テニス スマッシュ

スマッシュ

スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能性大

テニスを長くやっていると、意外と「ラケット面のどこにボールが当たったか?」に鈍感になってしまう人がいます。

必ずしも「真ん中」にずっと当てるのが、テニスにおける上達ではありません。

例えばスマッシュやサーブなどは、少し「ラケットの先側」に当たった方が、打点も高いしパワーも出やすい。

これが、ラケットの下側、グリップに近い箇所に当たると・・・特にスマッシュでは、かなり厳しい。

ネットミスが多い人は、これが原因になっている可能性も高いです。

 

スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能性大

 


 

1.スマッシュを「ボールが落ちてくるのを待って」打ってはいないか?

ラケットの下に当たる、ということは打点が近いということ。

つまり、ボールが落ちてくるのを待ち過ぎて、身体に食い込むようなところまで引き付け過ぎている可能性が高いと思います。

苦手意識があると、人は無意識に行動を興すのをためらいがち。

少しの遅れが、ロブの加速度とも重なって打点を低く、ラケット面の当たる場所も下側になってしまうケースが多くあります。

 

2.ラケットの「先側」で打つイメージで、真ん中くらいかも

実際にラケットの先、で打つくらいの感覚でちょうど良いと思います。

むしろ、しっかりジャンプして出来るだけ高い位置で打とうとすれば、自然に下側で打つような打点にはならないはず。

決断力と判断力、何より勇気がスマッシュには必要ですね。

普段の練習、可能でしたら撮影してみてください。

ラケットのどこに当たっているときに、どういう軌道でボールが飛んでいるか・・・を、自分で意識することが大事です。

 

3.ネットミスを減らすためには、しっかり上に向かって打つこと!

ネットミスが多い人は、シンプルにもっとコートの奥を狙ってみましょう。

そうする為には、しっかり打点を高く、「上方向」に向かってラケットを投げるくらいの感覚で打つことが大事。

速く後ろに下がる技術も、必要ですね。

下に打つスマッシュって、実際はあまり実践的ではありません。

叩きつけ過ぎても相手に拾われてしまいますしね。

しっかりコートの奥を狙って、ネットの上は1メートル以上は高い位置を通すように意識するだけで、かなりミスを減らすことが出来ると思います。

ネットミスを減らすことが出来れば、次のステップはいかに相手の逆を突くか・・・です。

 

テニスをやるうえで、「ネットは友達」にならないといけません。

障害物だと思うと、いつまで経ってもそこに意識がいってしまい、結果的に自分が打ったボールが吸い込まれていく。

ネットは障害物ではなく、自分を守ってくれるもの。

そして自分が打つ時には、友達にぶつけないように、しっかり余裕を持って・・・みたいな感じでしょうか。

子供だましかと思いますが、こんな工夫でミスが減らせればそれはそれでラッキーです。

工夫って、大事です。

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス シングルス

    スマッシュ

    深いロブは、ゆったりしたスマッシュで充分に対応出来る

    相手の深いロブを、下がってスマッシュ。これが出来る、出来ないで…

  2. スマッシュ

    スマッシュのコースは「どのタイミングまで変更可能か?」を覚えておくと試合で使いやすい

    スマッシュのコースの打ち分け、皆さんはどのタイミングまで「待つ」ことが…

  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を磨きたければ・・・?

    スマッシュを打っても打っても、決まらない・・・うちに、ミスしてしまう。…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ダブルスの試合でのスマッシュは、ロブを打った相手を集中攻撃

    特にダブルスでの試合、なかなかスマッシュを決め切れない人、いませんか?…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「コートに叩き付けて相手に触らせないスマッシュ」を、最低限ネット近くでは打てるよう磨きましょう

    スマッシュをしっかり決めきる、というのはテニスの試合で最重要項目ですが…

  6. スマッシュ

    スマッシュの基本、「ラケットを持つ腕の肘を高く」保てば、ネットミスは激減します!

    ラケットスポーツにおいて、スマッシュの技術は重要。卓球でもバド…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスにおいて、「ジャンピングスマッシュは、難しく無い!」ことを証明します
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント
  3. テニス ダブルス

    リターン

    「スライスで遅いリターン」が打てると、シングルスでもダブルスでも大活躍です!
  4. ボレー

    「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れ…
  5. その他

    出来ないのではなく、やっていないだけ
PAGE TOP