テニス サーブ

サーブ

テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

試合でサーブがなかなか入らない。

サーブに自信がある選手ほど、これでパニックになりますよね。

でも、その原因を知っていれば大丈夫。

自分が悪くなるとき、を冷静に判断出来るようにしておきましょう。

 

テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

 

サーブを上方向に打つ、には勇気が要る

何度かサーブは、「上方向に打つことが大事」と書いてきました。

サーブも山なり、が基本です。

でも・・・どうですか?

実際にサーブを打つ時に、「上方向に打つ」のって、勇気が要りませんか?

サービスエリアにボールをバウンドさせないと、サーブはフォルトになりますからね。

その恐怖心から逃れる為に、どうしても上から押さえつけてしまう。

これがサーブの乱れの元、になるのです。

 

勇気を持って上方向に打てば、絶対にサーブは入る!

特にセカンドサーブ、ですね。

アナタ自身、サーブが入らないときは軌道がおかしいはず。

直線的に、抑え込んだような打ち方になっているから入らない。

勇気を出して、上方向に打つ、コートを軸足でキックして身体全体で力を伝えていく意識が大事です。

試合中に、修正出来るかどうか。

「意識は上、山なりのサーブを打てば絶対に入る!」と、思えるかどうかです。

 

回転系のサーブを覚えないと、サーブはいつまでも安定しない

今まで書いてきたこと、の大前提は・・・回転系のサーブ。

ぜひ、この春に皆さんしっかり練習して欲しい。

フラット系、合わせるだけのサーブは、卒業しましょう。

「どうやって打つのか?」については、アナタの周りにきっとたくさんヒントがあるはず。

ラケットの持ち方=グリップ、トスの位置、盗めるところは盗んでいきましょう。

力んでしまう人は特に、回転系のサーブに活路を見出せば試合で勝てるはずです。

 

力んでしまうのには、必ず理由があります。

それはスピードを求める・・・というのもあるでしょうが、それ以上に、「サービスエリアにバウンドさせないと!」というプレッシャーのはず。

勇気を出して、上方向にボールを打っていく。

この意識で、必ずサーブは変わるはずです。

 

今回のまとめ

勇気を持って、サーブを上方向に打って軌道を山なりにしていこう!

 

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが安定しない人は、トス低めで調整してみると上手くいくかも

    最近、私のマイブーム。それは、セカンドサーブのトスの高さを低く…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?

    一般の草トーナメントや学生の大会で、試合前のウォーミングアップで一番多…

  3. サーブ

    テニスの試合巧者になりたければ、「サーブは最低2種類の球種」を打てるようにしよう!

    サーブを強くして、キープ率を上げたい。そう考える人は、多いはず。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人こそ、しっかり狙う癖を付けよう

    サーブが得意!という人、少ないですよね。特に女性の方は出来れば…

  5. サーブ

    サーブのトスアップは、「身体全体で勢いを付けて上げない」ように出来ると、安定感がアップします

    試合が始まる前、まずチェックするのは相手のサーブ。練習から、まずト…

  6. サーブ

    テニスの試合で「初中級者でもサーブで攻めていきたい!」ときに、有効なコースを考えてみる

    テニスの初心者から初中級者の方にとって、サーブはなかなか緊張するもの。…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. ストローク

    テニスで「ストロークの打点が低くなる」と発生するデメリット5つ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「声を出してうるさい相手」ほど、黙らせれば楽に勝てる
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある
  4. その他

    言葉に出来ないことは、「考えていないのと同じ」だということ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスの試合では「薄いグリップで粘るスライス」を身に付けないと、守備範囲が拡…
PAGE TOP