その他

「またあいつ、呼ばれてるよ・・・」テニスの試合、大会本部からいつも呼び出される恥ずかしい人にならない為に

テニスの試合会場では、色々な選手がいます。

マイペースで試合前に音楽を聴く選手、試合前まで仲間としゃべっている選手、ひたすら壁打ちしている選手・・・。

でも一番かっこ悪いのは、「本部に何回も呼び出される選手」だと思います。

テニスのレベル以前に、しっかりと人間的に信頼される為に、学生だけでなく社会人プレイヤーの皆さんにも気を付けてもらいたい、大会参加のマナーについて。

 

「またあいつ、呼ばれてるよ・・・」テニスの試合、大会本部からいつも呼び出される恥ずかしい人にならない為に

 

テニス マナー

 

■エントリーは確実に、会場に着いたら迅速に

試合会場に着いたら、まずエントリー。

これは到着したらすぐに行いましょう。

そしてその後は、「試合前の説明事項」がある可能性があるので、本部前に集合する可能性があるかどうか確認。

無ければ試合がコートに割り振られていくのを待ちましょう。

特に会場に着いてからしばらくは、あまり本部から離れないことが一番。

エントリーして安心しきってしまって、さっそく友達と話したり試合を観に行ったりする人は要注意です。

 

■会場を離れるときには、必ず本部に一声かけて仲間を残しておく

試合会場に着く前に準備しておくべきですが、どうしてもコンビニに行く必要性があるときには、必ず本部に声掛けを。

そして万が一試合の進行が速くなり、すぐに戻るときに備えて必ず仲間の誰かに、本部近くに待機してもらいましょう。

遠くにあるトイレに行ったり、駐車場に行くようなときも同じです。

会場から離れる、本部から離れるときには細心の注意が必要だと思って下さい。

思わぬところで、次の試合でのペナルティをもらわないように・・・。

 

■試合会場での立ち振る舞いも、アナタのテニスの一部です

テニスコート上だけのプレーが、アナタのテニスではありません。

むしろ、オフコートでの振る舞いこそ、試合会場で多くの人に見られている。

「そんなの関係無いし・・・」と思っているアナタは、3年後には誰も一緒にテニスをしてくれる相手がいない、孤独なプレイヤーになっている可能性が高い。

大会側の試合進行に、しっかり協力して気持ち良くお互いがテニスを出来る、運営出来る関係を築くこと。

少し大げさかも知れませんが、それくらいの意識を持って欲しいと思います。

 

私自身、たくさんの大会運営を経験してきました。

こういった「呼び出しても呼び出しても、呼ばれる選手」は、まず試合に勝てない。

たまに勝っても、応援されるような選手にはなれない。

テニスは紳士のスポーツと言われるのに、まだまだ日本の学生や社会人選手には、意識が低い人がいます。

「お金を払って出ているんだから」なんて言いだすのは、もはや論外。

改めてアナタ自身、会場での自分を俯瞰して見つめるようにしてみてください。

きっとテニスも、強くなります。

関連記事

  1. その他

    「ギリギリボールを正確に」返球するために、テニスの試合で身に付けるフットワークとは?

    テニスラケットがどんどん発達している。でもやっぱりテニスはアナログ…

  2. その他

    「秘訣はニュートラルグリップ」テニスの試合で幅のあるプレーをする為に

    トップスピンのストロークでアプローチしてボレーで決める・・・なんてこと…

  3. その他

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付けよう

    人間って動物はすごい。器用に色んな動きが出来てしまうでしょ?複…

  4. その他

    あるレベル以上になると「リスクを伴わない変化」で、テニスが強くなれる訳が無い

    テニスは、あるレベルまでは「ある程度」自然に上達する。個人差はあり…

  5. テニス メンタル

    その他

    普段の練習で「綺麗なテニスコート」だけに慣れていると、いざ本番のコートでは苦戦するかも

    テニスの試合が行われるコートは、基本的には選べない。会場に着い…

  6. テニス サーブ

    その他

    テニスの試合、相手が強いんじゃなくて、アナタが強さを引き出してあげ過ぎ

    「今日の相手、強かった・・・」本当にそうですか?確かに…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス知識

    【保存版】知らない選手が意外と多い、「テニスラケットのメンテナンス方法」について…
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているか…
  3. ストローク

    「腰が引けてしまうストローク」になってしまわないように、意識したいポイントとは?…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わ…
  5. テニス メンタル

    リターン

    「左利きサーブのリターン必勝法!」テニスの試合で勝ち切る為の対策4つ
PAGE TOP