テニス ロブ

テニススクール

中級者から先のステップに、「自分中心を卒業する」という視点は欠かせない

みなさんの中にも、「一体自分は、中級?上級?」と悩んでいる方も多いと思います。

実際、テニススクールの現場でもレベル決め、なんて曖昧ですからね。

基準は曖昧ですけど、私はこの視点、が大きな意味を持つと思っています。

中級者から先、を目指したい人。

そして試合に出て、自分に挑戦したい人。

そういう人は、どこかで自分中心からテニスの視点を変えていく必要があるでしょうね。

 

中級者から先のステップに、「自分中心を卒業する」という視点は欠かせない

 

1.「自分が上手く打てたかどうか」が、一番の関心事?

これが、中級者まで、のスタンスです。

良いんです、もちろん最初はこれで。

私自身も、テニスを始めたころは上手く打てるようになりたかったし、実際に思い通りに打てた時には嬉しかった。

上手くいかなければ、悩んで悩んで、試行錯誤していく。

でも、それって・・・・どうでしょう。

試合に出ているみんさんからすると、一番大事なこと、ではないのかも知れません。

だって、テニスは相手ありき、の競技ですから。

自分のショットを磨いていくことは大事ですけど、それだと独りよがりなテニスにしかならない。

これに気付くんですよね。

 

2.トーナメントを勝ち抜くのは、最高のショットを持つ人じゃない

実際に、一般の試合でもそうだと思います。

最高にキレイなショットを持っている人は、意外と早く負けていく。

綺麗なショット、にはリスクが付き物ですから。

自分が打てるショット、と勘違いしている人も多いですしね。

むしろ、試合を勝ちぬける人は自分よりも「相手」を大事に、考え方の中心に据えている人、でしょう。

こういう発想が出来るようになると、アナタ自身も中級から先、への道が開けていくと思いますよ。

 

3.自分のショットに必死、な自分に気付くこと

テニススクールでテニスを頑張るみなさんも、ここに早く気付きましょう。

自分自身のショットに必死、確かにそれだけで大変な時も多い。

でも、それだと余裕が生まれない。

相手も見れないし、ずっと自分はいっぱいいっぱいのまま。

技術の向上、を目指すなら、無理やりにでも自分中心の余裕がない練習、から変えていかないとダメです。

こういうことは、コーチも教えてくれないですからね。

どうやれば、余裕が生まれるのか。

周りが見えて、コントロール出来るようになるのか。

考えることが出来た人が、中級以上にステップアップしていけるはずです。

 

4.一度ショットスピードを落とす、勇気も必要

この決断、も大事だと思いますよ。

ミスが多ければ、そもそも練習でリズムが生まれない。

リズムが生まれないと、ずっと余裕も出来ないし、必死な状態だけが続いていく。

一度、ショットスピードを落として、自分に余裕を作ってみてください。

そこから、またショットのスピードを上げていくような練習、をしていけば良い。

焦って上達を急ぐと、結局自分に負荷をかけていくだけ、だと私は思います。

遅く打つ勇気を持って、その中で相手に合わせた選択が出来るようにしていくこと。

そうすれば、きっと試合でも強い選手、になっていけると思いますよ。

 

余裕が生まれないと、テニスは辛いです。

相手に合わせて選択出来ないと、試合で勝つのも難しい。

それこそ、将棋を指すように、じゃんけんを出すように、ショットを繰り出すこと。

このイメージをもって、ぜひ練習を変えてみてください。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス 部活

    テニススクール

    コーチの教えをなかなか実践出来ないのは、「大きく振り切れる」ことが出来ないから

    テニススクールで、しっかり上達していくこと。これは、簡単なこと…

  2. テニス ストローク

    テニススクール

    覚えることより、使えることを増やしていこう

    みなさんも練習していて、「どうも試合で使えていない」ようなこと、たくさ…

  3. テニス ボレー

    テニススクール

    知っておいて損は無い、私が考える「良いテニススクールの選び方」について

    社会人になって、テニススクールに通ってテニスを続けている方、多いですよ…

  4. テニススクール

    「テニススクールの通い方」本当に試合で強くなるには生徒自身の主体性が不可欠

    18歳で上京してテニススクールコーチの会社に就職。そこで10年…

  5. テニス 指導

    テニススクール

    目上の人でもコーチでも、「分からないことを、聞き返す」のはコミュニケーションの基本

    人と人、の間にテニスはある。ボールを打ち合うのもそうだし、教え…

  6. テニス 観察眼

    テニススクール

    テニススクール通いのジュニア選手に、部活でテニスを続ける選手が勝つ方法とは?

    中学生や高校生の皆さんの中には、大きく分けて2パターン、テニスを鍛える…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    逆クロス方向へのボレーは、「打点が前」だと打ち辛い
  2. テニス ダブルス

    水分補給

    「夏本番!」になる前にテニスと汗の関係をしっかり覚えて対策しよう!
  3. テニス ガット

    テニス知識

    モノ、マルチ?ポリ、ナイロン?ガットの種類の基本を覚えましょう
  4. テニス メモ

    メンタル

    「苦しみながら勝った試合」こそ、テニスノートに記して自分の財産にしていこう
  5. サーブ

    サーブを打った後に構え直しが遅れる人は、「下までラケットを振り下ろす」のを止めて…
PAGE TOP