テニス サーブ

サーブ

流れるような美しいサーブ、はどうやったら打てるのか?

サーブが安定している人は、打っているフォームに無理が無い。

流れるように、サラッと良いサーブ、を打つ方は試合でも強いですよね。

この流れるように美しいサーブ、はどうやって打つことが出来るのか?

その為に、見直したい基本はシンプルです。

 

流れるような美しいサーブ、はどうやったら打てるのか?

 


 

1.トスは低め、がオススメ

トスが高いと、その時点で動作が止まる。

男性のパワーサーブなら、こういう打ち方もありかも知れませんが、私はお勧めできません。

トスは低めで、トスアップと同時にラケットが上に動き出して、そのまま打つような感じで良いと思います。

トスアップ→沈む→上方向に打つ、という動作をつなげることが大事。

サーブのリズムが悪い人って、それぞれが全て、切れてるんですよね。

トスを上げてからラケットをかついで、膝を曲げて伸び上がっていく・・・みたいな感じで。

これでは、サーブは安定しません。

 

2.トスは前に上げるから、良い流れで打てる

もう一つ、トスを上げる位置ですね。

これは、ハッキリとコートの内側、ベースラインから30cmくらい内側が良いでしょう。

前に入っていく、サーブ&ボレーのようなイメージが大事。

サーブ&ボレーのサーブって、すごくシンプルで美しい人が多い。

これは、前にいく動作とつなげているから自然とサーブもシンプルに、無理のない感じになるんですよね。

サーブを打ってその場にとどまる、というのは、実はリズムが取り辛い。

サーブを打って少し前に出る、くらいの意識でいくと、流れるようなフォームを作りやすいと思いますよ。

 

3.サーブを打ったら、ラケットはすぐに胸の位置に

流れるようなサーブ、の後の動作はどうでしょう。

上手い人って、サーブを打ち終わった後に、ラケットがすぐに胸の前に来る。

構え直しが早いから、サーブもコンパクトになって美しいんです。

下まで思いっきり振るようなサーブ、は入ったとしても構え直しが難しいので厳しい。

サーブを打ったら、自然とラケットが自分の胸の前に収まる感じ。

これを意識するだけで、かなり良い流れが出来ると思いますよ。

 

4.全体的に、軽やかで力を入れていない

サーブはまず、しっかり入れること。

振り切って回転をかけて、力まずに軽やかに打つことが大事です。

全体的に、相手にリターンさせるくらいの意識でOK。

流れるように打っている人は、その次からのラリーに集中してますからね。

6割くらいの力、で良いんじゃないでしょうか。

トスを低めで前に上げる、打ったらコートの中に入って胸の前にラケットセット。

この流れ、意識してみて下さい。

 

シングルスの試合なら、1試合で何本もサーブを打たないといけない。

それに、デュースが続くと、サーブを打つことでの消耗も激しいですよね。

軽やかに打って、無理が無い、流れるようなフォーム。

一緒に、考えていきませんか?

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーでは、「打ちながら前に出る?打ってから、前に出る?」の疑問について

    サーブ&ボレー、を普段から使っている方はダブルスの試合に出ている方でも…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    「ダブルスでサービスキープ率を上げたい!」ために必要な4つの意識と準備を考えてみる

    ダブルスの試合で、サービスゲームのキープをリズム良く進めていきたい。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合は、「4回に1回は自分のサーブ」だから・・・?

    ダブルスの試合、自分のサービスゲーム。これは、4回に1回、必ず…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「年齢や男女問わず、試合で使えるスライスサーブ」は、トスの高さを少し低めに調整しよう!

    スライスサーブ、と聞くとどんなイメージですか?「左利きの人が得…

  5. テニス 環境

    サーブ

    私たちのサービスエースは、「前衛が決めること」である

    ダブルスの試合での、サービスゲーム。みなさんはサービスエースっ…

  6. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブを考えるなら、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識しよう

    皆さんは、ダブルスの試合とシングルスの試合、何かサーブを変えていますか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ストローク

    引っ張るようなストロークでは、いつまでもクロス方向へ打てない
  2. テニス リターン

    リターン

    試合の中でリターンが崩れていくときは、まず身体の開きを抑えよう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークを打つ上での基本、「腕を伸ばして打点を前」を確認しておくとライ…
  4. テニス ボレー

    その他

    「こっち側には絶対来ない!」と思い切れるかどうかが、テニスの試合では予測力の差に…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの前衛の基本ポジション、理解出来てる?
PAGE TOP