テニス メンタル

日々の雑記

自分のテニスを、人に決めてもらってない?

いつもサイトをご覧頂き、ありがとう御座います!

そろそろ年始、みんさんの生活も落ち着いてきたんじゃないでしょうか・・・?

テニスライフも復活されて、「今年はこんな感じで、頑張るぞ!」という考えで頑張っている方、多いと思います。

 

同時に、よくお悩み相談でも頂くのですが、「自分のテニスが分からない・・・」と、お悩みの方も多いですよね。

「たくさん記事があるのですが、どれが自分に必要なものか、何をやれば良いか決めれません」というご意見も、多く頂きます。

私自身、ここはあえて突き放すような形で言わせて頂くと、「甘えるんじゃないよ」ということ。

みなさんのテニスは、自分で決めていくしかない、その舵を握っているのはみなさん自身、なんです。

 

このサイトもそうですが、コーチや周りの仲間、顧問の先生もアドバイスだけ。

大事なのは、みなさんの意志です。

間違っても、「まだ自分はそんなテニスのレベルには無い」とか考えないこと。

これこそ、一番の甘えです。

初心者の方こそ、「これが出来るようになりたい!こうなりたい!」という意志を、純粋に強く持って欲しい。

それは恥ずかしいことで何でもないですから。

 

これから先も、アナタにピッタリのテニスを教えてくれて、神様みたいな指導をしてくれる白馬に乗った王子様、なんて一生出会えません。

みなさんは、みなさん自身で、自分のテニスを決めていかないといけない。

誰かに決めてもらう、という甘えは卒業していきましょう。

いくらでも、その為のヒントは出します。

自分のテニスで勝ってこそ、テニスの試合は楽しい。

その勝利の味を、ぜひ噛み締めて欲しい。

辛く苦しい日々かも知れませんが、それを楽しいと感じられる日が必ず来ます。

アナタ自身で、決めたテニスを貫いている限り、ですね。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    日々の雑記

    みんなで強くなることが、大きな相乗効果を生む

    最近、こんなご意見を頂きました。「いつも読んでます。とても為に…

  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    「周りと違う自分」について、認めてあげないとテニスも始まらない

    今日は総選挙、ですね。でも日本全国大雨で、なかなか投票に行けな…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    オリンピックだけじゃない、週末のテニスコートにだって魔物は潜んでいる

    小平選手、金メダルおめでとう御座います!1発勝負、この30秒ち…

  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分のテニスが上達していくと、「現実的にはこんな感じかな?」はイメージ出来ますか?

    10月に入り、すっかり秋・・・という感じですね。4月から9月ま…

  5. 日々の雑記

    今日という日は、杉田祐一選手について語らない訳にはいかない

    今日、という日。実は、多くのテニスファン、関係者が待ち続けた日…

  6. テニス テニスノート

    日々の雑記

    歳を取れば、テニスについて本気で叱ってくれる人はいなくなる

    最近、年月が経つのは早いなと。本当に、おじいさんのように感じて…

コメント

    • YS
    • 2018年 1月 21日

    いつも,勉強させていただいてます.

    自分のテニスメモを振り返ると,ほぼ1年前にこのサイトに出会って
    その後の2~3か月で全部の記事を読ませていただきました.

    それからは,ほぼ毎日チェックしています.

    テニスに対する多くのヒントをいただき,日々練習しています.

    テニスの実力は素人レベルですが,試合で作戦を成功させる楽しみを
    教えてくれたのは,このサイトです.

    力まない普通のコントロールショットやボレーを使って
    戦術でポイントがとれたときは最高ですね.

    これからも,様々な角度からのヒントを期待しています.

      • tomita
      • 2018年 1月 21日

      コメントありがとう御座います!
      初心者の方こそ、実は見て頂けると新鮮で身になることも多いと思います。
      ぜひ、自分らしいテニスの構築にヒントにしてもらえると、嬉しいです。
      これからも、宜しくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートラリーからライジングショット、が現代テニスの基本
  2. テニス マナー

    練習メニュー

    部活の練習で、「試合に近い環境で勝負勘を養う」為には、ポイントシチュエーションを…
  3. テニス 観客

    その他

    テニスの試合は、「人に観られている」ことに慣れている選手がやっぱり強い
  4. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「リターンでストレートを抜かれるのは前衛の責任?」という疑問に…
  5. テニス 打点

    ボレー

    テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中…
PAGE TOP