テニス 客観視

その他

テニスの大会を運営している人には、感謝の気持ちを忘れずに

試合に出続けているみなさんに、ぜひ、意識して欲しいこと。

少し、説教臭くなるかもしれませんが、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

なぜなら、この意識自体がアナタ自身を強くしていくから、です。

 

テニスの大会を運営している人には、感謝の気持ちを忘れずに

 

1.運営してくれる人がいて、選手が試合が出来る

「当たり前じゃないか・・・それに、エントリー費を払ってるんだし」と、思いますよね。

気持ちは、分かります。

もちろん、参加者のみなさんはお客様という意味合いも強いのですが、恐らくみなさんが思っている以上に、大会運営をしている方は結構大変なんです。

大会前の準備、雨天の時の準備、それから試合中のスコア管理や、選手同士の揉め事の仲裁、ほとんどを1人か2人くらいでこなさないといけないですからね。

こういう人がいてこそ、自分は試合が出来るんだという気持ちは忘れたくないですよね。

それに、私も何大会も運営してきたから、分かるんです。

運営者も人間ですから、運営に協力的な人には親切にしたくなる。

空きコートの解放や、次回大会の案内も、優先的にしてあげたくなる。

アナタ自身、こういう風に思われて接してもらった方が、絶対に得ですよ。

 

2.大会は参加するだけ、じゃなくて利用しよう

もし時間があれば、大会運営の人とコミュニケーションをとってみて下さい。

スクールであればコーチが運営している大会が多いですから、そのスクールについて知ることが出来るかもしれません。

また、知り合いの別な参加者の人がいれば、紹介してもらえるかもしれませんね。

アナタの試合を観ていて、アドバイスをもらえるかも知れません。

ただお金を払って試合をするだけ、なんてもったいない。

テニスの大会は、とにかく利用しましょう。

賞品を持って帰ることは出来なくても、それ以上のモノを、持ち帰れるかも知れませんね。

それも全て、アナタ次第です。

 

3.人への感謝の気持ちを持てる人が、テニスが強くなっていく

理由は簡単です。

テニスは、自分一人では強くなることが出来ないから。

人と人との間で、強くしていくことが出来るのがテニスです。

だからこそ、人に対して感謝の気持ちを持てない人、の周りに人は集まりません。

私は大会を運営していて、よく感じていました。

「この人は優勝したけど、きっと寂しいテニス人生なんだろうな」

「初戦負けが続いているけど、この人はどんどんネットワークを作って強くなってるな・・・」

もちろん、試合は勝つことが大事、です。

自分が試合に勝てた、ということは、大会を運営してる人にもサポートしてもらっているんだ、ということ。

常に心のどこか、に持っておいて下さいね。

 

最後、帰り際の「ありがとう御座いました」だけでも良いと思います。

「小学生じゃあるまいし・・・」と思いますか?

でも、こういう挨拶が出来る人って、実に少ないですよ、テニス界。

ちょっとしたことで、学生の方にはうざいと思う方も多いと思います。

ですが騙されたと思って、やってみて下さい。

きっとテニス人生が、大きく変わっていくと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス サイト

    その他

    テニス選手なら、「良いイメージの自分の動画」は常にスマートフォンに入れておこう!

    試合前の緊張した場面、皆さんはどう過ごしていますか?私は前日、…

  2. 戦術

    その他

    関東最大規模のテニスコート「大宮健保(けんぽ)グラウンド」で注意するべきこと

    関東のテニスの聖地・・・と言えば、もちろん有明テニスの森ですが、では一…

  3. テニス ストローク

    その他

    「自分のテニスを一から見直す」ときに必要なのは、強引さと粘り強い根気です

    自分のテニスを見つめ直す機会、皆さんは今まで経験してますでしょうか?…

  4. テニス メンタル

    その他

    県内ナンバー1だった選手が、なぜ大学テニスで行き詰るのか?

    高校で実績を残して、鳴り物入りで大学生に。でも、実際にそこで大…

  5. テニス ボレー
  6. テニス ボレー

    その他

    優秀な学生ほど、なぜテニスに伸び悩むのか?

    皆さんの周り、もしかしたら皆さん自身が、こうなってはいませんか?…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのハイボレーが、いつもガシャってしまう」人は、腕を伸ばし過ぎていな…
  2. テニス ボレー

    練習メニュー

    アナタを飛躍的に強くしてくれるヒントは、意外と身近な人が隠し持っている
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう
  4. テニス 準備

    戦術

    40歳以上のテニスプレイヤーの皆さんへ、提案したい5つのプレースタイル
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?…
PAGE TOP