シングルス

「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ

試合に慣れている人、トーナメントで勝ち進む人は、事前の準備に余念がありません。

テニスの技術にはどうしてもミスは付き物。

それ以外の部分を、いかに効率良く準備ミスを減らせるかが大切です。

基本的な項目のみのですが、改めて確認してみましょう。

 

「試合で勝てる人は、実践している!」シングルスの試合で必要な基本準備5つ

 


 

1.会場と対戦相手のできる限りの調査

試合会場が初めて行く場所であれば、できれば一度足を運んでおきましょう。

交通経路や、コンビニはあるか、またトイレの場所も重要です。

対戦相手も、今やインターネットで実績を色々調べることができます。

テニスクラブの所属であれば練習試合慣れしている、スクールであれば基本的な技術はしっかりしているな・・・という想定が立てられるはずです。

 

2.自分に合った水分・糖分補給の準備を

ドリンクに関しても、自分に合ったものを事前に研究して選んでみると良いでしょう。

市販のスポーツドリンクは糖分が高めですので薄めて、プラスで補えるような捕食も必要です。

テニスではバナナが一般的ですが、最近ではランニング選手用のサプリや痙攣を防ぐような商品も出ています。

多少のお金をかけてでも、自分で試して研究する習慣を付けて下さい。

周りの意見や情報も大切ですが、アナタ自身の感覚が一番重要です。

 

3.充分な着替えウェアと予備の数々は必須

着替えのウェアが足りない人をよく見ます。

トーナメントで勝ち進むことを想定して、多過ぎるくらい準備しましょう。

アンダーウェアも同じく必須。

毎回新しい渇いたウェアで試合に臨むだけで、疲労度はかなり軽減されます。

 

4.テニスノートは試合中に使おう!

普段記録しているテニスノートは、試合会場でこそ力を発揮します。

漫画「ベイビーステップ」の主人公のようにチェンジコート中に書くのはしんどいですが、せめて見返すようにしましょう。

そして試合の合間には、アナタが一番「良い」情報を記録できるチャンスです。

家でやろうと思っても、大抵できません。

出来たとしても、その鮮度は落ちていることを自覚しましょう。

 

5.不測の事態への心構えはできているか?

試合会場では、どんなことが起こるか分かりません。

電車が遅延するかも知れないし、雨で試合会場が変更になるかも知れません。

試合中には、ジャッジで揉めることもあるでしょう。

こういった場面を、どう乗り越えるかを自分の中で常にイメージして準備しましょう。

一般のテニスのトーナメント大会において、想定外のことは想定内なのです。

 

「そんなの当たり前じゃないか・・・」と、言われるようなことばかりでしたね。

それでもこういった項目をもっともっと掘り下げていくことで、アナタ自身の独自の「マニュアル」のようなものができてきます。

濃いルーティーンを作れば、試合でも強くなれます。

しっかり準備して、大事な試合に臨みましょう。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. シングルス

    シングルスで疲れてきた時こそ、球筋を上げよう

    シングルスの試合、疲労度が溜まる終盤。これは、本当に精神戦です…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「自分がサーブのとき、0-40になってしまった・・・」ときに必要な考えとは?

    試合のシチュエーションを考えながら、日々練習をすることはとても大切。…

  3. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合で身に付けておきたい、両者ネット際での攻防を制するコツ4つ

    シングルスでは守るコートが広い。横はもちろん、前のスペースも自…

  4. 食事

    シングルス

    シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る

    テニスの試合は、ダブルス中心。私の肌感覚では、T-PRESS読…

  5. テニス フットワーク

    シングルス

    レベルの高いシングルスの試合では試してみたい、「ドロップボレー誘導作戦」とは?

    ネットに出て行ってドロップボレーをよく使う。どういう時にドロッ…

  6. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスには出ない」人ほど、ダブルスの試合も走れてない

    社会人、特に40代以上の方はほとんどがダブルスプレイヤー。試合…

特集記事

  1. スマッシュ

    「逆クロス方向への構え」を基本に考えると、スマッシュはもっと楽に打てる!
  2. テニス ストローク

    サーブ

    試合で1発目のファーストサーブ、で全ては決まる
  3. テニス メンタル

    メンタル

    敗けた試合で、「自分のテニスが出来なかった・・・」と感じている人は、「なぜさせて…
  4. 戦術

    テニスの試合で洞察力を鍛えるには、「まずは相手のグリップにあるヒント」を見逃さな…
  5. テニス 準備

    ストローク

    テニスにおいてストロークで「低く滑るスライス」を沈めて返球するには、かなりの技術…
PAGE TOP