テニス 練習

その他

「テニスの腕はイマイチでも練習に誘いたくなる人」に共通する5つの習慣

テニススクールでテニスを習い始めても、ある程度ラリーができるようになれば自分で安い公営のコートを予約して練習したくなるモノ。

と言っても、テニスは一人ではできないし、何より人口の多い都市圏ではコートの予約もカードを集めたチームプレーが必要・・・。

そこで、テニスの腕に自信が無くても練習に呼びたい!と思われる人の特徴を整理してみましょう。

 

「テニスの腕はイマイチでも練習に誘いたくなる人」に共通する5つの習慣

 


 

1.何も言わずともニューボールを持参

サークルでも無い限り、テニスの練習でしばしば問題になるのが「ボールどうする?」問題。

しかも得てしてそれは、当日あたりに起きてしまいます。

ついつい誰かに期待して荷物少なく参加してしまいがちですが、1缶でも2缶でもニューボールを持参すればきっと参加者のメンバーから感謝されることに。

使わなくても良い・・・くらいの気持ちで、特に初対面のメンバーが多いテニスの練習の際には積極的に持参するようにしましょう。

 

2.ボール拾いを全力で

まるで部活の1年生みたいですが、こういう細かい部分を見ている人は必ずいます。

特にサークルや練習会をまとめている人は、参加者のこういう部分を大切にする人が多いような気がします。

スクールのようにたくさんのボールを使うわけではなくとも、みんなで料金を払っている貴重な練習時間。

大事にしたいという気持ちを前面に出すのは、気持ち良いですよね。

 

3.「行けたら行きます」という類の言葉は、口が裂けても言わない

練習会の幹事をやっていて、一番迷惑なのはこれです。

たいていこういう言葉が出る人は来ないか、来てもモチベーションが低いので周りに良い影響は及ぼしません。

むしろ、「雨でも行きます・・・が、中止の場合だけ教えて下さい!」くらいのスタンスで当然。

自分よりテニスの実力が上の人との練習であれば、間違っても消極的な姿勢は避けるべきでしょう。

 

4.愚痴や後ろ向きな言動をしない

テニスというスポーツは、そもそも難しいスポーツ。

上手くいかないことのほうが多い、相手の調子を崩しながら試合を進めていくスポーツだと自覚しましょう。

そう考えれば、気持ち良いショットばかりではなく、感情的に後ろ向きになることもあるでしょう。

しかしそこは、周りの仲間が見ていることを常に忘れず、大人の振る舞いを心がけましょう。

そのトレーニングは、きっと実際の公式の試合でも活きてきます。

 



 

5.一生懸命に「テニス」をする

一番、基本的なことです。

ですがしかし、これができていない人が多いのも事実。

テニスは適当にやって、アフターが楽しみ・・・。

ただしそれは、テニスを一所懸命やるからこそ楽しくなるもの。

2バウンドは最後まで追う、セルフジャッジはクリーンに、みなで練習できていることに感謝する。

そしてそれを言葉と行動で表せる人が、「また誘いたい!」と思える人になっていくのです。

 

まとめてみれば当たり前かも・・・ということもありますが、自戒の意味も込めて書かせて頂きました。

決して媚を売る八方美人では無く、謙虚に且つ積極的に真摯にテニスに取り組む姿勢は、誰もが共感してくれるものです。

テニスはその人となりが、そのまま出るスポーツ。

皆さんも良き仲間と永くテニスができるよう、精進していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識

    どんな上級者も、初めてテニスの大会にエントリーして出場するときは緊張し…

  2. その他

    「男は分析して満足」な生き物だから、テニスで落とし穴にはまりやすい

    どこでも、何でも、分析したがる人。私はすごく、才能があると思い…

  3. その他

    読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

    来週にて実施させて頂く、読者ミーティングのイベント。第1回とい…

  4. テニス メンタル

    その他

    「自分にとって平凡なショットで試合を制す」ことが出来れば、テニスの試合に強くなったということ

    試合に強い選手、というのはどういう選手か。それは自分にとって「…

  5. テニス ボレー

    その他

    「自分を知れば、自分の強みが見えてくる」ために、テニスでは他人の視点が必要です

    テニスというスポーツは、常に相手と駆け引きしながら進めていく競技。…

  6. その他

    周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない

    「後輩の態度が悪いので、何とかしたいのですが・・・」こういった…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    リターン

    サーブの軌道とリターンの軌道、基本は同じ
  2. 戦術

    決まらなくても、攻め続けることが大事
  3. テニス ボレー

    戦術

    「速いボールを遅くする」というショット技術は、テニスの試合で鍵になってくる
  4. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスの練習では、「自分が打ったボールは凶器と化している」
  5. テニス 粘り

    フットワーク

    毎回打った後のポジションは、「変える」か「戻る」をハッキリさせよう
PAGE TOP