戦術

ダブルスの基本、苦しい時は遠くの相手に返球して時間を作ろう

ダブルスの試合で、相手のペースが速い時。

攻撃されて苦しい時には、まずゆったり、一旦ペースを落としたいですよね。

こういう時には、無理せず相手の後衛に返球する。

逃げる、ことを知っておけば、試合でも強いですよ。

 

ダブルスの基本、苦しい時は遠くの相手に返球して時間を作ろう

 

1.相手の後衛、はダブルスで逃げ場になる

特に、雁行陣だとそうですね。

相手はベースラインくらい、に後衛がいますから、一旦そちらに返せば楽。

上手く逃げる、かわすという技術は、テニスでは必要です。

強い相手だと、なかなかこの逃げも許してくれないようなケースもありますが、ほとんどのペアは前衛が単独で攻撃しているような感じ、も多い。

ですから、苦しいなと思ったら相手の後衛に返球すれば良い。

そこで、イーブンに戻せれば御の字、ですからね。

 

2.後衛に返して、自分たちはポジションを整える

でも、ただ返球するだけじゃ甘い。

相手の後衛に返球して、その間にやるべきことはたくさんあります。

自分たちのポジションを戻して、戦況を立て直すこと。

相手からの攻撃、を無効化して、「また一から、勝負だ!」という狼煙を上げる感じですね。

当然、相手の後衛は更に攻撃、を仕掛けてくるでしょう。

だからこそ、その次には良い態勢で打てるように、ダブルスのポジションを戻しておく必要があるんです。

 

3.スライスを使えると、試合ではより効果的

実際に、スライスを使えるとより効果的です。

滞空時間が長いので、時間を作ることが出来ますからね。

だからこそ、必要なのは「いつでもスライスを打てる準備」です。

相手から攻撃されていても、「後衛にスライスで返球すれば、楽なんだ」と思えますからね。

スピンしか打てないと、なかなかダブルスでは辛いですよ。

ぜひ、逃げのスライス、を普段から意識しておいてください。

 

4.攻撃されたときに、逃げるコースを常にイメージ

これが出来れば、ダブルスにしぶとさが出ます。

相手の前衛がポーチ、アナタの足下を攻撃してくるときも、「どこに逃げるのか」を明確にしておければ良い。

相手の後衛に、一旦返球出来れば充分なケースも多くあります。

慌てて、怖がって相手の攻撃に必要以上にプレッシャーを受けること、はありません。

逃げるのは、立派な戦術。

相手の攻撃を無効化出来れば、試合でも拾えるポイントは増えるはずです。

 

実際に、試合で逃げる場面は多くあります。

シングルスなら相手は1人ですが、ダブルスなら2人。

どっちに逃げるのか、を明確に出来ると試合でも強いですよ。

逆に、女子ダブルスの試合はこの逃げを、いかに許さないかも大事になります。

自分が逃げの名人になれば、自然と塞ぐのも上手くなる。

ぜひ、試合で意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス ミス

    戦術

    何となく、試合で相手にボールを送るときにチェックしたいポイントとは?

    「え?そんなとこまで、見るの?」と思う方も、多いでしょう。私は…

  2. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ

    試合でビビって、ラケットが振れなくなる。これって、かなりの人が…

  3. テニス メンタル

    戦術

    「次はこんなボールが来そうだな」という感覚を、磨いていかないと

    相手のボールを予測する。これって、上級者だけがなせる技、でしょ…

  4. テニス 団体戦

    戦術

    テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう

    テニスの試合に、強くなっていくということ。それは、実際にはこう…

  5. 戦術

    テニスの試合で意外と多い、「ノーアドバンテージ形式」での必勝法、を考えてみた

    ノーアドバンテージ形式、とは、通常のゲームカウントでデュース、になる場…

  6. テニス ロブ

    戦術

    あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない

    たくさん大事なこと、を書いて来ましたが、全てを試合に持ち込むのは難しい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で勝ち抜く為には、「調子が悪くても勝ちを拾っていく」テニスが出来るか…
  3. テニス 雑誌

    戦術

    作戦を決めて挑まないから、いつまで経っても試合で成功も失敗も無い
  4. テニス 気付き

    メンタル

    テニス選手として、「普通であろうとする自分」に危機感はあるか?
  5. テニス 雨

    その他

    テニスの実力は凄くても、周りに人が集まらない人の特徴10パターン
PAGE TOP