テニス メンタル

Q&A

Q&A 「試合中に緊張すると、頭の中が真っ白になります・・・。何か対策はありますか?」

試合に出始めたばかりの人、または過去に初心者だった頃に、似たような経験をしたことがある人も多いと思います。

テニスの試合は、自分サーブから始まる=ミスすると、それで終了、という緊張感がありますよね。

今回は改めて、試合でパニックにならないように、メンタルを整理しておきましょう。

 

Q&A 「試合中に緊張すると、頭の中が真っ白になります・・・。何か対策はありますか?」

 


 

■絶対的に「試合経験」が足りないケースが多い

テニスに必要なメンタルは、試合経験の中で培われます。

それも、練習試合ではなく公式戦、または負けられない戦いをいかに数多くこなしているか。

「頭が真っ白になる=未経験のゾーン」に入っているということ。

どこかで経験したことがある場面であれば、一度真っ白になっても、どこかで気付いて冷静になれるはずです。

緊張する場面を多く経験する場に、自ら足を多く踏み入れていきましょう。

 

■相手を過大評価して「自分に自信を持てなくなる」ことも

客観的に観ればさほど差が無さそうな試合でも、いざ自分がネットを挟んで対峙すると余裕が無い・・・というとき、ありますよね。

相手からすれば、ローリスクで試合を進めていれば、勝手に委縮してミスして崩れてくれる。

これほど楽な展開はありません。

相手の勢い押されてくると、自分に自信が無くなり、頭で冷静に考えられなくなります。

そういうときに一度呼吸を整えて、間を取り、「落ち着けば大丈夫、一本ずつ」という感じで、自分と会話できるような癖を付けておくことを意識しましょう。

 

■「自分のルーティーン」を決めておく

パニックになりそうなとき、アナタを助けてくれるのは何か。

それはいつも通りの自分に戻れる何か、です。

ポイント間で汗を拭く、ガットを直す、遠くの山を観る・・・など、自分で行う「いつも」の動作を決めておきましょう。

これはできるできない、ではなくやるかやらないかです。

試合に勝てる人は、必ず実践しています。

やるかやらないかは、アナタ次第です。

 

「頭が真っ白になる」という経験は、誰もが通る道です。

恐らく今トッププロで活躍する選手も。少なからず経験していると思いますし、きっと大きな大会では今でも、そうなってしまうこともあると思います。

それだけテニスというスポーツは、人間の弱い部分が見えてしまう競技。

覚悟して、それでも受け入れて、今日もテニスの試合に挑んでいきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 「第2回 読者ミーティング」を開催します

関連記事

  1. テニス 試合

    Q&A

    Q&A 「テニススクールに通っていますが、上達しません。なぜでしょうか?」

    今回は社会人の女性の方からのご質問です。毎月1万円前後をかけて…

  2. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません」

    今回頂いた質問は、 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良い…

  3. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「試合に出る頻度は、どれくらいが良いの?」

    アンケートにて頂いたご質問の中で、数名に頂きましたので考えてみたいと思…

  4. テニス 練習

    Q&A

    Q&A 「部活で人数が多過ぎてテニスコートが足りない。ランニング以外に、何ができますか?」

    今回は、東京都内の高校のテニス部の方からのご相談です。私自身も…

  5. Q&A

    Q&A「シングルスで、どう戦えば良いかサッパリ分かりません」

    今回は、読者の方から頂いたご質問から。普段ダブルスをメインでプ…

  6. テニス ダブルス

    Q&A

    Q&A「ダブルスでの陣形、並行陣とダブルス前衛って、何が違うの?」

    今回は、年末に頂いたご質問について、お答えしたいと思います。学…

特集記事

  1. テニス シングルス

    サーブ

    「シングルスで、サーブ&ボレーの戦術をたまに入れていく」ことで生まれる…
  2. テニス リーダー

    練習メニュー

    ライバル同士の練習で、強くなるチーム、弱くなるチーム
  3. メンタル

    空気を読んで、それを壊せる人が試合でも強い
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに力強い伸びが欲しい人は、アレを止めてみよう
  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ポーチのコースの打ち分けは、センターラインを超えるかどうかで決める
PAGE TOP