テニス メンタル

その他

「またあいつ、呼ばれてるよ・・・」テニスの試合、大会本部からいつも呼び出される恥ずかしい人にならない為に

テニスの試合会場では、色々な選手がいます。

マイペースで試合前に音楽を聴く選手、試合前まで仲間としゃべっている選手、ひたすら壁打ちしている選手・・・。

でも一番かっこ悪いのは、「本部に何回も呼び出される選手」だと思います。

テニスのレベル以前に、しっかりと人間的に信頼される為に、学生だけでなく社会人プレイヤーの皆さんにも気を付けてもらいたい、大会参加のマナーについて。

 

「またあいつ、呼ばれてるよ・・・」テニスの試合、大会本部からいつも呼び出される恥ずかしい人にならない為に

 


 

1.エントリーは確実に、会場に着いたら迅速に

試合会場に着いたら、まずエントリー。

これは到着したらすぐに行いましょう。

そしてその後は、「試合前の説明事項」がある可能性があるので、本部前に集合する可能性があるかどうか確認。

無ければ試合がコートに割り振られていくのを待ちましょう。

特に会場に着いてからしばらくは、あまり本部から離れないことが一番。

エントリーして安心しきってしまって、さっそく友達と話したり試合を観に行ったりする人は要注意です。

 

2.会場を離れるときには、必ず本部に一声かけて仲間を残しておく

試合会場に着く前に準備しておくべきですが、どうしてもコンビニに行く必要性があるときには、必ず本部に声掛けを。

そして万が一試合の進行が速くなり、すぐに戻るときに備えて必ず仲間の誰かに、本部近くに待機してもらいましょう。

遠くにあるトイレに行ったり、駐車場に行くようなときも同じです。

会場から離れる、本部から離れるときには細心の注意が必要だと思って下さい。

思わぬところで、次の試合でのペナルティをもらわないように・・・。

 

3.試合会場での立ち振る舞いも、アナタのテニスの一部です

テニスコート上だけのプレーが、アナタのテニスではありません。

むしろ、オフコートでの振る舞いこそ、試合会場で多くの人に見られている。

「そんなの関係無いし・・・」と思っているアナタは、3年後には誰も一緒にテニスをしてくれる相手がいない、孤独なプレイヤーになっている可能性が高い。

大会側の試合進行に、しっかり協力して気持ち良くお互いがテニスを出来る、運営出来る関係を築くこと。

少し大げさかも知れませんが、それくらいの意識を持って欲しいと思います。

 

私自身、たくさんの大会運営を経験してきました。

こういった「呼び出しても呼び出しても、呼ばれる選手」は、まず試合に勝てない。

たまに勝っても、応援されるような選手にはなれない。

テニスは紳士のスポーツと言われるのに、まだまだ日本の学生や社会人選手には、意識が低い人がいます。

「お金を払って出ているんだから」なんて言いだすのは、もはや論外。

改めてアナタ自身、会場での自分を俯瞰して見つめるようにしてみてください。

きっとテニスも、強くなります。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス ダブルス

    その他

    「テニス部の後輩が、なかなか上達しない・・・」と悩んでいる方は、教え方が悪い訳ではありません

    今月から、新しい環境でテニスを始める、また後輩が出来る・・・という方も…

  2. テニス ミス

    その他

    テニスの試合でオムニコートに潜む罠、「ベースラインからストロークエース狙い」には要注意です

    オムニコートの特性、日本にいるとつい麻痺してしまいます。その是…

  3. テニス メンタル

    その他

    県内ナンバー1だった選手が、なぜ大学テニスで行き詰るのか?

    高校で実績を残して、鳴り物入りで大学生に。でも、実際にそこで大…

  4. テニス メンタル

    その他

    「何が何でも、この試合に勝ちたい」と口にして、実践出来ている人は少ない

    大事な試合、年に何回かはありますよね。学生の皆さんなら、負けれ…

  5. テニス 戦術

    その他

    テニス選手でも、「珍しいプレースタイル」は、誰だって戦い辛い

    テニス選手って、色々なタイプがいる・・・と思いますか?でも実際…

  6. テニス ボレー

    その他

    「こっち側には絶対来ない!」と思い切れるかどうかが、テニスの試合では予測力の差になります

    テニスの試合で反応が良い選手、予測が鋭い選手、試合で強いですよね。…

特集記事

  1. ロブ

    女子ダブルスで有効なのは、触らせる低いトップスピンロブ
  2. テニス 練習

    戦術

    相手が戻ろうとする逆を突く、のは上級者テクじゃない
  3. テニス メンタル

    戦術

    歳を取れば取るほど、「準備不足」は受け入れられない
  4. テニス ストローク

    ストローク

    厳しいボールをスライスで返球するときほど、上からラケットを入れよう
  5. テニス テニスボール

    日々の雑記

    どんな風にお金を払っても、経験は買えない
PAGE TOP