は、相手の選択肢を絞っていくこと
  3. テニス ラケット

    メンタル

    「ガットを見つめて集中力アップ!」は、やらないと損
  4. テニス ストローク

    リターン

    相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにい…
  5. スマッシュ

    スマッシュの基本、「ラケットを持つ腕の肘を高く」保てば、ネットミスは激減します!…
PAGE TOP