テニス メンタル

Q&A

Q&A 「試合中に緊張すると、頭の中が真っ白になります・・・。何か対策はありますか?」

試合に出始めたばかりの人、または過去に初心者だった頃に、似たような経験をしたことがある人も多いと思います。

テニスの試合は、自分サーブから始まる=ミスすると、それで終了、という緊張感がありますよね。

今回は改めて、試合でパニックにならないように、メンタルを整理しておきましょう。

 

Q&A 「試合中に緊張すると、頭の中が真っ白になります・・・。何か対策はありますか?」

 


 

■絶対的に「試合経験」が足りないケースが多い

テニスに必要なメンタルは、試合経験の中で培われます。

それも、練習試合ではなく公式戦、または負けられない戦いをいかに数多くこなしているか。

「頭が真っ白になる=未経験のゾーン」に入っているということ。

どこかで経験したことがある場面であれば、一度真っ白になっても、どこかで気付いて冷静になれるはずです。

緊張する場面を多く経験する場に、自ら足を多く踏み入れていきましょう。

 

■相手を過大評価して「自分に自信を持てなくなる」ことも

客観的に観ればさほど差が無さそうな試合でも、いざ自分がネットを挟んで対峙すると余裕が無い・・・というとき、ありますよね。

相手からすれば、ローリスクで試合を進めていれば、勝手に委縮してミスして崩れてくれる。

これほど楽な展開はありません。

相手の勢い押されてくると、自分に自信が無くなり、頭で冷静に考えられなくなります。

そういうときに一度呼吸を整えて、間を取り、「落ち着けば大丈夫、一本ずつ」という感じで、自分と会話できるような癖を付けておくことを意識しましょう。

 

■「自分のルーティーン」を決めておく

パニックになりそうなとき、アナタを助けてくれるのは何か。

それはいつも通りの自分に戻れる何か、です。

ポイント間で汗を拭く、ガットを直す、遠くの山を観る・・・など、自分で行う「いつも」の動作を決めておきましょう。

これはできるできない、ではなくやるかやらないかです。

試合に勝てる人は、必ず実践しています。

やるかやらないかは、アナタ次第です。

 

「頭が真っ白になる」という経験は、誰もが通る道です。

恐らく今トッププロで活躍する選手も。少なからず経験していると思いますし、きっと大きな大会では今でも、そうなってしまうこともあると思います。

それだけテニスというスポーツは、人間の弱い部分が見えてしまう競技。

覚悟して、それでも受け入れて、今日もテニスの試合に挑んでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. Q&A

    Q&A「ダブルスの試合で、相手のジャッジがそれぞれインとアウトで分かれました。この場合はどう…

    今回は、ダブルスで実際に起きてしまったケースで質問を頂きました。…

  2. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「周りに自分よりテニスが強い選手がいません・・・」

    今日は、大学のテニスサークルの方からのご質問について。同じよう…

  3. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「試合に出る頻度は、どれくらいが良いの?」

    アンケートにて頂いたご質問の中で、数名に頂きましたので考えてみたいと思…

  4. テニス 試合

    Q&A

    Q&A 「テニススクールに通っていますが、上達しません。なぜでしょうか?」

    今回は社会人の女性の方からのご質問です。毎月1万円前後をかけて…

  5. テニス リターン

    Q&A

    Q&A「メンタルが強いって、要は開き直るってこと?」

    アンケートにて頂いたご質問ですが、これは私もよく考えさせられるテーマ。…

  6. テニス ダブルス

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vol.3

    少し時間が空いてしまいましたが、10月にて実施させて頂きましたアンケー…

特集記事

  1. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーの基本、「手首をコックしてリラックス」の態勢を作ろう
  2. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサー…
  3. 日々の雑記

    球数制限、テニス選手にも必要
  4. テニス トレーニング

    戦術

    「あれがダメだったら、これがある」の、これの引き出しはある?
  5. 戦術

    試合で「集中」なんて、急には出来ない
PAGE TOP