テニス メンタル

戦術

テニスの試合で、体力の消耗を抑える20の小技

テニスの試合、体力勝負になる。

それは、この目の前の試合ももちろんそうですが、その後、そのまた後と試合は続いていく。

アナタ自身、トーナメントを勝ち抜く選手になりたいなら1日4試合は覚悟しないと。

そのために、必要なのは「小技」の積み重ねです。

 

テニスの試合で、体力の消耗を抑える20の小技

 


 

1.前日から8時間は睡眠を確保する

 

2.前日の夜に500mlの水分を摂ってから寝る

 

3.試合会場で日陰の陣地を確保する

 

4.アイマスクを準備して、試合の合間に眼を休める時間を作る

 

5.30分に1回は深呼吸をして深く酸素を取り入れる

 

6.長いラリーをあえて避けない

 

7.トスに勝ったらプレッシャーの少ないリターンから入る

 

8.ポイント間で呼吸を整えてから、ポジションに入る

 

9.チェンジコートはしっかり、椅子に座って時間を使う

 

10.サーブはファーストを入れてなるべくセカンドを打たない

 

11.自分のナイスショット、より相手のミスを誘うことで消耗を抑えられる

 

12.血糖値を上げる糖分の摂り過ぎに注意する

 

13.汗をかいたら、こまめに着替えておく

 

14.ずっと冷房が効いている場所にいると、逆に疲労が溜まる

 

15.試合開始の20分前には、軽く身体を動かし始める

 

16.試合終了後にストレッチをすることで、疲労を軽減出来る

 

17.打点を前に確保して、力んだショットを減らす

 

18.焦って試合を終わらせようとすると、逆に長引いていく

 

19.帽子やサングラスを上手く活用して、頭部の疲労を抑える

 

20.しっかりと準備をして、自信を持って試合に臨む

 

 

小技・・・とも言えないもの、もたくさんあると思いますが。

疲労が溜まるのは、体力不足・・・だけですか?

小さい工夫を重ねることで、試合巧者になって試合を勝ち進んでいくことが出来るはずです。

試合で疲れやすいなと感じる人は、ぜひ試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス 客観視

    戦術

    教わって来たことの逆、にこそ活路がある

    テニスの試合で勝つには、どうすれば良いのか。教わって来たテニス…

  2. 戦術

    自己効力感と、自己主体感

    みなさんは日々、これを感じることは出来てますか?テニスでも、…

  3. 戦術

    テニスの試合で勝つために必要な「展開力」を身に付ける為の4つの意識

    テニスの試合、レベルが上がってくると「展開力」が問われる。ゲー…

  4. テニス 前衛

    戦術

    40-30でのサーブ、ノーアドバンテージ形式は「2本中1本で良い」と思えたら楽になる

    今回も、私が実際の試合で使っている「言葉」について。試合形式が…

  5. テニス ボレー

    戦術

    ラリーの中で、ボールを凝視してはいけない

    試合の中で、私自身が意識していること。「ボールをよく見て!」…

  6. テニス メンタル

    戦術

    アナタにとって、違いを生む技術とは何だろう?

    テニスの試合に勝つ、ということ。それは、相手との差を付ける、と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に有効なスマッシュは、「上に向かって打つから良い深さが出る」ことを意識しまし…
  2. ロブ

    合わせるロブから、振り切るロブへ
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    初対面の人とペアを組むときに、意識したいコミュニケーション4つ
  4. 戦術

    打った方向に自分自身で、プレッシャーをかける方法
  5. テニス 練習

    戦術

    試合でリードしたときに、それを手放さないようにする為に必要な5つの意識
PAGE TOP