ストローク

「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット

楽天ジャパンオープンが開幕し、日本で世界トップレベルのテニスが観れる熱い時期になりました。

ぜひ、みなさんにも注目してもらいたいのが最先端のストローク技術。

中でもハードコートでのオープンスタンスの使い方は、学生の皆さんにもぜひ身に付けてもらいたい技術です。

 

「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット

 


 

1.上半身の捻りで準備完了!コースを隠せる

早い準備がストロークには不可欠ですが、展開の速い現代のテニスではその重要性は増しています。

上半身の捻りからコースを打ち分けるオープンスタンスのストロークは、深いボールでもコントロールが可能で女性でも使える技術。

左右の足をしっかりボールの軌道の後ろ、延長線上に運んで、その際には上半身の捻りが完了している状態を作っておきましょう。

 

2.浅いボールも利き腕と同じ脚を出すことで、アプローチショットが打てる

浅いボールを処理する技術では、まさに現代テニスの象徴。

過去に女子選手ではヒンギス選手がいち早く取り入れて、もはや男女共にプロ選手から一般プレイヤーのスタンダードに。

足を前後にセットしたオープンスタンスから、相手コートにボールを打ち込んでいく攻撃的なプレーを身に付けましょう。

このときにも、上半身を捻ってコースを隠す意識は大切です。

 

3.脚を滑らせてギリギリ後ろに入ったボールでも、しっかりコントロールできる

走らされるテニスにおいて、反撃の機会は逃したくないもの。

オープンスタンスでは、ギリギリ追いついたボールでも、打点さえ前に取れればしっかりコントロールができます。

ボールがきた方向の左右の足を斜め後ろに出せば、深いボールにも下半身でしっかり壁を作って返球。

この技術が身に付けば、ベースラインから下がり過ぎずにポジションをしっかりキープできることにも繋がります。

 

4.ベースライン前からライジングショットによる、速いテンポでの連続攻撃が可能に!

ディフェンスにも適しているオープンスタンスですが、攻撃にも最適です。

マレー選手、錦織選手はベースライン上からオープンスタンスでストロークを展開し、相手を揺さぶるプレーを得意にしていますよね。

まさに、ライジングショットとの相性はバツグンです!

ネットプレイヤーに対しても臆することなく、パッシングショットを打っていけるよう練習しておきましょう。

 

初中級のプレイヤーの方は、まずはフォアハンドからしっかり練習すると良いでしょう。

バックハンドは片手・両手の方共に、上半身の使い方が少し難しいうえ、オープンスタンスばかりでは力が入り辛いのも事実です。

少し余裕があれば、テニスではもちろん踏み込んでスクウェアスタンスに変えて、パワーを乗せていくことも大切。

自分で判断が早くできるよう、しっかり練習しておきましょう!

 

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス 予測

    ストローク

    自分のテニスの調子が「良いとき、悪いとき」には、試合中にどうやって調整すれば良い?

    試合の中で、調子が悪いと感じるのはどんな時か?きっとコントロー…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    グリップチェンジは、テイクバックのスタート時に!

    意外とみなさん、遅いです。テニスでは、グリップ選びこそ、「ショ…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント

    現代のテニスで大きな武器の一つが、回り込んでのフォアハンド。錦…

  4. ストローク

    浅いボールで崩すから、ストロークも崩せる

    相手のストロークに安定感がある、調子が良さそう。こういう時に、…

  5. ストローク

    「すぐにでも試合で勝てるようになりたい!」人は、ストロークで回り込みフォアハンドを徹底してみて下さい…

    「すぐに試合で勝てるようになりたい!」と、思っている方は多いと思います…

  6. ストローク

    フォアハンドストロークのパワーアップ、左手使えてる?

    どんなに戦術、ポジショニング、予測を鍛えても、これを怠ってはいけない。…

特集記事

  1. ボレー

    低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット
  2. ダブルス

    ダブルスの試合で「後衛がワイドに打ったら、前衛は・・・?」の問題について
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「前を向かない」だけで、サーブの精度は格段に上がる
  4. サーブ

    センターへサーブを打つ、ということは・・・どういうこと?
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打った後の着地足は、「基本は前足着地」を意識してしっかりジャンプしてみよ…
PAGE TOP