戦術

ダブルスの基本、苦しい時は遠くの相手に返球して時間を作ろう

ダブルスの試合で、相手のペースが速い時。

攻撃されて苦しい時には、まずゆったり、一旦ペースを落としたいですよね。

こういう時には、無理せず相手の後衛に返球する。

逃げる、ことを知っておけば、試合でも強いですよ。

 

ダブルスの基本、苦しい時は遠くの相手に返球して時間を作ろう

 


 

1.相手の後衛、はダブルスで逃げ場になる

特に、雁行陣だとそうですね。

相手はベースラインくらい、に後衛がいますから、一旦そちらに返せば楽。

上手く逃げる、かわすという技術は、テニスでは必要です。

強い相手だと、なかなかこの逃げも許してくれないようなケースもありますが、ほとんどのペアは前衛が単独で攻撃しているような感じ、も多い。

ですから、苦しいなと思ったら相手の後衛に返球すれば良い。

そこで、イーブンに戻せれば御の字、ですからね。

 

2.後衛に返して、自分たちはポジションを整える

でも、ただ返球するだけじゃ甘い。

相手の後衛に返球して、その間にやるべきことはたくさんあります。

自分たちのポジションを戻して、戦況を立て直すこと。

相手からの攻撃、を無効化して、「また一から、勝負だ!」という狼煙を上げる感じですね。

当然、相手の後衛は更に攻撃、を仕掛けてくるでしょう。

だからこそ、その次には良い態勢で打てるように、ダブルスのポジションを戻しておく必要があるんです。

 

3.スライスを使えると、試合ではより効果的

実際に、スライスを使えるとより効果的です。

滞空時間が長いので、時間を作ることが出来ますからね。

だからこそ、必要なのは「いつでもスライスを打てる準備」です。

相手から攻撃されていても、「後衛にスライスで返球すれば、楽なんだ」と思えますからね。

スピンしか打てないと、なかなかダブルスでは辛いですよ。

ぜひ、逃げのスライス、を普段から意識しておいてください。

 

4.攻撃されたときに、逃げるコースを常にイメージ

これが出来れば、ダブルスにしぶとさが出ます。

相手の前衛がポーチ、アナタの足下を攻撃してくるときも、「どこに逃げるのか」を明確にしておければ良い。

相手の後衛に、一旦返球出来れば充分なケースも多くあります。

慌てて、怖がって相手の攻撃に必要以上にプレッシャーを受けること、はありません。

逃げるのは、立派な戦術。

相手の攻撃を無効化出来れば、試合でも拾えるポイントは増えるはずです。

 

実際に、試合で逃げる場面は多くあります。

シングルスなら相手は1人ですが、ダブルスなら2人。

どっちに逃げるのか、を明確に出来ると試合でも強いですよ。

逆に、女子ダブルスの試合はこの逃げを、いかに許さないかも大事になります。

自分が逃げの名人になれば、自然と塞ぐのも上手くなる。

ぜひ、試合で意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. 戦術

    ディフェンス力が高い選手は、いつでも爪を隠している

    そんなに強く無さそうなのに、なぜか試合で勝てない相手、いませんか?…

  2. テニス コート

    戦術

    負けた後に試合会場に残る人は、必ず強くなる

    私がテニスの大会のレフェリーをしていた頃、に感じたこと。一般の…

  3. 戦術

    一番最初に、4番バッターをもってくる方が勝てる

    テニスの試合、スタートダッシュが肝心。私はいつも、この意識で試…

  4. 戦術

    速い段階での戦術ミスは、試合で許される

    どんなスポーツにも、共通すること。そして「試合が上手い」選手が…

  5. テニス 動画

    戦術

    「誰が見ても上手い」という選手ほど、本人はなかなか勝てないのがテニスというスポーツかも知れない

    少し前に、一緒にテニスをした人がいまして・・・。誰が見ても、「…

  6. テニス ボレー

    戦術

    テニスの試合で、崩れた相手に確実に勝つ方法4つ

    テニスの試合、相手がどんどん崩れていく・・・ようなこと、ありますよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるよ…
  2. テニス ボレー

    テニス知識

    「テンションを5ポンド落としたラケット」を準備しておくと・・・?
  3. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で対戦相手の特徴を掴むなら、「最初の対応の癖」をしっかり把握して覚え…
  4. テニス ストローク

    サーブ

    速いサーブを打つパートナーなら、リターンの球筋は割れていく
  5. テニス メンタル

    ストローク

    スピンがあるからスライス、スライスがあるからスピンが活きる
PAGE TOP