テニス 新入生

その他

なぜこの時期に、「新入生の本音の声」を真剣に聞くことが、大事なのか?

4月に入り、部活やサークルにも少しずつ新入生、が増えてきたと思います。

まだこれから勧誘、というチームもあるでしょう。

この時期の、新入生は・・・皆さんにとって、実は最高の「アドバイザー」なんです。

新入生なのに、アドバイザー?と思わずに、まずは読んでみて下さい。

 

なぜこの時期に、「新入生の本音の声」を真剣に聞くことが、大事なのか?

 


 

1.外部からの新しい眼、を彼ら彼女らは持っている

テニスの実績、経験は関係ありません。

新しい環境に入れば、全ては新鮮に思える。

そこで、何を感じるのか、感じてもらえるのか。

これは、上級生であるアナタ自身にとって、もう感じる事が出来ない部分。

新入生は当然、「あ、ここはこういう感じで練習してるんだ・・・こういう決まりなんだ・・・」と思う。

何か思っても、自分から合わせていこうと思って何も先輩には言わないですよね。

これはすごく、もったいないことなんです!

 

2.成長出来るヒントは、新入生が持っている

新入生は、先入観が無い。

あるのは、「遠慮」。

「思ったこと、言ってみてね」と言っても、絶対に言わないですよね。

先輩には気を遣いますから。

でも、きっとたくさん「ヒント」を持っているんです。

「僕の学校では、こういう練習してきたけど・・・」

「前はサッカー部だったけど、こんなトレーニングしてました」

というのは、絶対にテニスでも活かせる。

その為に、ある方法を使いましょう!

 

3.紙とペンがあれば、問題解決

私がオススメするのは、新入生に紙に書いてもらうこと。

こんな練習がしたい、この練習の意図が分からない・・・など、何でもOK。

もし気を遣うようなら匿名でもOK。

このアンケートが効果的なのは、文章なら人は具体的に伝えやすい、そして自分でも考えをまとめながら書けるということ。

そして、「自分も力になれる、必要とされてるんだ!」と思ってもらえること。

新入生の力は、どんどん使っていかないと。

チームにとって、必ずプラスになるはずです。

 

新入生は、最初はもちろん殻を被っている。

遠慮して、気を遣って、馴染もうと必死・・・。

それって、もったいない!

せっかく新しい眼を持っている訳ですから、自分たちを変えてくれるアドバイザーになれる。

そんな視点で、さっそく接してみませんか?

アンケート、やるなら早いほうが良いですよ。

 

今回のまとめ

新入生の新鮮な眼は、アンケートで可視化して活かしましょう

 

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    【保存版】「テニスノートを活用して試合に勝つ!」ために必読な10記事

    今回は、テニスノートに関する記事を人気アクセス順にまとめてみました。…

  2. テニス メンタル

    その他

    インターネットがテニスにもたらしたもの、について考えてみた

    毎日、暑い日が続きますね・・・。本当にみなさん、身体の健康が第…

  3. テニス メンタル

    その他

    「強い選手になりたければ、強い選手と一緒に過ごす時間を作る」ことがテニス選手にとっては大事

    ふと気が付けば、自分の周りはどこか「自分と似たような」仲間ばかり。…

  4. テニス ダブルス

    その他

    「テニス部の後輩が、なかなか上達しない・・・」と悩んでいる方は、教え方が悪い訳ではありません

    今月から、新しい環境でテニスを始める、また後輩が出来る・・・という方も…

  5. その他

    テニスにおいて、遠慮は保身

    今年こそ、今までの自分の壁を越えたい。本気で考えているなら、…

  6. テニス 観察

    その他

    「ダブルス、ごめんね。」プロテニス選手の大会参加事情

    基本的にシングルをメインに、プロテニス選手は活動している。最初…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    戦術

    テニスではセンスこそ体系化出来るし、理論化出来るはず
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスにおいて、「打った後に戻る」は基本であり絶対では無い
  3. テニス メンタル

    ロブ

    トップスピンロブに切り替えた人から、テニス上級者になれる
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる
  5. 戦術

    アグレッシブにいく、その線引きは?
PAGE TOP