テニス ストローク

フットワーク

テニスにおけるフットワークの基本中の基本、「ボールに近い側の足から反応させる」ことを意識しよう

テニスの反応は最初の1歩目の反応が大事。

基本中の基本、ボールに近い方の足から反応させていく。

ここを意識するだけで、きっとアナタのコートカバーリング力はまだまだ上がる。

当たり前、に思っていることでも見直してみましょう。

 

テニスにおけるフットワークの基本中の基本、「ボールに近い側の足から反応させる」ことを意識しよう

 


 

■右側きボールが来れば。大きく右足を右側に出していく

例えば自分の右側にボールが来る。

スプリットステップの着地から、すばやく右足をなるべく大きく右方向に出す、その為に左足でコートを蹴るような動きが大事。

最初に1歩が大きく出せると、次の2歩目も大きく出せる。

そして3歩目あたりから小さく調整していくと、ボールに近付いたときの調整もしやすいはずです。

 

■最初から小さい歩幅だと、ボールに追いつかない

スタンス、が狭いと最初の歩幅から小さくなってしまう。

最初はしっかり大きく足を出して、ボールとの距離を縮めていくことが大事。

しっかりスプリットステップを踏む時も、肩幅より少し広いくらいのスタンスは取るように。

そうすることで、守備力は各段に上がる、フットワーク力も上がる。

対戦相手も、素早い相手だなという印象を持って攻撃で無理してくれるでしょう。

 

■「遠い足」の側から反応させる癖がある人は、この意識を変えよう

実は、このフットワークが上手く出来ない人は「その場で打とう」としている人。

踏み込んだ態勢を早く作りたいから、どうしても横向きを早く作りたい、前足を早く出したい、と思っている人は多い。

これだと、近いボール以外は良い形で入れないから守備力が上がらない。

テニスはそもそも、広いコートを走り回って打ち返すスポーツ。

フットワーク力は、反応方法でしっかり上がる。

これは、体力や走力、というより技術です。

 

まずはしっかり3歩、動いても安定して打てるような形でテニスをしたい。

3歩以上動いていると急に安定感が無くなる人、意外と多いのがテニス。

格上相手なら、3歩以上動くのは当たり前。

しっかり意識して、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう

    テニスでは、自分が打ったら次は相手。つまり、自分が2回連続でボール…

  2. テニス ストローク
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「コート上だと、足が遅い!?」、テニス選手に必要なボールを追いかける走り方について

    普段は、足遅くないのに・・・どうも、コートに立つと、遅い気がする・・・…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?

    オムニコートで、ザザザザーーっと滑っていく選手。前にも横にも、…

  5. テニス 準備

    フットワーク

    フットワークが正確で守備が上手い人は、実は「大股」で合わせるのが上手い人

    フットワークは細かく!小さい歩幅で!私もよく、この言葉を聞いてまし…

  6. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットギリギリに落ちそうなボール、「バウンド後のボールの軌道」を考えてポジショニングを

    テニスの試合、高い軌道のボールがネット際に落ちること。1試合の…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ボレー

    ボレーは鋭さを増す、簡単な方法とは?
  2. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです
  3. テニス ボレー

    日々の雑記

    40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?
  4. テニス 準備

    ボレー

    オープンスタンスでのボレーの時に、しっかり「ドロップボレーの準備」も頭にイメージ…
  5. テニス 準備

    フットワーク

    ストロークのスライスの滞空時間を甘く見ていると、アナタはいつまで経っても相手を攻…
PAGE TOP