ボレー

「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れる

テニスにおいて、ネットプレーでポイントが獲れない選手に共通しているのが「慌ててしまう」こと。

練習ではしっかり出来ているのに、試合になると途端にテイクバックが大きくなったり足が出なくなったり、精神的に余裕が無いような人が多いです。

今回はネットプレーでも落ち着いてプレーできるよう、スピードを落としたボレーでポイントを獲ることについて考えてみます。

 

「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れる

 


 

■ボレーのコースの打ち分けは難しくない

ストロークよりも難易度が高いと思われがちのボレーですが、横向きを作ればコースの打ち分けは難しくないのです。

手首やラケット面だけでコースを変えようとすると上手くいきません。

身体全体で、肩を入れてコースを隠すイメージが大事になってきます。

 

■相手はボレーに対して「予測」して先に動いてくれる可能性大

相手がベースラインにいて、アナタがネットのポジションを取っている場合、攻撃的に優位に立っているのはアナタです。

ですので焦ってエースを狙う必要は無く、その優位性を保ったままでポイントを押し切れればOK。

相手は追い込まれていると感じて、予測して先に動いてくれるかも知れません。

だからこそ、しっかりボールを引き付けて逆を付けるイメージを持ちましょう。

横向きでスライスボレーを身に付ければ、難しくありません!

 

■スライス回転のボレーは、ラケットの出し方でコースの変更が可能に

スライス回転のボレーは、スピードを落として安定させるだけではなく、コースを最後まで隠せるというメリットがあります。

ローボレーでも、ラケットヘッドを落としてボールの横・後ろを触ることで、ストレートやクロス、逆クロスへの展開が可能です。

その為にも、横向きと同時に目線を落とせる低い態勢は必須です。

普段のボレーの練習から、しっかり腰を落としておきましょう。

 

ネットプレーこそコースで勝負!です。

パンチ力のあるボレーももちろん必要ですが、まずはコースを徹底的に突けるコントロールを磨きましょう。

シングルスでもダブルスでも、このベースを基に、スピードアップやドロップボレーへ進化させていけます。

緻密なコントロール、できるとネットプレーはさらに試合で威力を発揮します!

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス 環境

    ボレー

    ゆっくりしたロブのバックボレーカット、練習しておかないと

    簡単そうに見えて、すごく難しいショット。テニスでは、「緩いロブ…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    「ココに飛んだら、GO!」というサイン

    ダブルスの試合で、前衛で動ける人は無意識にコレが出来ているのかも。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「骨盤をけっこう意識してます」横向きに必要なテニスの動きは骨盤から!

    テニスの試合ではコースが大事。ショットのパワーも欲しいけど、ち…

  4. ボレー

    軸足が前に出ていくボレーは、試合で相当使える!

    決定力があるボレー、ネットプレー。みなさんも、試合で取り入れ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    試合の緊張した場面では、「勝負はあくまでネットプレー」で!

    試合の緊張した場面、ここぞというポイント。そんな場面でこそネッ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    相手ストロークを追い込める「深いボレー」に必要な4つの要素

    深いボレーで相手を追い込む。サーブ&ボレーからの並行陣、まず深…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスのリターン、男性は女性サーブこそコンパクトに振っていかないと
  2. テニス ロブ

    リターン

    強烈なサーブも無効化に出来る、「ブロックリターン」はしっかり身体を寄せて打とう
  3. ストローク

    伸びてくるストローク、返し方の基本
  4. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスには出ない」人ほど、ダブルスの試合も走れてない
  5. テニス メンタル

    戦術

    相手が迷っている時こそ、テンポ早く試合を進めよう
PAGE TOP