テニス サーブ

サーブ

試合で使えるサーブ&ボレーに仕上げる為には、「打点を踏み込んだ前足の少し後ろ」に設定して安定感を!

サーブ&ボレーを試合で使いたいけど、ファーストボレーが安定しないとストローク側の餌食になります。

安定感を磨くには、まず打点から。

ファーストボレーは低い位置で打つことも多いと思いますが、実際にアナタの打点はボールをコントロールするのに適した場所ですか?

前足を大きく踏み込んでいく動きが求められるサーブ&ボレーのファーストボレー。

テニスにおいて難しい技術ですが、まずは打点から意識して安定させていきましょう!

 

試合で使えるサーブ&ボレーに仕上げる為には、「打点を踏み込んだ前足の少し後ろ」に設定して安定感を!

 


 

■焦る気持ちが、ラケットを先に前に出させてしまう

サーブ&ボレー、やはり勇気のいる作戦です。

前に出てコートをネットプレーでカバーする、シングルスであれば広いスペースをカバーしないといけません

「やばい・・・サーブが甘い・・・」と思うと、ついラケットで早く触りたいと思って、前に出してしまう。

ボレーは身体から遠過ぎる、打点が前になり過ぎるとコントロールが出来ません。

しっかり自分の打点まで引き付ける意識が、サーブ&ボレーの最初のボレーでも大事です!

 

■理想の打点は、前足の少し後ろ、身体の少し前

横向きで踏み込んでボレーをした前足の、30cmくらい後ろ、身体の少し前くらいがベスト。

身体と前足の位置の、ちょうど中間くらいで捕えられると、コントロールもしやすくスライス回転をかけやすい

サーブ&ボレーの目的は、最終的に相手に無理をさせること。

もちろんスマッシュやハイボレーで終わるイメージも大事ですが、その為にもファーストボレーをコントロールして優位性をしっかり奪いたい。

その為の打点、打ち方を常に意識してみて下さい。

 

■「引き付けるボレー」を練習から意識してみよう!

ネットプレーを磨きたい人は、どんどんサーブ&ボレーにチャレンジしてみて下さい。

「えっ、苦手なのに・・・?」と思った方は、発想を変えましょう。

思い切ったチャレンジをしてこそ、テニスは急激な成長が望めます。

苦手意識があるから、ボレーは「速く触りたい・・・」と思ってミスしてしまうケースが多い。

引き付けるには、自信が必要です。

その自信には、思い切ったチャレンジでの成功体験も大事なはずです。

 

打球、ボールを引き付けるプレーは、あらゆるスポーツで大事なポイント。

テニスにおいても、それは同じです。

引き付ける為には、速い準備と自分に適した打点をしっかり把握しておくこと。

その為の練習、意識してみて下さい。

きっとサーブ&ボレー、試合で使えるようになるはずです。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス 構え

    サーブ

    「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になる、相手のリターンポジションの大原則4つ

    サーブは苦手じゃないんだけど、特にコースは意識していない・・・という方…

  2. テニス ロブ

    サーブ

    サーブを打つときの体重移動は、トスアップと合わせるとリズムを取りやすい

    サーブの体重移動、皆さんどんなポイントを意識してるでしょうか。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「両手両足を動かさないサーブ」のメリットを考えてみると、アナタのサーブは改善できる!

    ジョコビッチ選手のサーブ、正直地味ですけど抜群の安定感がありますよね。…

  4. サーブ

    「セカンドサーブ」を、1つの基準にしよう

    みなさんは、試合の中でどんなプレーで相手と自分の実力を比較してますか…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルフォルトが癖になっている、みなさんへ

    試合の中で、大事な場面でダブってしまう。これは、何度も私も経験…

  6. サーブ

    サーブ&ボレー相手にパッシング、難しいって

    これから試合の中で、サーブ&ボレーを取り入れていきたいと考え…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 戦術

    その他

    テニスを通じて、「誰とどこで戦うか?」を考えていけば、マーケティング力だって養え…
  2. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドストロークでは、「ボールをインパクトしたときのラケット面」をしっ…
  3. ストローク

    スピンストロークがあるから、追い付いていないボールでもカバー出来る
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで
  5. テニス 陸上

    戦術

    試合はプレゼン、出来ることは全部やろう!
PAGE TOP