テニス 客観視

その他

テニスの大会を運営している人には、感謝の気持ちを忘れずに

試合に出続けているみなさんに、ぜひ、意識して欲しいこと。

少し、説教臭くなるかもしれませんが、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

なぜなら、この意識自体がアナタ自身を強くしていくから、です。

 

テニスの大会を運営している人には、感謝の気持ちを忘れずに

 

1.運営してくれる人がいて、選手が試合が出来る

「当たり前じゃないか・・・それに、エントリー費を払ってるんだし」と、思いますよね。

気持ちは、分かります。

もちろん、参加者のみなさんはお客様という意味合いも強いのですが、恐らくみなさんが思っている以上に、大会運営をしている方は結構大変なんです。

大会前の準備、雨天の時の準備、それから試合中のスコア管理や、選手同士の揉め事の仲裁、ほとんどを1人か2人くらいでこなさないといけないですからね。

こういう人がいてこそ、自分は試合が出来るんだという気持ちは忘れたくないですよね。

それに、私も何大会も運営してきたから、分かるんです。

運営者も人間ですから、運営に協力的な人には親切にしたくなる。

空きコートの解放や、次回大会の案内も、優先的にしてあげたくなる。

アナタ自身、こういう風に思われて接してもらった方が、絶対に得ですよ。

 

2.大会は参加するだけ、じゃなくて利用しよう

もし時間があれば、大会運営の人とコミュニケーションをとってみて下さい。

スクールであればコーチが運営している大会が多いですから、そのスクールについて知ることが出来るかもしれません。

また、知り合いの別な参加者の人がいれば、紹介してもらえるかもしれませんね。

アナタの試合を観ていて、アドバイスをもらえるかも知れません。

ただお金を払って試合をするだけ、なんてもったいない。

テニスの大会は、とにかく利用しましょう。

賞品を持って帰ることは出来なくても、それ以上のモノを、持ち帰れるかも知れませんね。

それも全て、アナタ次第です。

 

3.人への感謝の気持ちを持てる人が、テニスが強くなっていく

理由は簡単です。

テニスは、自分一人では強くなることが出来ないから。

人と人との間で、強くしていくことが出来るのがテニスです。

だからこそ、人に対して感謝の気持ちを持てない人、の周りに人は集まりません。

私は大会を運営していて、よく感じていました。

「この人は優勝したけど、きっと寂しいテニス人生なんだろうな」

「初戦負けが続いているけど、この人はどんどんネットワークを作って強くなってるな・・・」

もちろん、試合は勝つことが大事、です。

自分が試合に勝てた、ということは、大会を運営してる人にもサポートしてもらっているんだ、ということ。

常に心のどこか、に持っておいて下さいね。

 

最後、帰り際の「ありがとう御座いました」だけでも良いと思います。

「小学生じゃあるまいし・・・」と思いますか?

でも、こういう挨拶が出来る人って、実に少ないですよ、テニス界。

ちょっとしたことで、学生の方にはうざいと思う方も多いと思います。

ですが騙されたと思って、やってみて下さい。

きっとテニス人生が、大きく変わっていくと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス リターン

    その他

    真剣にテニスに取り組んでいれば、「理由無く人から嫌われることだってある」ことを覚悟しよう

    テニスの試合を勝ち抜いていけば、周りの目も変わってくる。アナタ…

  2. テニス メンタル

    その他

    「技術の前に体力作り」テニス以外のスポーツでも身に付けることができる体力の重要性

    何歳までが子供というのか分からないが、高校生はまだまだカテゴリーとして…

  3. テニス 目

    その他

    「何でもテニス目線」を養えば、アナタの試合力は必ず上がります

    普段何気なく見ているテレビや、他のスポーツ、受けている授業・・・。…

  4. テニス 試合

    その他

    テニスというスポーツは、アナタに何を求めているのだろう?

    一生懸命頑張っているのに、なかなかテニスが上達しない。そう悩ん…

  5. その他

    「スペインの古城でストレス発散」できるのも、テニス選手の実力のうち

    テニス選手の活動をしていると、いろんな体験をする。それはキツイ…

  6. テニス ラグビー

特集記事

  1. テニス 調子

    ストローク

    テニスのストロークにおける、「攻守の切り替え」とは、即ちグリップチェンジです
  2. テニス ストローク

    ストローク

    当たり前だけど、「ネットに近ければ近いほど」ドロップ系のショットは打ちやすくなる…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗して作戦を止める」ことを、テニスでは失敗と言います
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打った後の着地足は、「基本は前足着地」を意識してしっかりジャンプしてみよ…
PAGE TOP