ボレー

  1. テニス ストローク

    テニスにおいて、「ネットプレーでラケットヘッドが下がる」と、絶対良いプレーは出来ません

    ネットプレー、ボレーのときにはストローク以上に反応勝負。だからこそ慌てないでしっかり、シンプルな動作で打てるように練習しておく必要がありますね。…

  2. テニス メンタル

    社会人テニスプレイヤーの方に多い、「ボールに合わせるだけのボレーに慣れてしまった方」へ贈るメッセージ…

    重いボール、軽いボール。テニスには大きく分けて2種類のボールがある。試合で有効なのは・・・当然、重いボールですよね。でもその重さって、一…

  3. テニス サーブ

    初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹底しよう

    ネットプレーに安定感がある人は、動き自体がシンプル。特に注意して見てもらいたいのは、ラケットをセットする速さ。この速さが、ボレーでの実力差になっ…

  4. テニス フットワーク

    ボレー対ストロークのラリーでは、ボレー側は常に「ストローク側が後ろ足体重で打つ瞬間」を見逃さないこと…

    ボレー対ストロークのラリー練習、ただつなげるだけでは試合で使えない。試合で実際に起こり得るシチュエーション、勝てる選手が実践しているテクニックを考えてみ…

  5. テニス ボレー

    「バックハンドのハイボレーが、いつもガシャってしまう」人は、腕を伸ばし過ぎていないか確認しましょう

    バックハンドのハイボレー、皆さん試合でコントロールできていますか?男性であれば片手、女性であれば両手で打つ方が多いと思いますが、結構苦手な方、多いと思い…

  6. テニス ボレー

    テニスのネットプレーで、「足元に沈んでくるストロークを、ボレーで深く返球」するための意識4つ

    ネットより低い位置のボレー、テニスでは難しい技術の一つ。特に激しいトップスピンの効いたボールを、しっかり返球するのにはかなり練習が必要です。とは…

  7. テニス ボレー

    試合で使えるテクニックにするために、「ドロップボレーはアングルボレーに」すると、距離が出て安定します…

    ドロップボレーって、テニスにおいて華やかな技術。だけど失敗すると・・・「もったいない!」と思われるような技術であることも、事実。テニスの技術に失…

  8. テニス ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

    相手の打ったボールが速い、しかも自分の身体の正面に飛んで来た・・・。ときに、アナタは慌てずに対応できますか?ボレーせよストロークにせよ、この身体…

  9. テニス スライス

    テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!

    まず初めに、これはかなり難しい技術です。スライスショットを浅く打つのか、深く打つのかを、ギリギリまで決めない。決めないで相手に両方を警戒させて、…

  10. テニス コントロール

    試合で使えるネットプレーでのコントロールは、「コート全体の1/64」を最低限の目安にして、自分に厳し…

    テニスの試合で「コントロールが良い」とは、どの程度を指すんでしょうか?色々なご意見あると思いますが、私は8×8のサイズでコートを分割したときに、その小さ…

  1. フットワーク

    ワイドに追い出されても、冷静に相手のポジションを把握しよう
  2. ボレー

    「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント
  3. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおける一球の重みは、実はすごく分かり辛い
  4. テニス 序盤

    戦術

    格上相手のテニスの試合では、「序盤の相手の様子見」を見逃してはいけない!
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスのサーブ&ボレーで、「ファーストボレーが浮いてしまう」人がチェックしたい…
PAGE TOP